冰菓 第01集 深具传统的古籍社之重生

剧情介绍:   一向奉行节能主义,能不做的事就不做的折木奉太郎,因为姐姐的命令,只好加入了面临废社的古籍社。在那里,他遇见了对凡事都充满好奇的大小姐千反田爱瑠,奉太郎期望中风平浪静的高中生活,似乎眼看就要不保?
1/8Page Total 339 GoTo Page
Return to Episode List
动画字幕台词一览
冰菓 第01集 深具传统的古籍社之重生
00:07.580 00:09.830 高校生活といえば薔薇色
00:07.580 00:09.830 说到高中生活 就会想到玫瑰色
00:10.460 00:12.570 薔薇色といえば高校生活
00:10.460 00:12.570 说到玫瑰色 就会想到高中生活
00:13.470 00:18.610 そう言われるのが当たり前なくらい 高校生活はいつも薔薇色な扱いだよな
00:13.470 00:18.610 这个几乎可以算是理所当然似的 高中生活也就一直被当成了玫瑰色的
00:19.910 00:25.800 さりとて すべての高校生が薔薇色を望んでいるわけではないと俺は思うんだが
00:19.910 00:25.800 然而我并不认为 每个高中生都期盼着玫瑰色的生活
00:26.370 00:29.290 たとえば勉学にもスポーツにも
00:26.370 00:29.290 比如说也应该存在对读书 运动
00:29.480 00:33.470 色恋沙汰にも興味を示さない人間というのもいるんじゃないのか
00:29.480 00:33.470 或者男女间的事情毫不感兴趣的人吧
00:35.480 00:38.940 いわゆる灰色を好む生徒というのもいるんじゃないのか
00:35.480 00:38.940 也就是那种所谓喜欢灰色调的学生
00:40.240 00:44.550 まあ それって随分さびしい生き方だとは思うがな
00:40.240 00:44.550 嘛 虽然我觉得是一种相当寂寞的生活方式
00:45.260 00:48.160 奉太郎に自虐趣味があったとは知らなかったね
00:45.260 00:48.160 我还真不知道奉太郎有自虐的爱好呢
00:48.490 00:49.440 自虐趣味?
00:48.490 00:49.440 自虐爱好?
00:50.110 00:55.170 勉強にもスポーツにも色恋沙汰にも後ろ向き 常に灰色の人間
00:50.110 00:55.170 对读书 运动 男女关系都消极旁观 已经成为了彻头彻尾的灰色调的人
00:55.520 00:57.240 それって奉太郎のことだろ
00:55.520 00:57.240 这不就是在说奉太郎吗
00:57.640 00:59.640 別に後ろ向きなわけじゃない
00:57.640 00:59.640 我也没有消极旁观吧
00:59.820 01:01.150 奉太郎的にはね
00:59.820 01:01.150 按照奉太郎的说法
01:01.590 01:04.210 「省エネ」なんだよね 奉太郎は
01:01.590 01:04.210 也就是所谓的「节能」吧
01:05.650 01:09.970 ただ単に面倒で浪費としか思えないことにゃ興味が持てない
01:05.650 01:09.970 对觉得麻烦和只是浪费精力的事情完全不感兴趣
01:10.450 01:12.310 そのモットーは即ち
01:10.450 01:12.310 也就是你的座右铭
01:14.430 01:16.540 やらなくてもいいことならやらない
01:14.430 01:16.540 能不做的事就不做
01:16.970 01:19.520 やらなければいけないことなら手短に
01:16.970 01:19.520 非做不可的事就从简
01:19.900 01:20.490 だね
01:19.900 01:20.490 是吧
01:21.080 01:22.210 でもね 奉太郎
01:21.080 01:22.210 但是呢 奉太郎
01:22.700 01:27.740 この多彩の部活動の伝統神山高校で部活にも入ってない奉太郎は
01:22.700 01:27.740 在这个拥有多彩社团的神山高中里 却不参加社团
01:27.990 01:30.380 結果だけ見れば灰色そのものってことだよ
01:27.990 01:30.380 单从结果来看 奉太郎你就是灰色调的啊
01:30.890 01:36.150 その奉太郎がさびしい生き方だなんて 自虐趣味以外の何物でもない
01:30.890 01:36.150 会觉得是「寂寞的生活方式」什么的 奉太郎你这不是自虐还能是什么啊
01:36.270 01:37.890 口の減らない奴だなあ
01:36.270 01:37.890 还真是能说啊
01:38.200 01:41.000 何を今更 中学からの付き合いだろ
01:38.200 01:41.000 现在才发觉么 我们不是初中开始就认识了么
01:42.090 01:43.620 まあいい 先に帰れ
01:42.090 01:43.620 算了 你先回去吧
01:43.980 01:45.650 先に? どういうこと?
01:43.980 01:45.650 先回去?什么意思?
01:49.150 01:51.290 それは! まさかそんな!
01:49.150 01:51.290 这是…这不会是…
01:51.630 01:53.950 入部届け? 奉太郎が部活に!
01:51.630 01:53.950 入社申请书? 奉太郎要参加社团?
01:54.280 01:55.450 しかも古典部!
01:54.280 01:55.450 而且还是古籍研究社?
01:55.610 01:56.370 知ってるか
01:55.610 01:56.370 你知道啊
01:56.420 02:00.180 もちろんさ だけどなんだって奉太郎が古典?
01:56.420 02:00.180 当然了 但是为什么奉太郎要进古籍研究社啊
02:02.040 02:04.980 これは 奉太郎のお姉さんからの手紙だねえ
02:02.040 02:04.980 这是…奉太郎姐姐寄来的信吧
02:05.430 02:09.140 インドから送ってきた ベナレスだかどこかだか
02:05.430 02:09.140 从印度寄过来的 是个叫做瓦拉纳西什么的地方
02:09.700 02:10.320 どれ
02:09.700 02:10.320 我看看
02:11.760 02:14.620 これは困ったねえ お姉さんの頼みか
02:11.760 02:14.620 这可真是困扰啊 是姐姐拜托的事情啊
02:14.930 02:19.830 部員がいなくて廃部寸前らしい 存続のために入部しろだとさ
02:14.930 02:19.830 因为没有社员 古籍研究社好像快要废社了 为了让社团继续存在下去 所以要我入社
02:20.350 02:22.380 お姉さんの特技は確か
02:20.350 02:22.380 我记得姐姐擅长的好像是…
02:22.550 02:26.580 合気道と逮捕術 痛くしようと思えばかなり痛い
02:22.550 02:26.580 合气道和擒拿术 认真起来是相当的疼
02:27.330 02:28.520 これは断れない
02:27.330 02:28.520 这可真是拒绝不了啊
02:28.850 02:32.940 まあ 特にやりたいことがないのは姉貴が書いた通りなんだが
02:28.850 02:32.940 虽然跟姐姐写的一样 没什么特别想做的事情
02:33.370 02:34.860 部員がいないんだよね
02:33.370 02:34.860 现在没什么社员对吧
02:35.050 02:35.560 ああ
02:35.050 02:35.560 嗯
02:36.180 02:38.790 だったら古典部の部室は一人占めじゃないか
02:36.180 02:38.790 那不就可以独占古籍研究社的活动室了吗
02:39.310 02:43.410 学校の中にプライベートスペースが持てるってのも結構いいものだよ
02:39.310 02:43.410 在学校可以拥有自己的私人空间不是很不错嘛
02:43.570 02:44.890 プライベートスペース
02:43.570 02:44.890 私人空间
02:44.920 02:48.850 神校 FIGHT  FIGHT  FIGHT
02:44.920 02:48.850 神高 FIGHT  FIGHT  FIGHT
02:46.410 02:48.980 エネルギー消費の大きい生き方に敬礼
02:46.410 02:48.980 向消耗高能量的生活方式敬礼
02:50.940 02:56.990 よく勘違いされるのだが 俺は特に省エネが優れていると思っているわけではない
02:50.940 02:56.990 虽然经常被人误会 但我并不觉得自己在节能方面做得有多好
02:57.840 03:00.890 活力ある連中を小馬鹿になどにしてはいないのだ
02:57.840 03:00.890 也没有小瞧充满活力的人
03:01.800 03:04.100 自分のモットーに忠実なだけ
03:01.800 03:04.100 只是忠实于自己的座右铭而已
03:04.790 03:06.930 やらなくてもいいことならやらない
03:04.790 03:06.930 能不做的事就不做
03:07.590 03:11.020 やらなければいけないことなら手短にだ
03:07.590 03:11.020 非做不可的事就从简
03:12.980 03:13.840 ほら これ
03:12.980 03:13.840 看 这个
03:14.200 03:14.920 もう
03:14.200 03:14.920 真是的…
03:21.690 03:25.420 特別棟の四階 最果てだな
03:21.690 03:25.420 在特殊教学楼四楼的尽头啊
04:24.030 04:29.100 退屈な窓辺に吹き込む風に
04:24.030 04:29.100 在百无聊赖的窗边轻吹拂进的柔风
04:29.450 04:37.010 顔を顰めたのは照れくさ その裏返し
04:29.450 04:37.010 踌躇的面庞 并不是源于那份羞涩
04:38.080 04:45.440 KamiGami
04:38.580 04:45.440 @ 湮·Molly/小然·酸菜/喵儿·小冷/时末·竭力而为
04:45.710 04:50.900 曖昧に頷く掌の今日
04:45.710 04:50.900 在掌心似乎轻轻颔首的今日
04:51.160 04:56.490 描いてる自分は少し大袈裟で
04:51.160 04:56.490 描绘的自己似乎过于夸张了些
04:56.560 05:01.830 何かが変わりそうな気がしているよ
04:56.560 05:01.830 感觉到有什么将会改变
05:01.950 05:07.170 心に呼びかける君のせいだね
05:01.950 05:07.170 在我心中呼唤的 原来是你
05:08.440 05:13.680 曇り空覗いた予感
05:08.440 05:13.680 抬头仰望层云密布的天空 我预感到
05:13.880 05:22.010 手を伸ばそう いつよりも力強い勇気で
05:13.880 05:22.010 想伸展羽翼 拥有比以往更多的勇气
05:22.270 05:26.870 光も影もまだ遠くで
05:22.270 05:26.870 光影还是依旧很遥远
05:26.910 05:33.080 それでも僕らは優しさの理由が知りたい
05:26.910 05:33.080 即便如此 我们依旧想知道温柔的理由
05:33.190 05:37.680 今は誰の名前でもない
05:33.190 05:37.680 并不是任何人的名字
05:37.720 05:40.460 輝きの彼方へ
05:37.720 05:40.460 向着闪耀的彼岸
05:40.610 05:48.470 全部過去になる前に見つけに行こう
05:40.610 05:48.470 前行去寻找还未成为过去的一切
05:53.760 05:54.550 こんにちは
05:53.760 05:54.550 你好
05:55.660 06:00.500 传统的古籍研究社之复活
05:56.630 05:59.560 あなたって 古典部だったんですか 折木さん
05:56.630 05:59.560 你也是古籍研究社的吗 折木同学
06:02.480 06:03.120 誰だ?
06:02.480 06:03.120 你是谁
06:03.430 06:08.260 わかりませんか? 千反田です 千反田えるです
06:03.430 06:08.260 你不记得了吗?  我是千反田 千反田爱瑠
06:08.530 06:10.800 すまん 全然わからないんだが
06:08.530 06:10.800 对不起 我完全没印象
06:11.230 06:14.490 折木奉太郎さんですよね 一年B組の
06:11.230 06:14.490 你是折木奉太郎同学吧 一年B班的
06:15.630 06:17.960 私一年A組なんです
06:15.630 06:17.960 我是一年A班的
06:18.240 06:20.670 あのな それじゃあ説明になってなっ
06:18.240 06:20.670 可是 这也没法说明我认识……
06:21.720 06:23.870 A組? 選択科目か
06:21.720 06:23.870 A班 是在选修课上见过吗
06:24.530 06:27.390 もしかして 音楽の授業で一緒だったか
06:24.530 06:27.390 难道是音乐课一起上过课
06:27.610 06:28.190 はい
06:27.610 06:28.190 是的
06:28.720 06:32.770 まだ一回しかやってない授業だぞ どんな記憶力だ
06:28.720 06:32.770 只上过一次课啊 真是厉害的记忆力啊
06:34.160 06:38.340 あ それで千反田さん なぜこの部屋に?
06:34.160 06:38.340 话说回来 千反田同学 你为什么会在这个教室里
06:38.570 06:39.140 はい
06:38.570 06:39.140 是这样的
06:42.610 06:46.730 私古典部に入ったので ご挨拶に伺ったんです
06:42.610 06:46.730 我加入了古籍研究社 是来打声招呼的
06:46.890 06:50.810 私古典部に入ったので
06:46.890 06:50.810 我加入了古籍研究社*2
06:50.820 06:53.700 古典部に? なんでまた
06:50.820 06:53.700 加入古籍研究社?为什么
06:56.560 07:00.680 一身上の都合がありまして 折木さんは?
06:56.560 07:00.680 我的一些个人原因 折木同学呢?
07:00.950 07:03.830 いや 部員がいるなら大いに結構
07:00.950 07:03.830 有社员了的话我就不需要了
07:04.370 07:07.980 姉貴 喜べ 古典部はめでたく存続したぞ
07:04.370 07:07.980 姐姐 高兴吧 古籍研究社可以可喜可贺地存在下去了
07:08.550 07:09.800 じゃ 俺はこれで
07:08.550 07:09.800 那我就此告辞了
07:10.050 07:11.350 もうお帰りですか
07:10.050 07:11.350 已经要回去了吗
07:11.600 07:15.060 ああ 頑張れよ あと戸締りも頼む
07:11.600 07:15.060 啊 你加油啊 还有锁门也拜托你了
07:18.010 07:19.700 私戸締りできません
07:18.010 07:19.700 我没法锁门
07:20.950 07:21.590 なんで?
07:20.950 07:21.590 为什么
07:21.640 07:23.310 鍵を持ってませんから
07:21.640 07:23.310 因为我没有钥匙
07:24.960 07:25.550 はい
07:24.960 07:25.550 给你
07:26.170 07:28.680 どうして折木さんがそれを持ってるんですか
07:26.170 07:28.680 为什么折木同学会有钥匙呢
07:28.860 07:33.430 どうしてって 鍵がなければロックされた教室には入れないだろう
07:28.860 07:33.430 居然问为什么…要是没钥匙不就进不了锁着的教室了吗
07:34.190 07:36.190 そういや お前 あ 失礼
07:34.190 07:36.190 话说你…啊不好意思
07:36.670 07:39.140 千反田さんはなんでこの部屋に入れたんだ?
07:36.670 07:39.140 千反田同学是怎么进这个教室的?
07:39.370 07:41.360 鍵がかかってなかったからです
07:39.370 07:41.360 因为门没有锁
07:41.640 07:43.780 俺が来たときは閉まってたけど
07:41.640 07:43.780 我来的时候明明锁着的…
07:45.930 07:48.340 閉まってたって そのドアがですか?
07:45.930 07:48.340 锁着…是指这扇门吗
07:48.360 07:49.330 そうだが
07:48.360 07:49.330 是啊
07:49.430 07:52.870 ということは 私は閉じ込められていたってことですね
07:49.430 07:52.870 也就是说 我被反锁在这个教室了
07:53.100 07:55.840 お前が鍵をかけたんだろう? 内側から
07:53.100 07:55.840 是你锁了门吧 从里侧
07:55.970 07:57.530 そんなことはしていません
07:55.970 07:57.530 我没有锁门
07:57.740 08:01.690 だが鍵は俺が持ってる お前以外に誰がロックできるんだ
07:57.740 08:01.690 但是钥匙是我拿着的 除了你之外谁还能锁门啊
08:01.970 08:04.210 ところで そちらはお友達ですか
08:01.970 08:04.210 话说回来 那边的是你的朋友吗
08:06.330 08:07.220 里志
08:06.330 08:07.220 里志
08:08.460 08:12.380 いやあ ごめんごめん 盗み聞きのつもりはなかったんだけど
08:08.460 08:12.380 啊 不好意思不好意思 我没打算偷听的
08:12.520 08:13.700 つもりじゃないだろ
08:12.520 08:13.700 你已经在听了吧
08:13.750 08:19.070 そうは言ってもさ 木石のごとき奉太郎が夕暮れ迫る教室の窓際で
08:13.750 08:19.070 话虽如此 从下面看到铁石心肠的奉太郎在黄昏迫近的教室窗户边
08:19.310 08:21.780 女の子と二人ってのが下から見えちゃったら
08:19.310 08:21.780 和一个女生单独在一起
08:21.980 08:23.980 気になるのが当然ってもんだよ
08:21.980 08:23.980 会在意也是理所当然的嘛
08:24.520 08:26.810 放課後の逢瀬を邪魔する気はなかったし
08:24.520 08:26.810 我可没想打扰放学后的幽会啊
08:27.000 08:28.350 出歯亀なんて未経験で
08:27.000 08:28.350 也从没偷窥的经历
08:28.170 08:30.000 あの あの 私
08:28.170 08:30.000 那个…我…
08:30.030 08:31.410 本気で言ってるのか
08:30.030 08:31.410 你是认真的么
08:31.560 08:33.260 まさか ジョークだよ
08:31.560 08:33.260 怎么会 当然是开玩笑的啦
08:33.560 08:34.620 そうですか
08:33.560 08:34.620 原来是玩笑啊
08:35.070 08:37.550 すまんな こいつはこういうやつなんだ
08:35.070 08:37.550 不好意思啊 这家伙就是这副德行
08:37.680 08:41.330 「ジョークは即興に限る 禍根を残せば嘘になる」ってね
08:37.680 08:41.330 「玩笑随性 留尾成嘘」是吧
08:41.710 08:42.860 これ僕のモットー
08:41.710 08:42.860 这是我的座右铭
08:45.150 08:46.570 折木さん こちらは?
08:45.150 08:46.570 折木同学 这位是?
08:46.830 08:49.480 こいつは福部里志 似非粋人だ
08:46.830 08:49.480 这家伙是福部里志 是个冒牌行家
08:50.520 08:51.190 似非?
08:50.520 08:51.190 冒牌?
08:51.280 08:53.820 うまい ナイスな紹介だよ 奉太郎
08:51.280 08:53.820 说得好 介绍得好啊 奉太郎
08:54.170 08:56.300 初めまして えっと
08:54.170 08:56.300 初次见面 嗯…
08:56.540 08:57.810 千反田えるです
08:56.540 08:57.810 我是千反田爱瑠
08:58.130 08:59.320 ち 千反田さん!
08:58.130 08:59.320 是千反田同学?
08:59.630 09:01.570 千反田さんって あの千反田さんですか
08:59.630 09:01.570 千反田同学就是那位千反田同学吗
09:01.830 09:02.950 どうかしたのか
09:01.830 09:02.950 怎么了啊
09:03.160 09:06.320 奉太郎 千反田家の名前を聞いたことがないのかい
09:03.160 09:06.320 奉太郎 你没听说过千反田一族的名号吗
09:06.890 09:09.410 神山市に旧家名家は少なくないけど
09:06.890 09:09.410 在神山虽然名门世家不少
09:09.760 09:13.010 桁上がりの四名家といえば その筋じゃ有名だよ
09:09.760 09:13.010 但是说起进位四名门 可是相当有名的
09:13.540 09:16.530 荒楠神社の十文字家 書肆百日紅家
09:13.540 09:16.530 荒楠神社十文字 书店世家百日红
09:16.620 09:19.620 豪農千反田家 山持ちの万人橋家さ
09:16.620 09:19.620 富农家族千反田 山林地主万人桥
09:20.830 09:25.260 数字が一桁ずつ上がっていくから 人呼んで桁上がりの四名家
09:20.830 09:25.260 因为姓氏中的数字逐步进位 所以被人称为「进位四名门」
09:25.760 09:26.530 本当か
09:25.760 09:26.530 真的吗
09:26.890 09:31.380 名家かどうかは知りませんが そういう言い方は初めて聞きました
09:26.890 09:31.380 虽然不知道是不是名门 但是我是第一次听到这种说法
09:31.700 09:32.710 創ったな
09:31.700 09:32.710 是你编的吧
09:33.080 09:35.500 たまには提唱者になりたい時もあるさ
09:33.080 09:35.500 我偶尔也想当当创始人嘛
09:35.680 09:38.000 でも 本当に桁上がりですね
09:35.680 09:38.000 但是真的是逐步进位呢
09:38.240 09:40.580 感心するなよ つけ上がるから
09:38.240 09:40.580 别佩服他啊 他会得意忘形的
09:40.940 09:44.830 しかもその千反田家の長女は成績優秀 眉目秀麗
09:40.940 09:44.830 而且千反田家的长女 成绩优秀 眉清目秀
09:44.890 09:46.990 深窓の佳人として知られているんだ
09:44.890 09:46.990 是被人熟知的大家闺秀呢
09:47.490 09:51.620 中学時代県内模試の成績優秀者で よく名前を見かけたよ
09:47.490 09:51.620 中学时作为县模拟考优秀学生 经常能看到她的名字呢
09:52.100 09:53.640 ほほ そんなに
09:52.100 09:53.640 喔 这么厉害啊
09:53.840 09:57.100 たまたまです 試験なんてただの要領ですし
09:53.840 09:57.100 偶尔而已 考试只是掌握了窍门
09:57.250 09:58.360 これは失礼
09:57.250 09:58.360 那是我失礼了
09:59.030 10:02.440 ところで 話は聞かせてもらったよ 実に興味深いね
09:59.030 10:02.440 话说我听到你们谈话了 真的是很感兴趣呢
10:02.630 10:03.480 何がだ?
10:02.630 10:03.480 你指什么
10:03.920 10:06.720 千反田さんがこの部屋に閉じ込められていたことさ
10:03.920 10:06.720 当然是千反田同学被反锁在这个教室里的事情
10:06.880 10:08.320 あ そうでした
10:06.880 10:08.320 是的
10:10.220 10:13.550 私が来たときこの部屋の鍵は開いていました
10:10.220 10:13.550 我来的时候 这教室的门是开着的
10:13.710 10:17.580 でも 後から来た折木さんは鍵が閉まってたと言ってます
10:13.710 10:17.580 但是后来的折木同学却说门是锁着的
10:17.620 10:18.490 不思議です
10:17.620 10:18.490 真是不可思议
10:18.890 10:22.160 どこがだ… 自分で閉めたこと忘れたんだろう
10:18.890 10:22.160 哪里不可思议啊 是你忘了自己锁了门吧
10:22.330 10:27.140 いや 神校のドアは中も外も鍵でしかロックできないようになっているんだ
10:22.330 10:27.140 不 神高的门不管是从里面还是从外面只能用钥匙锁门
10:27.770 10:31.100 千反田さんが中から鍵をかけることは不可能ってことだよ
10:27.770 10:31.100 也就是说 千反田同学是不可能从里面锁门的
10:31.620 10:32.400 これは
10:31.620 10:32.400 这真是…
10:33.030 10:35.080 相変わらず無駄に博識だな
10:33.030 10:35.080 你还是照样在无聊的地方博学多才啊
10:35.480 10:37.380 データベースと言ってほしいね
10:35.480 10:37.380 我比较喜欢你叫我数据库
10:38.820 10:42.380 まあ 鍵のことは何かの間違いだろう 俺は帰るぞ
10:38.820 10:42.380 嘛 钥匙的话可能是哪里搞错了 我要回去了
10:44.040 10:45.400 待ってください 折木さん
10:44.040 10:45.400 请等一下 折木同学
10:45.440 10:46.130 なんだ
10:45.440 10:46.130 怎么了
10:49.120 10:52.810 気になります 私 なぜ閉じ込められたんでしょう
10:49.120 10:52.810 我很在意  我为什么会被反锁在里面
10:53.140 10:57.960 もし閉じ込められたのでなければ どうしてこの教室に入ることができたんでしょう
10:53.140 10:57.960 如果没被反锁的话 我又为什么进得了这件教室
10:58.190 11:02.370 仮に何かの間違いだというなら 誰のどういう間違いでしょうか
10:58.190 11:02.370 如果是哪里搞错了的话 那又是谁的什么错误呢
11:02.760 11:05.010 ぜひ 折木さんも考えてください
11:02.760 11:05.010 请折木同学一定要好好帮忙想想
11:06.430 11:07.160 折木さん
11:06.430 11:07.160 折木同学…
11:13.510 11:15.410 私 気になります
11:13.510 11:15.410 我很在意
11:21.600 11:25.180 ああ そうだな 面白い
11:21.600 11:25.180 啊 是呢 很有意思
11:25.950 11:27.720 少し考えてみるか
11:25.950 11:27.720 让我稍微想想吧
11:29.190 11:30.530 ありがとうこぞいます
11:29.190 11:30.530 谢谢你
11:30.700 11:32.890 折木さん 心当たりがあるんですか
11:30.700 11:32.890 折木同学 有什么线索吗
11:33.180 11:35.250 千反田さん ちょっと待ってあげて
11:33.180 11:35.250 千反田同学 稍微等等
11:35.780 11:38.660 僕は単なるデータベースだから 結論を出せないけど
11:35.780 11:38.660 我只是单纯的数据库 所以得不出什么结论
11:38.910 11:40.030 奉太郎は違う
11:38.910 11:40.030 但是奉太郎不一样
11:40.300 11:43.250 一旦考え出せば それなりに当てにはなるよ
11:40.300 11:43.250 一旦开始思考 就肯定能得出点什么
11:43.910 11:44.850 やかましい
11:43.910 11:44.850 少废话
11:45.390 11:46.110 さて
11:45.390 11:46.110 那么
11:49.680 11:51.430 この部屋に入ったのはいつだ?
11:49.680 11:51.430 你是什么时候进入这间教室的?
11:51.800 11:54.310 折木さんが来る三分前だと思います
11:51.800 11:54.310 我想应该是在折木同学来之前的三分钟左右
11:56.580 11:58.360 他に何か気付いたことは?
11:56.580 11:58.360 其他还有什么发现
11:58.980 12:03.500 そういえば さっきから足元で カタコト音がしてます
11:58.980 12:03.500 说起来从刚才起脚边就一直传来零零碎碎的响声
12:03.540 12:05.440 え 僕には聞こえないけど
12:03.540 12:05.440 我倒是没听见
12:05.600 12:07.190 聞こえますよ ほら
12:05.600 12:07.190 有声音哦 你听
12:07.440 12:08.930 千反田さん 耳いいねえ
12:07.440 12:08.930 千反田同学耳朵真灵敏
12:13.630 12:15.040 なんかわかったの 奉太郎
12:13.630 12:15.040 有什么头绪了吗 奉太郎
12:15.250 12:18.660 まあなあ ちょうど下の階で再現されてるだろう
12:15.250 12:18.660 算是吧 楼下大概正在上演相同的场景
12:37.780 12:38.580 さて
12:37.780 12:38.580 接下来
12:40.480 12:45.020 はは あの作業の間に千反田さんは地学準備室に入って
12:40.480 12:45.020 也就是说在他的工作途中千反田同学进入了地理准备室
12:45.360 12:47.730 運悪く鍵を閉められたってことだね
12:45.360 12:47.730 并不幸地被锁在了里面
12:47.960 12:50.090 貸し出し用の鍵は俺が持ってる
12:47.960 12:50.090 出借用的钥匙在我手里
12:50.380 12:53.780 あとはマスターキーだけだが これは生徒は使えない
12:50.380 12:53.780 剩下的就只有万能钥匙了 但这却不是学生能使用的
12:54.180 12:56.220 だから公務員さんだった
12:54.180 12:56.220 因此是勤务员
12:57.000 12:58.920 でも よく気付きましたね
12:57.000 12:58.920 但也真亏你能发现啊
13:00.840 13:01.640 別に
13:00.840 13:01.640 没什么
13:02.210 13:03.800 まあ 室内にいながら
13:02.210 13:03.800 不过既然在教室里
13:03.930 13:09.120 どうして千反田さんがロックの音に気付かなかったのかってのだけは俺にもわからんがね
13:03.930 13:09.120 我也不知道千反田同学为何会没有察觉到锁门声
13:09.350 13:10.920 あ それでしたら
13:09.350 13:10.920 啊 这个的话是因为…
13:14.380 13:16.320 あの建物を見ていたんです
13:14.380 13:16.320 我正在看那座建筑
13:16.680 13:17.450 古いね
13:16.680 13:17.450 有些岁月了呢
13:17.610 13:18.170 ええ
13:17.610 13:18.170 嗯
13:18.350 13:19.400 そうなのか
13:18.350 13:19.400 是吗
13:19.510 13:21.150 ああ ずば抜けて
13:19.510 13:21.150 啊 真是与众不同啊
13:25.880 13:28.110 ところで 挨拶がまだでしたね
13:25.880 13:28.110 话说回来还没正式打过招呼呢
13:28.360 13:29.130 挨拶?
13:28.360 13:29.130 招呼?
13:29.440 13:33.290 ええ これから古典部で一緒に活動していくんですから
13:29.440 13:33.290 嗯 因为从今天起就要一起在古籍研究社活动了
13:33.770 13:34.580 一緒に?
13:33.770 13:34.580 一起?
13:34.710 13:36.960 福部さんはどうですか 古典部
13:34.710 13:36.960 福部同学觉得意下如何 古籍研究社
13:37.620 13:39.870 いいね 今日は面白かったし
13:37.620 13:39.870 不错呢 今天的事也很有趣
13:40.660 13:43.380 総務員と手芸部の掛け持ちになっちゃうけど
13:40.660 13:43.380 虽然这就得兼顾总务员和手工部的工作
13:44.030 13:45.140 うん 入るよ
13:44.030 13:45.140 嗯 我加入
13:46.180 13:47.130 奉太郎もね
13:46.180 13:47.130 奉太郎也一样
13:47.790 13:49.710 入部届けももう書いてるんだし
13:47.790 13:49.710 再说入部申请书也已经写了
13:49.840 13:50.850 そうなんですか
13:49.840 13:50.850 是吗
13:51.620 13:53.030 あ いや それはだな
13:51.620 13:53.030 啊 没有 那是…
13:54.070 13:54.830 はい
13:54.070 13:54.830 请提交
14:05.230 14:06.550 はい 確かに
14:05.230 14:06.550 好 我收下了
14:07.390 14:09.370 これからよろしくお願いしますね
14:07.390 14:09.370 今后请多多指教
14:09.900 14:12.850 こちらこそ 奉太郎もよろしく
14:09.900 14:12.850 我们才是 奉太郎也请多指教
14:15.020 14:17.730 そうだ 部長を決めないといけませんね
14:15.020 14:17.730 对了 必须得任定一个部长呢
14:17.900 14:18.800 どうしましょう
14:17.900 14:18.800 怎么办
14:18.910 14:22.890 そうだね 奉太郎はその手のは全然向いてないんだよ
14:18.910 14:22.890 也是呢 奉太郎完全不是这块料
14:22.970 14:24.800 姉貴よ 満足か
14:22.970 14:24.800 姐姐 满意了吧
14:23.150 14:27.690 (そうなんですか 折木さんがうってつけだと思ったんですけど)
14:23.150 14:27.690 是吗 我却觉得折木同学是理想人选
14:25.160 14:27.160 伝統ある古典部の復活
14:25.160 14:27.160 深具传统的古籍研究社复活了
14:27.340 14:30.670 そしてさようなら 俺の安寧と省エネの日々
14:27.340 14:30.670 然后永别了 我平静而节能的日常
14:28.390 14:30.640 (千反田さん それは誤解だよ)
14:28.390 14:30.640 千反田同学你误解他了
14:30.800 14:33.180 いや まだ別れは言わない
14:30.800 14:33.180 不 还不能说是永别
14:33.620 14:35.100 俺は安寧を諦めない
14:33.620 14:35.100 我不会放弃平静的生活
14:35.400 14:37.460 省エネのために全力を尽くそう
14:35.400 14:37.460 为了节能我要拼尽全力
14:38.420 14:42.290 (でも普通だし 頭脳明晰って感じですよね)
14:38.420 14:42.290 但是给人一种头脑清晰的感觉呢
14:38.660 14:39.620 問題は
14:38.660 14:39.620 问题在于…
14:45.470 14:46.940 このお嬢様だ
14:45.470 14:46.940 这位大小姐
14:48.000 14:49.140 清明
14:48.000 14:51.040 万物发而清净明洁   问谁人可知 此芽乃何草
14:52.200 14:53.760 昨日の放課後のことだ
14:52.200 14:53.760 这是发生在昨天放学后的事情
14:54.360 14:57.190 一年生の女子が特別棟の四階に行った
14:54.360 14:57.190 一位一年级女生去了特殊教学楼的四层
14:57.730 15:01.780 その時音楽室から 月光の美しい旋律が聞こえてきた
14:57.730 15:01.780 那时从音乐教室传来了"月光"的动人旋律
14:57.730 15:01.780 月光:贝多芬乐曲
15:02.340 15:05.410 校舎を染める真赤な夕日 その麗しい音色は
15:02.340 15:05.410 夕阳将校舍染得通红 而那优美旋律…
15:05.430 15:06.310 異議あり
15:05.430 15:06.310 我抗议
15:06.480 15:08.670 昨日は雨で夕日は見えなかった
15:06.480 15:08.670 昨天下雨 看不到夕阳
15:09.210 15:12.050 そう じっとりと降り続く雨
15:09.210 15:12.050 是的 雨水潮湿 连绵不断
15:12.260 15:13.650 そして迫る夕闇
15:12.260 15:13.650 加之迫近的黄昏
15:13.880 15:17.210 肌に絡みつく不快感と ノイズのような雨音
15:13.880 15:17.210 雨声如噪 肌肤上缠满不适之感
15:17.360 15:18.440 いい加減だな
15:17.360 15:18.440 好随便
15:19.130 15:21.230 音色に誘われ 音楽室に入ると
15:19.130 15:21.230 她被琴声吸引步入了音乐教室
15:21.280 15:22.760 途端に音は鳴り止んだ
15:21.280 15:22.760 音乐却突然停止
15:23.070 15:25.690 ピアノの蓋は上がっているのにピアニストはいない
15:23.070 15:25.690 钢琴盖明明是打开的 演奏者却不在
15:25.760 15:27.800 カーテンが閉めきられて部屋は暗い
15:25.760 15:27.800 窗帘紧闭 房间昏暗
15:27.890 15:29.240 そして彼女は見た
15:27.890 15:29.240 接着她看到
15:32.770 15:36.900 長い乱れ髪を顔に垂らし 全身はぐったりとして力なく
15:32.770 15:36.900 一位女学生面前垂着凌乱的长发 全身瘫软无力
15:37.100 15:41.870 目は爛々と血走った女生徒が 傍らから彼女をじっと見つめているのを
15:37.100 15:41.870 炯炯的眼睛布满血丝 在一旁死死地瞪着她
15:44.200 15:46.910 そう この神山高校にはかつて
15:44.200 15:46.910 没错 在这所神山高中曾经
15:46.980 15:50.390 全国大会を前にして無念の事故死を遂げたピアノ部員が
15:46.980 15:50.390 出过一位钢琴部员临近大赛却由于事故饮恨而亡 她…
15:50.650 15:51.490 いたのか
15:50.650 15:51.490 存在吗
15:52.750 15:56.480 さあ いたかもしれないけど僕知らないね
15:52.750 15:56.480 谁知道呢 也许存在 我是不知道
15:56.520 15:57.660 だと思った
15:56.520 15:57.660 我就知道是这样
15:58.010 16:02.520 それにしても意外だね 奉太郎が宿題を忘れて居残りなんて
15:58.010 16:02.520 话说还真是意外呢 奉太郎居然会因为忘记写作业而留下来
16:02.810 16:04.280 書いたさ昨日
16:02.810 16:04.280 昨天写了的
16:04.950 16:06.540 持ってくるのを忘れたんだ
16:04.950 16:06.540 只是忘记带来了
16:06.860 16:11.330 お陰でこうして 同じ作文を書きながら与太話を聞かされてる
16:06.860 16:11.330 拜它所赐 我才会一边写着写过的作文一边听你扯闲话
16:11.380 16:12.370 なるほどね
16:11.380 16:12.370 原来如此
16:13.130 16:16.310 ちなみに 乱れ髪のお化けは本当にいたそうだよ
16:13.130 16:16.310 顺便提一句 乱发妖怪好像真的存在哦
16:16.650 16:20.070 今日の昼休み A組では話題になってたみたいだしね
16:16.650 16:20.070 今天午休在A班似乎成为了讨论的焦点
16:20.400 16:23.880 後はこの噂がどう広がっていくか これが重要なんだ
16:20.400 16:23.880 接下来的关键就是看这个传闻怎么传播出去
16:24.330 16:28.250 神山高校にもあった七不思議 その二ってね
16:24.330 16:28.250 神山高中的七大灵异事件其二
16:28.790 16:32.400 差しあたっては僕のD組に到達するまで何日かかるかだ
16:28.790 16:32.400 眼下就是看需花费几日才能传到我们D班来
16:34.240 16:38.360 ちょっと待て 今の話 いつどこで 誰から聞いたんだ
16:34.240 16:38.360 等下 刚才的话你是何时何地从谁那里听来的
16:38.720 16:41.340 さっき部室で 千反田さんから
16:38.720 16:41.340 刚刚在活动室从千反田同学那里
16:44.100 16:47.230 七不思議その二ってことはその一もあるんだよな
16:44.100 16:47.230 七大灵异事件其二 也就是说还有其一吧
16:47.410 16:48.510 聞かせてくれないか
16:47.410 16:48.510 能说给我听听吗
16:57.640 16:59.420 お二人ともここにいたんですか
16:57.640 16:59.420 两位都在这里啊
17:01.140 17:02.620 書きました 福部さん
17:01.140 17:02.620 我写好了 福部同学
17:03.040 17:04.330 うん お疲れ様
17:03.040 17:04.330 啊 辛苦你了
17:04.590 17:05.480 ごめんね
17:04.590 17:05.480 不好意思
17:05.550 17:10.170 総務委員会としてはこういう面倒な手続きもお願しないといけなくて
17:05.550 17:10.170 作为总务委员必须得委托你完成这种麻烦的手续
17:10.320 17:13.320 いいえ 私も部長を引き受けていますから
17:10.320 17:13.320 哪里 毕竟我也是接任了部长一职
17:16.020 17:16.820 折木さん
17:16.020 17:16.820 折木同学
17:16.260 17:17.520 いいところに来た
17:16.260 17:17.520 你来的正是时候
17:18.400 17:20.910 今里志から妙な噂を聞いたんだ
17:18.400 17:20.910 我刚从里志那里听到了奇怪的传闻
17:20.940 17:23.550 ああ そのことなんです 昼休みに
17:20.940 17:23.550 关于那件事 午休的时候
17:23.240 17:27.230 秘密クラブの勧誘メモの話なんだが 知ってたのか
17:23.240 17:27.230 是关于秘密社团的招募便条 你知道了吗
17:27.430 17:28.710 秘密クラブ
17:27.430 17:28.710 秘密社团?
17:29.030 17:30.950 里志 話してやってくれよ
17:29.030 17:30.950 里志 说给她听听吧
17:32.870 17:36.230 じゃ お聞き願おうかな 秘密クラブの一席を
17:32.870 17:36.230 那关于秘密社团一说 就请你洗耳恭听了
17:36.680 17:37.270 はい
17:36.680 17:37.270 好的
17:39.090 17:41.160 総務委員会で聞いた話なんだ
17:39.090 17:41.160 这是我在总务委员会听到的
17:41.630 17:43.910 なにせ神山高校には部活が多い
17:41.630 17:43.910 总之神山高中的社团很多
17:44.460 17:47.170 だから勧誘ポスターの数も当然多くなって
17:44.460 17:47.170 因此招募用的海报数量也理所当然多得惊人
17:47.750 17:50.490 学校中の掲示板がポスターで埋め尽くされる
17:47.750 17:50.490 全校的布告板都被海报所填满
17:51.170 17:54.060 総務員会は無免許のポスターやメモを見つけ次第
17:51.170 17:54.060 总务委员会一旦发现未经许可的海报和便条
17:54.250 17:55.210 剝しているんだ
17:54.250 17:55.210 就会撕下来
17:55.840 17:56.580 ところが
17:55.840 17:56.580 然而…
17:57.010 18:02.060 毎年たった一枚 どこの部活のものかも分からない勧誘メモが出るらしい
17:57.010 18:02.060 据说每年都会出现唯一的一张招募便条其所属社团不明
18:02.610 18:07.210 去年はノートの切れ端しみたいな紙に 集合場所と日時が書いてあったそうだよ
18:02.610 18:07.210 去年的好像是一张写有集合地点和日期的笔记本上撕下的纸张
18:08.110 18:11.290 どうやら総務委員会も把握していない秘密クラブがあって
18:08.110 18:13.610 看来存在着总务委员会也不清楚的秘密社团正暗地里进行着招募
18:11.440 18:13.610 ひっそりと募集をかけているらしいんだ
18:14.040 18:16.120 活動目的も部員も不明だけど
18:14.040 18:16.120 虽然活动目的和社员均是未知数
18:16.360 18:17.740 奴らは実在する
18:16.360 18:17.740 但他们确实存在
18:18.010 18:19.130 その名前とは
18:18.010 18:19.130 其名为…
18:19.160 18:20.400 その名前とは
18:19.160 18:20.400 其名为?
18:20.730 18:22.000 女郎蜘蛛の会
18:20.730 18:22.000 女郎蜘蛛会
18:22.550 18:23.740 女郎蜘蛛
18:22.550 18:23.740 女郎蜘蛛?
18:24.600 18:31.730 総務委員長の田辺先輩は去年回収したメモを頼りに女郎蜘蛛の会に接触しようとしたらしい
18:24.600 18:31.730 据说总务员长的田边学长去年想要凭借回收的便条与女郎蜘蛛会相接触
18:32.350 18:33.790 でもうまく行かなかった
18:32.350 18:33.790 但却并不顺利
18:34.300 18:37.320 結局名前だけのいたずらメモだと結論したそうだよ
18:34.300 18:37.320 最终似乎将之归结为是徒有虚名的恶作剧便条
18:37.870 18:38.510 ところが
18:37.870 18:38.510 然而…
18:38.700 18:39.470 ところが
18:38.700 18:39.470 然而?
18:39.870 18:43.460 卒業式の日 ある卒業生が田辺先輩に言ったんだ
18:39.870 18:43.460 毕业典礼的那天 一位毕业生对田边学长说道
18:45.000 18:47.480 僕が女郎蜘蛛の会の会長だった
18:45.000 18:47.480 我曾经是女郎蜘蛛会的会长
18:48.290 18:55.190 次期会長にもよろしくしてやってくれ もし君がそいつを見つけ出せたらの話だが
18:48.290 18:55.190 下任会长也请你多多关照了 不过这要建立在你能找到他的前提上
18:57.720 19:00.310 今年もきっとどこかに募集が出ているだろうね
18:57.720 19:00.310 今年也肯定在某处进行着招募吧
19:00.580 19:02.650 今のところ発見には至ってないけど
19:00.580 19:02.650 虽然目前尚未被发现
19:03.900 19:05.300 一枚だけのメモ
19:03.900 19:05.300 唯一的一张便条
19:05.700 19:07.130 女郎蜘蛛の会
19:05.700 19:07.130 女郎蜘蛛会
19:08.130 19:09.900 私 気になります
19:08.130 19:09.900 我很好奇
19:09.940 19:10.640 よし
19:09.940 19:10.640 很好
19:10.730 19:12.330 そう言うと思ってた
19:10.730 19:12.330 就知道你会这么说
19:13.000 19:15.030 だからいいところに来たと言ったんだ
19:13.000 19:15.030 所以说你来得正是时候
19:15.260 19:16.340 と言いますと
19:15.260 19:16.340 你的意思是…
19:16.500 19:18.960 もちろん探すんだよ そのメモを
19:16.500 19:18.960 当然是要去找那张便条
19:20.440 19:21.060 はい
19:20.440 19:21.060 好的
19:22.890 19:25.110 掲示板は全部で三十カ所だね
19:22.890 19:25.110 布告板合计有三十块
19:25.570 19:27.950 そんなに 全部探しますか
19:25.570 19:27.950 这么多?要全部都找吗
19:28.060 19:28.880 まさか
19:28.060 19:28.880 怎么会
19:29.000 19:31.920 一番ありそうなのはどこか考えたほうが速い
19:29.000 19:31.920 思考它最有可能出现的地方要来得更快
19:31.950 19:32.790 なるほど
19:31.950 19:32.790 原来如此
19:33.260 19:35.340 どういう条件の場所だと思う
19:33.260 19:35.340 你认为这个地方应该具备怎样的条件
19:35.430 19:36.860 もし私だったら
19:35.430 19:36.860 如果是我的话
19:37.190 19:41.500 やっぱりできるだけ目立たない 校舎の隅の掲示板に張ると思います
19:37.190 19:41.500 果然还是会尽可能地避人耳目贴于校舍角落处的布告板上
19:41.520 19:42.810 それは違うな
19:41.520 19:42.810 这就错了
19:42.830 19:43.940 違いますか
19:42.830 19:43.940 错了吗
19:44.210 19:46.710 もし勧誘メモが張られているとするなら
19:44.210 19:46.710 招募便条若要被贴出来
19:46.730 19:49.640 それは 一階昇降口の掲示板だ
19:46.730 19:49.640 那一定是在一层上下楼梯口处的布告板上
19:49.820 19:52.310 ええ 一番目立つ所じゃないですか
19:49.820 19:52.310 诶 那不是最显眼的地方吗
19:52.540 19:53.800 まあまあ 千反田さん
19:52.540 19:53.800 不要急 千反田同学
19:54.190 19:56.560 奉太郎には何か考えがあるらしいよ
19:54.190 19:56.560 奉太郎好像有什么想法呢
20:00.500 20:04.880 やあ 改めてみるとやっぱりすごいね 神山高校
20:00.500 20:04.880 哎呀 再看一次还是觉得很厉害啊 神山高中
20:04.970 20:06.230 本当ですね
20:04.970 20:06.230 真的呢
20:06.630 20:11.920 水墨画部 漫画研究会 囲碁部 バスケ部  陸上部
20:06.630 20:11.920 水墨画社 漫画研究会 围棋社 篮球社 田径社…
20:12.070 20:13.960 掲示板の本体が見えません
20:12.070 20:13.960 都看不清布告板的本来面貌了
20:16.270 20:18.240 折木さん どうしたんですか
20:16.270 20:18.240 折木同学 你怎么了
20:18.580 20:21.580 いや 溢れ出る活力に当てられて
20:18.580 20:21.580 没什么 被满贯而出的活力所冲击到了
20:23.040 20:25.940 省エネの奉太郎には理解不能な世界だろうね
20:23.040 20:25.940 对于节能主义的奉太郎来说是难以理解的世界呢
20:26.480 20:30.890 それにここは新入生がまず見る掲示板だ つまり激戦区だよ
20:26.480 20:30.890 再来这里是新生首先会瞩目的布告板 即激战区
20:31.490 20:34.520 激戦区 ああ なるほど
20:31.490 20:34.520 激战区?啊 原来如此
20:34.700 20:38.570 これだけたくさん張ってあれば 無許可な掲示物も目立ちませんね
20:34.700 20:38.570 贴有如此数量的海报 未经许可的昭示也不会引人注目了
20:38.630 20:39.660 それもある
20:38.630 20:39.660 这也是一点
20:40.120 20:42.680 それも 別の理由があるんですか
20:40.120 20:42.680 这也是?还有其他理由吗
20:43.090 20:43.860 まあな
20:43.090 20:43.860 差不多吧
20:44.180 20:45.640 とにかく探してみよう
20:44.180 20:45.640 总之找找看吧
20:46.140 20:46.710 はい
20:46.140 20:46.710 好的
20:46.950 20:51.660 グローバル アクト部 ディベート部 百人一首部なんてのもあるんですね
20:46.950 20:51.660 全球艺术社 辩论社 居然还有百人一首社呢
20:52.780 20:56.290 占い研究会 私の友達がここに入ったんです
20:52.780 20:56.290 占卜研究会 我朋友加入了这里
20:57.500 21:00.820 筝曲部 卓球部 美術部
20:57.500 21:00.820 筝曲社 桌球社 美术社
21:02.740 21:05.340 女郎蜘蛛の会のメモはないようですね
21:02.740 21:05.340 好像没有女郎蜘蛛会的便条
21:05.460 21:10.080 どうかな 見ただけで分かるようになっているかどうかはちょっと分からないよね
21:05.460 21:10.080 不好说 也不知道是不是光看就能明白的呢
21:10.110 21:11.660 あっ どういうことですか
21:10.110 21:11.660 什么意思
21:12.240 21:16.800 総務員の目を盗むには 何か工夫があるかもしれないなと思ってね
21:12.240 21:16.800 意思是要避过总务员的耳目或许还存在着什么机关
21:17.220 21:18.850 工夫ですか
21:17.220 21:18.850 机关吗
21:19.210 21:21.400 ま あるならいずれ見つかるよ
21:19.210 21:21.400 先不急 要有的话早晚会发现的
21:21.420 21:22.220 あったぞ
21:21.420 21:22.220 有了
21:29.940 21:34.510 ありましたね もっと人気のない場所に隠すかと思ったのに
21:29.940 21:34.510 找到了呢 我还以为会藏在人比较少的地方呢
21:34.710 21:36.830 それは一年生の発想だ
21:34.710 21:36.830 你那是一年级学生才会有的想法
21:36.960 21:38.860 不慣れなやつほど気をてらう
21:36.960 21:38.860 越是不适应的人便越是不安分
21:39.190 21:42.750 気の利いた秘密クラブなら堂々と裏を書いてくると睨んだんだ
21:39.190 21:42.750 我就是看准了标新立异的秘密社团一定会大胆的贴在后面
21:42.960 21:43.820 確かに
21:42.960 21:43.820 确实如此
21:45.080 21:49.690 でも不思議です そう言われるとあるのが当然という気がして
21:45.080 21:49.690 但真是不可思议 被这么一说就觉得贴在这里是那么的理所当然
21:50.040 21:51.900 なぜか驚きがありません
21:50.040 21:51.900 不知为何让人不觉得惊讶
21:53.060 21:56.510 総務委員会許可印なし 仕事するね
21:53.060 21:56.510 无总务委员会许可证 该我干活了
21:59.090 22:03.500 さて 俺は作文を職員室に出してそのまま帰るよ
21:59.090 22:03.500 那么我把作文交到办公室后就直接回去了
22:03.830 22:06.000 そうだね 僕も帰ろうかな
22:03.830 22:06.000 也是呢 我也回去吧
22:06.410 22:09.430 分かりました ではここでさようならですね
22:06.410 22:09.430 我明白了 那么在此道别吧
22:09.880 22:13.400 不慣れな人ほど気をてらう 覚えておきますね
22:09.880 22:13.400 越是不适应的人便越是不安分 我会记住的
22:20.650 22:24.310 不思議を持って不思議を制すの形 お見事だったよ
22:20.650 22:24.310 以奇攻奇之计 很是精彩
22:24.460 22:28.190 世話んなったな 何だかあいつが来そうな予感がしたんだ
22:24.460 22:28.190 麻烦你了 不知怎地就有预感她可能会过来
22:29.600 22:31.920 それであんなメモや画鋲を用意したと
22:29.600 22:31.920 所以就准备了那样的图钉和便条
22:32.190 22:34.150 まあ 結果どんぴしゃだったね
22:32.190 22:34.150 不管如何 结果正如所愿
22:35.750 22:36.700 でも 奉太郎
22:35.750 22:36.700 但是 奉太郎
22:37.080 22:41.970 あそこまで手の込んだ真似をして ピアノの謎から話を逸らせたかったのはなぜだい
22:37.080 22:41.970 如此大费周折地试图从钢琴之谜上移开话题是为何呢
22:42.380 22:45.580 まさかそっちには歯がたたないから なんて言わないよね
22:42.380 22:45.580 你不会跟我说是因为那个事件无从下手之类的吧
22:48.550 22:50.350 音楽室は遠いからな
22:48.550 22:50.350 因为音乐教室距离很远
22:50.780 22:51.600 それだけ
22:50.780 22:51.600 仅仅如此?
22:51.770 22:52.720 それだけだ
22:51.770 22:52.720 仅仅如此
22:53.220 22:57.100 まっすぐ昇降口まで行ってそばの職員室に作文を出して
22:53.220 22:57.100 想要笔直前往楼梯口将作文交到一旁的教员室
22:57.340 22:58.750 そのまま帰りたかった
22:57.340 22:58.750 然后直接回家
23:00.930 23:02.350 なるほど 分かった
23:00.930 23:02.350 这样啊 我懂了
23:03.180 23:04.760 奉太郎だよ やっぱり
23:03.180 23:04.760 果然奉太郎还是奉太郎
23:04.920 23:06.750 私 気になります
23:04.920 23:06.750 我很好奇
23:07.420 23:10.550 やらなければやらないことなら手短にだ
23:07.420 23:10.550 非做不可的事就从简
23:11.630 23:13.940 奉太郎 それはよくないね
23:11.630 23:13.940 奉太郎 这样可不好
23:15.280 23:19.050 もっとお披露をするなら堂々と胸を張って言うべきだ
23:15.280 23:19.050 既是宣告座右铭 就要抬头挺胸堂堂正正地说
23:19.510 23:22.800 今の奉太郎は単に言い訳をしたようにしか聞こえない
23:19.510 23:22.800 刚才的奉太郎听起来就像是在找借口
23:29.470 23:33.180 不思議を不思議で迎え撃つ うん 僕好みだ
23:29.470 23:33.180 以奇攻奇 嗯 我喜欢
23:33.280 23:34.550 いい変化球だよ
23:33.280 23:34.550 好一手变招
23:34.710 23:38.040 だけどね 奉太郎 それは奉太郎好みじゃないよ
23:34.710 23:38.040 但是呢 奉太郎 这可不合奉太郎的喜好
23:39.200 23:43.090 千反田さんが来た時 どうして単に知らんと言わなかったんだい
23:39.200 23:43.090 千反田同学来的时候 为什么不简简单单地回她一句不知道
23:43.710 23:46.650 そこが今日の奉太郎の根本的な間違いだよ
23:43.710 23:46.650 这便是今天的奉太郎犯下的根本性错误
23:47.310 23:49.720 実際奉太郎はずっとそうしてきたじゃないか
23:47.310 23:49.720 事实上奉太郎一直不都是这样过来的吗
23:52.200 23:53.310 そうかもな
23:52.200 23:53.310 也许吧
23:53.530 23:55.490 不慣れな奴ほど気をてらう
23:53.530 23:55.490 越是不适应的人便越是不安分
23:56.590 23:58.530 今日の奉太郎がまさしくそれだよ
23:56.590 23:58.530 今天的奉太郎正是如此
23:59.370 24:03.120 千反田さんがいるっていう状況に まだ全然慣れてない
23:59.370 24:03.120 还完全无法适应周围有千反田同学的存在
24:03.530 24:05.730 だからあんな回りくどいことをするのさ
24:03.530 24:05.730 所以才会做出那样拐弯抹角的事情
24:06.860 24:10.560 奉太郎さんは今日千反田さんを拒絶したつもりかもしれない
24:06.860 24:10.560 奉太郎今天或许是想拒绝千反田同学的
24:10.840 24:11.170 でもね
24:10.840 24:11.170 但是
24:11.180 24:12.890 拒絶したかったわけじゃない
24:11.180 24:12.890 并不是想拒绝
24:14.610 24:15.700 もちろんそうさ
24:14.610 24:15.700 当然是这样
24:16.360 24:19.030 あれは現状に対するただの保留だね
24:16.360 24:19.030 那只是对现状采取保留态度而已
24:21.150 24:21.800 保留
24:21.150 24:21.800 保留?
24:23.660 24:25.510 そうか 保留か
24:23.660 24:25.510 这样啊 是保留啊
24:27.840 24:31.190 ところで 音楽室の件はどういうことだったんと思う
24:27.840 24:31.190 话说回来音乐教室之谜你觉得是怎么回事
24:31.520 24:36.170 ああ そのお化けとやらは髪が乱れて 目が血走ってたんだろ
24:31.520 24:36.170 啊 你说的什么怪物头发散乱并且眼球充血是吧
24:36.280 24:37.380 寝起きのように
24:36.280 24:37.380 就像刚睡醒一样
24:37.420 24:38.540 あっ そうか
24:37.420 24:38.540 是吗
24:38.560 24:41.010 ピアノ部員は眠かったから寝ていた
24:38.560 24:41.010 钢琴部部员因为困了所以在睡觉
24:41.250 24:43.680 校門が締まる6時前に目が覚めるように
24:41.250 24:43.680 为了在六点校门关闭之前醒过来
24:43.920 24:47.200 CDプレーヤーに月光を入れてタイマーをセットしていた
24:43.920 24:47.200 往CD播放器里放入「月光」并设为闹铃
24:47.300 24:48.340 そんなことだろう
24:47.300 24:48.340 差不多就是这样吧
24:49.480 24:51.880 なるほどね 確かに言えば分かる
24:49.480 24:51.880 原来如此呢 确实说得通
24:52.190 24:54.130 プレーヤーに設定が残っているだろうし
24:52.190 24:54.130 播放器的设定应该还保留在那里
24:55.190 24:56.830 音楽室は遠いからな
24:55.190 24:56.830 因为音乐教室距离很远
24:57.280 24:59.830 分かったって ただね 奉太郎
24:57.280 24:59.830 都说知道了 但是奉太郎
25:00.690 25:05.240 音楽室まで行ってたほうが 行く行くは省エネにつながったような気がするんだ
25:00.690 25:05.240 我隐约感觉去音乐教室才是最终的通向节能之路
25:06.050 25:09.560 今日の屈託は意外と高くつくかもしれない
25:06.050 25:09.560 你今天的顾虑或许反而让你消耗了高能量噢
25:16.680 25:20.650 奉太郎 今日のこと 僕は貸しにする気はないよ
25:16.680 25:20.650 奉太郎 今天的事 我没想过让你报答哦
25:21.010 25:21.680 じゃ
25:21.010 25:21.680 再见
25:27.500 25:29.100 保留 か
25:27.500 25:29.100 保留吗
25:35.140 25:41.810 今夜恋に変わる 幸せな夢で会おう
25:35.140 25:41.810 今夜坠入爱恋 相遇在那份甜蜜的梦境
25:41.890 25:45.800 きっと ねぇ見つけてね
25:41.890 25:45.800 一定 能够寻找到呢
25:45.870 25:51.080 まどろみの約束
25:45.870 25:51.080 那个沉睡着的约定
26:03.410 26:12.210 芽生えてた温もり 暖かくて戸惑う
26:03.410 26:12.210 点点萌芽的温暖 让我有些不知所措
26:14.240 26:23.250 こんな気持ちをまだ あなたは分からないよ
26:14.240 26:23.250 这份不安的心情 你还恍然不知呢
26:23.590 26:29.050 そんな視線には意味なんて 別にないはず
26:23.590 26:29.050 这样的眼神 并没有什么特殊含义
26:29.080 26:34.060 だって友達にしてるのと同じ
26:29.080 26:34.060 因为跟朋友的眼神是一样的啊
26:34.490 26:40.170 明け方に消えてく 小さな願星
26:34.490 26:40.170 小小的许愿星 消失在黎明前夕
26:40.210 26:45.120 夜の間だけの魔法を…
26:40.210 26:45.120 只属于夜间的魔法能让…
26:45.220 26:51.940 今夜恋に変わる 幸せな夢で会おう
26:45.220 26:51.940 今夜坠入爱恋 相遇在那份甜蜜的梦境
26:51.960 26:56.000 きっと ねぇ見つけてね
26:51.960 26:56.000 一定 能够寻找到呢
26:56.010 27:01.080 まどろみの約束
26:56.010 27:01.080 那个沉睡着的约定
27:06.190 27:09.180 次回 名誉ある古典部の活動
27:06.190 27:09.180 次回 享有盛名的古籍研究社之活动