冰菓 第02集 值得夸耀的古籍社之活动

剧情介绍:   继福部里志之后,古籍社的最后一名社员,伊原摩耶花登场。同时身为图书委员的摩耶花,最近图书室有一件事一直令她百思不解。千反田一听说此事,难掩爆发的好奇心,立刻就找上了奉太郎……
1/7Page Total 331 GoTo Page
Return to Episode List
动画字幕台词一览
冰菓 第02集 值得夸耀的古籍社之活动
00:25.880 00:27.480 折木奉太郎殿
00:25.880 00:27.480 折木奉太郎先生
00:28.280 00:29.180 前略
00:28.280 00:29.180 前略
00:29.350 00:31.260 私は今ベナレスにいます
00:29.350 00:31.260 我现在正身处瓦拉纳西
00:31.730 00:34.310 ちょっと遅れたけど 合格おめてどう
00:31.730 00:34.310 虽然迟了点 恭喜你被成功录取
00:35.290 00:37.040 結局神山高校だってね
00:35.290 00:37.040 到头来还是进了神山高中啊
00:37.770 00:42.170 無事高校生になったあんたに姉として一つアドバイスしてあげる
00:37.770 00:42.170 作为姐姐给顺利成为高中生的你提个建议
00:43.680 00:45.230 古典部に入りなさい
00:43.680 00:45.230 你要加入古籍研究社噢
00:46.540 00:47.930 伝統ある部活よ
00:46.540 00:47.930 这是一个深具传统的社团
00:48.430 00:50.820 そして私が所属していた部でもある
00:48.430 00:50.820 同时也是我曾隶属的社团
00:52.090 00:55.620 聞いた話だと わが古典部の部員は現在ゼロ
00:52.090 00:55.620 据闻 我古籍研究社社员现今人数为零
00:56.090 00:58.740 今年入部者がいなければ消滅するそうなの
00:56.090 00:58.740 若是今年没有入社的新人便要被废社
00:59.440 01:02.490 古典部OGとしてそれはあまりに忍びないわ
00:59.440 01:02.490 这是作为古籍研究社元老所实在不忍目睹的
01:04.220 01:05.140 奉太郎
01:04.220 01:05.140 奉太郎
01:06.000 01:08.920 姉の青春の場 古典部を守りなさい
01:06.000 01:08.920 你要守护姐姐的青春所在 古籍研究社
01:09.450 01:11.340 名前を置いておくだけでいいから
01:09.450 01:11.340 光是挂个名也好
01:12.050 01:14.040 どうせやりたいことなんかないでしょ
01:12.050 01:14.040 反正你也没有什么想做的事吧
01:15.150 01:17.710 かしこ 折木共恵
01:15.150 01:17.710 此致敬礼 折木供惠
01:19.030 01:24.100 退屈な窓辺に吹き込む風に
01:19.030 01:24.100 在百无聊赖的窗边轻吹拂进的柔风
01:24.450 01:32.010 顔を顰めたのは照れくさ その裏返し
01:24.450 01:32.010 踌躇的面庞 并不是源于那份羞涩
01:33.080 01:40.440 KamiGami
01:33.580 01:40.440 @ 湮·Molly/小然·酸菜/喵儿·小冷/时末·竭力而为
01:40.710 01:45.900 曖昧に頷く掌の今日
01:40.710 01:45.900 在掌心似乎轻轻颔首的今日
01:46.160 01:51.490 描いてる自分は少し大袈裟で
01:46.160 01:51.490 描绘的自己似乎过于夸张了些
01:51.560 01:56.830 何かが変わりそうな気がしているよ
01:51.560 01:56.830 感觉到有什么将会改变
01:56.950 02:02.170 心に呼びかける君のせいだね
01:56.950 02:02.170 在我心中呼唤的 原来是你
02:03.440 02:08.680 曇り空覗いた予感
02:03.440 02:08.680 抬头仰望层云密布的天空 我预感到
02:08.880 02:17.010 手を伸ばそう いつよりも力強い勇気で
02:08.880 02:17.010 想伸展羽翼 拥有比以往更多的勇气
02:17.270 02:21.870 光も影もまだ遠くで
02:17.270 02:21.870 光影还是依旧很遥远
02:21.910 02:28.080 それでも僕らは優しさの理由が知りたい
02:21.910 02:28.080 即便如此 我们依旧想知道温柔的理由
02:28.190 02:32.680 今は誰の名前でもない
02:28.190 02:32.680 并不是任何人的名字
02:32.720 02:35.460 輝きの彼方へ
02:32.720 02:35.460 向着闪耀的彼岸
02:35.610 02:43.470 全部過去になる前に見つけに行こう
02:35.610 02:43.470 前行去寻找还未成为过去的一切
02:50.740 02:53.130 古典部が復活してから一ヶ月
02:50.740 02:53.130 古籍研究社复活后一个月
02:51.160 02:56.500 享有盛名的古籍研究社之活动
02:53.820 02:56.450 ここ地学準備室は俺の中で(こんにちは)
02:53.820 02:56.450 这个地理准备室 在我的心目中(你好)
02:56.620 02:58.970 思ったより気安い場所となっていた(よう)
02:56.620 02:58.970 成为了意料之外的惬意之所(哟)
02:59.990 03:03.400 放課後に退屈を感じれば そこを訪れる
02:59.990 03:03.400 放学后若是感到无聊便会去那里
03:05.570 03:06.360 どうぞ
03:05.570 03:06.360 请用
03:07.260 03:11.160 家の頂き物です 好きに摘まんでください
03:07.260 03:11.160 是家里收取的赠品 请随意享用
03:11.490 03:12.410 サンキュー
03:11.490 03:12.410 thank you
03:13.250 03:19.000 一緒にいて 疲れないのであれば 俺はもともと人嫌いというわけではない
03:13.250 03:19.000 若是相处起来不累 我原本也不讨厌和人相处的
03:39.820 03:40.860 不毛です
03:39.820 03:40.860 毫无收成
03:41.400 03:43.220 一年に二回植えるやつか
03:41.400 03:43.220 你是说一年里种两次的那个?
03:43.290 03:44.880 それは二毛作です
03:43.290 03:44.880 那是轮植
03:43.290 03:44.880 轮植:同一块耕地,一年种植两次不同作物,收成两次的作法。
03:47.120 03:48.650 ひょっとして駄洒落ですか
03:47.120 03:48.650 莫非我刚说了冷笑话
03:49.230 03:50.030 聞くな
03:49.230 03:50.030 别问我
03:50.100 03:52.200 いえ そうじゃなくてですね
03:50.100 03:52.200 不 我们的话题不是这个吧
03:52.240 03:53.280 不毛なのか
03:52.240 03:53.280 你是说毫无收成吗
03:53.340 03:54.910 そうです 不毛です
03:53.340 03:54.910 正是如此 毫无收成
03:55.490 03:56.360 何が
03:55.490 03:56.360 你指什么
03:57.970 03:59.500 この放課後がです
03:57.970 03:59.500 就是这样的放学后
03:59.590 04:02.120 目的無き日々は生産的じゃありません
03:59.590 04:02.120 这样漫无目的的每天毫无建树
04:02.410 04:04.690 お説ごもっとも で
04:02.410 04:04.690 说得太对了 然后
04:04.820 04:08.130 お前は何かこの古典部に求めるものがあるとでも
04:04.820 04:08.130 你难道想从这个古籍研究社里学到什么
04:08.780 04:09.620 あります
04:08.780 04:09.620 有的
04:10.280 04:12.750 でも それは一身上の都合です
04:10.280 04:12.750 但那只是我个人的一些原因
04:12.820 04:14.160 前にも聞いたぞ
04:12.820 04:14.160 之前也听你说过
04:14.600 04:17.140 今は古典部のことを言ってるんです
04:14.600 04:17.140 现在说的是古籍研究社的事情
04:17.410 04:20.080 部活動ですから活動をしなければいけません
04:17.410 04:20.080 因为是社团 进行活动是必须的
04:20.830 04:22.040 目的がない
04:20.830 04:22.040 没有目标
04:22.600 04:23.780 いえ あります
04:22.600 04:23.780 不 是有的
04:24.610 04:27.530 十月の文化祭に 文集を出します
04:24.610 04:27.530 要在十月份的文化节时出本社刊
04:27.670 04:28.580 文集
04:27.670 04:28.580 社刊
04:28.700 04:29.340 はい
04:28.700 04:29.340 是
04:29.700 04:31.860 止めよう 手間が掛かりすぎる
04:29.700 04:31.860 放弃吧 太费事了
04:31.900 04:34.270 いいえ 文集でないとだめなんです
04:31.900 04:34.270 不行 必须是社刊
04:34.450 04:38.460 文学祭に一枚噛みたいなら ほかにも方法があるだろう
04:34.450 04:38.460 如果非要和文化节相关的话 还有别的方法的吧
04:38.630 04:39.750 模擬店とか
04:38.630 04:39.750 临时小卖部之类的
04:40.110 04:43.940 神高文化祭は伝統的に模擬店禁止だそうです
04:40.110 04:43.940 按照传统 据说神高文化节是禁止开临时小卖部的
04:44.500 04:49.560 それに 文集のための予算は出てますし 顧問の先生からも頼まれています
04:44.500 04:49.560 再加上社刊的开支将由学校出 顾问的老师也拜托我了
04:50.830 04:56.530 また 文集は四十年以上の伝統があるので 途絶えさせたくないそうです
04:50.830 04:56.530 还有 老师说社刊具有四十年以上的传统 不愿让它在中途废止
04:56.570 04:58.930 そういう事情があるなら 先に言え
04:56.570 04:58.930 有这样的隐情你就早说
04:59.320 05:00.650 分かった やるよ
04:59.320 05:00.650 明白了 我做
05:01.250 05:01.820 はい
05:01.250 05:01.820 是
05:02.200 05:05.380 それで その文集ってのはどんな内容なんだ
05:02.200 05:05.380 那么 你说的社刊是什么样的内容
05:06.120 05:07.140 分かりません
05:06.120 05:07.140 不清楚
05:07.840 05:08.920 おいおい
05:07.840 05:08.920 喂喂
05:09.110 05:12.560 すみません これから調べればいいと思ってました
05:09.110 05:12.560 抱歉 我以为现在开始调查一下就可以了
05:13.100 05:16.830 とにかく バックナンバーがあれば取っ掛かりはつかめると思います
05:13.100 05:16.830 总之 我觉得有往期刊物的话就能找到一点头绪了
05:16.990 05:18.150 探してみましょう
05:16.990 05:18.150 一起找找看吧
05:28.970 05:29.880 ないな
05:28.970 05:29.880 没有呢
05:30.220 05:31.840 じゃ 図書室でしょうか
05:30.220 05:31.840 那会不会在图书馆呢
05:32.470 05:33.470 行ってみましょう
05:32.470 05:33.470 去看看吧
05:37.090 05:41.840 何してるんですか 折木さんも行くんです ほら
05:37.090 05:41.840 你在做什么呢 折木同学也一起去 来
05:48.800 05:53.730 気が進まん 今日は金曜だから 図書当番はたぶん
05:48.800 05:53.730 不想去 今天是星期五所以图书馆当值的应该是…
05:55.580 05:59.900 あれ 折木じゃない 久しぶりね 会いたくなかったわ
05:55.580 05:59.900 哎呀 这不是折木吗 好久不见 真不想见到你
06:00.120 06:02.530 よー 伊原 会いに来てやったぜ
06:00.120 06:02.530 哟 伊原 我特意来见你了
06:02.760 06:06.830 ここは共用の聖域よ あんたには似合わないんじゃない
06:02.760 06:06.830 这里可是文化的神圣殿堂哦 不适合你吧
06:06.970 06:10.880 なら 自分にはお似合いだってのか ご立派なことで
06:06.970 06:10.880 就是说 你觉得适合你自己喽 真是了不起
06:10.960 06:15.040 相っ変わらず最低ね 冷やかしに来たなら 帰りなさいよ
06:10.960 06:15.040 还是这么差劲 若是来讽刺的话就请回去吧
06:15.970 06:16.960 ええと
06:15.970 06:16.960 那个…
06:17.200 06:19.450 や 奉太郎 奇遇だね
06:17.200 06:19.450 呀 奉太郎 真巧啊
06:19.850 06:21.880 相変わらず仲がいいじゃないか
06:19.850 06:21.880 你们还是关系那么好啊
06:22.230 06:24.520 さすがは鏑屋中ベストカップル
06:22.230 06:24.520 不愧是镝屋中的最佳情侣
06:24.570 06:25.710 ふざけんな
06:24.570 06:25.710 别开玩笑了
06:25.730 06:29.020 こんな陰気な男 なめくじのほうがまだマシよ
06:25.730 06:29.020 这种死气沉沉的男人 鼻涕虫都比他好
06:29.170 06:30.220 なめくじ
06:29.170 06:30.220 鼻涕虫
06:30.410 06:31.640 大体福ちゃん
06:30.410 06:31.640 再说了 小福
06:31.980 06:35.180 私の気持ちを知っててよくそんな冗談が言えるわね
06:31.980 06:35.180 明明知道我的心意 亏你能开出这样的玩笑呢
06:35.410 06:38.350 ああ ごめんね摩耶花 傷ついちゃった
06:35.410 06:38.350 啊 对不起 摩耶花 伤到你了?
06:38.950 06:42.080 またそうやって冗談めかしてごまかすんだから
06:38.950 06:42.080 又这样装作是开玩笑来敷衍过去
06:42.580 06:44.890 ほんといい加減にしてよね
06:42.580 06:44.890 真是的 给我适可而止一点
06:46.330 06:48.470 どういうご関係なんですか
06:46.330 06:48.470 他们是什么关系啊
06:48.770 06:51.430 中学の頃から里志に惚れてるんだ
06:48.770 06:51.430 她从中学的时候开始就迷恋里志了
06:54.960 06:59.840 千反田さん こちらは伊原摩耶花 僕らと同じ鏑屋中出身だ
06:54.960 06:59.840 千反田同学 这位是伊原摩耶花 同我们一样是镝屋中出身
07:00.160 07:01.050 よろしく
07:00.160 07:01.050 请多指教
07:01.530 07:06.990 麻耶花 こちらは千反田えるさん 僕がこないだ入部した古典部の部長だよ
07:01.530 07:06.990 摩耶花 这位是千反田爱瑠 是我最近加入的古籍研究社的社长
07:07.110 07:09.460 こちらこそ よろしくお願いします
07:07.110 07:09.460 我才是 请多指教
07:10.580 07:12.880 それより 二人揃って何の用だい
07:10.580 07:12.880 比起这个 两人一起来是有什么事吗
07:13.260 07:17.710 そうでした あの 伊原さん お聞きしたいことがあるんですが
07:13.260 07:17.710 对了 那个 伊原同学 我有事想请教你
07:17.820 07:18.540 はい
07:17.820 07:18.540 是
07:18.700 07:23.290 ここに部活の文集って置いてありますか 古典部のなんですけど
07:18.700 07:23.290 这里有放置社团的社刊吗 古籍研究社的
07:23.730 07:27.140 古典部 なかったと思うけど
07:23.730 07:27.140 古籍研究社? 我想没有
07:27.860 07:29.760 表にないなら 書庫かしら
07:27.860 07:29.760 外面没有的话 或许在书库吧
07:29.940 07:31.000 そうですか
07:29.940 07:31.000 是吗
07:31.540 07:32.830 何で文集を
07:31.540 07:32.830 为什么要找社刊
07:33.180 07:36.130 文化祭で文集を作ることになったので
07:33.180 07:36.130 因为预定在文化节时出本社刊
07:36.160 07:38.800 一度以前の文集を見ておこうと思いまして
07:36.160 07:38.800 所以想看看以前的社刊作参考
07:38.870 07:41.290 へええ 「カンヤ祭」に出品するんだ
07:38.870 07:41.290 诶 要在「kanya祭」上出作品啊
07:41.460 07:43.230 奉太郎がよく承知したね
07:41.460 07:43.230 真亏奉太郎能同意呢
07:43.460 07:45.800 ほんとんど事後承諾だったけどな
07:43.460 07:45.800 基本上只是同意既成事实罢了
07:46.720 07:47.790 「カンヤ祭」
07:46.720 07:47.790 「kanya祭」?
07:48.090 07:51.300 聞いたことない 神高文化祭の俗称だよ
07:48.090 07:51.300 没听过吗 是神高文化节的俗称
07:51.500 07:54.420 またお前の考えた俗称じゃないだろうな
07:51.500 07:54.420 不会又是你编造出来的俗称吧
07:54.500 07:58.360 本当さ 手芸部の先輩は皆「カンヤ祭」って呼んでるよ
07:54.500 07:58.360 是真的 手工部的学长全都称它为「kanya祭」
07:58.650 07:59.470 摩耶花は
07:58.650 07:59.470 摩耶花呢
07:59.610 08:02.250 「漫研」でも「カンヤ祭」って言ってるわ
07:59.610 08:02.250 漫画研究社也是称它为「kanya祭」的
08:02.320 08:05.850 カンヤ どういう字を書くんですか
08:02.320 08:05.850 kanya?汉字该怎么写呢
08:05.970 08:09.500 分からないんだ 聞いて回ったりはしたんだけどね
08:05.970 08:09.500 不知道 我还四处打听过呢
08:09.860 08:14.240 まあ たぶん神山高校文化祭が神山祭になって
08:09.860 08:14.240 不过 我想大概是神山高中祭变为神山祭
08:14.390 08:18.110 カンヤマ祭 カンヤ祭ってところかと思ってるんだけど
08:14.390 08:18.110 神山祭 再念成「kanya祭」这样的流程吧
08:18.170 08:22.550 それで 千反田さん 文集は書庫を探せばあるかもしれけど
08:18.170 08:22.550 还有 千反田同学 找一下书库的话或许就会有社刊
08:23.020 08:27.260 ちょっと司書の先生が会議で席を外してるから今入れないのよ
08:23.020 08:27.260 只是管理图书的老师因为有会暂时不在 现在进不去
08:27.860 08:30.550 後三十分もすれば戻ってくると思うけど
08:27.860 08:30.550 我想再过三十分钟便会回来
08:31.050 08:31.970 待つ
08:31.050 08:31.970 你要等吗
08:32.140 08:33.240 どうします
08:32.140 08:33.240 怎么办
08:33.330 08:34.320 待つか
08:33.330 08:34.320 等吧
08:34.380 08:36.420 あんたは帰ってもいいのに
08:34.380 08:36.420 你明明可以先回去的
08:36.970 08:37.920 へーいへい
08:36.970 08:37.920 好 好
08:39.830 08:41.010 待って 奉太郎
08:39.830 08:41.010 等等 奉太郎
08:41.100 08:44.650 摩耶花 さっきの話二人にも聞いてもらったらどうだい
08:41.100 08:44.650 摩耶花 刚才的事也说给他们俩听听如何
08:44.730 08:45.490 ええ
08:44.730 08:45.490 诶
08:48.500 08:53.580 そうね 折木 たまには頭を働かせてみる気はない
08:48.500 08:53.580 也是呢 折木 要不要偶尔也让大脑工作工作?
08:53.600 08:53.990 ない
08:53.600 08:53.990 不要
08:54.020 08:55.690 どういうお話ですか
08:54.020 08:55.690 是什么样的事情呢?
08:56.170 08:58.040 愛なき愛読書の話さ
08:56.170 08:58.040 关于无爱却常读之书的事情
08:58.180 08:59.740 愛なき愛読書
08:58.180 08:59.740 无爱却常读之书
08:59.930 09:01.860 何とも奇妙な話でね
08:59.930 09:01.860 实在是不可思议的事情呢
09:02.180 09:06.870 どう考えても辻褄が合わなくて 麻耶花と首を捻ったところなんだ
09:02.180 09:06.870 怎么想都不合逻辑 正在和摩耶花纠结着呢
09:07.800 09:09.510 ぜひ聞かせてください
09:07.800 09:09.510 请务必说给我们听
09:10.350 09:13.790 私が当番で金曜放課後ここに来るとね
09:10.350 09:13.790 我由于当值每星期五放学后都会来这里
09:14.010 09:16.560 毎週同じ本が返却されてるのよ
09:14.010 09:16.560 每周都会有同一本书被返还回来
09:16.880 09:18.540 今日で五週連続
09:16.880 09:18.540 到今天已经是连续五周了
09:18.720 09:20.590 これだけでも変な話でしょ
09:18.720 09:20.590 光是这样便算得上是怪事了吧
09:21.260 09:22.440 これがその本
09:21.260 09:22.440 这就是那本书
09:24.390 09:25.640 きれいな本
09:24.390 09:25.640 啊 好漂亮的书
09:25.880 09:26.830 でかい
09:25.880 09:26.830 好大
09:27.460 09:29.230 ちょっと中を見てもいいですか
09:27.460 09:29.230 可以看一下里面吗
09:29.270 09:30.040 どうぞ
09:29.270 09:30.040 请看
09:34.410 09:36.130 折木さんも ほら
09:34.410 09:36.130 折木同学也是 看看嘛
09:38.340 09:40.340 普通の学校史ですね
09:38.340 09:40.340 是普通的学校史
09:42.360 09:45.430 これを読むのはかなり大変そうですね
09:42.360 09:45.430 要读这个可是相当辛苦呢
09:47.750 09:51.230 これは毎週借りるやつがいても おかしくはないな
09:47.750 09:51.230 有人会每周借这本书也不足为奇
09:51.340 09:54.200 あんた ここで本借りたことないでしょ
09:51.340 09:54.200 你没在这里借过书吧
09:54.700 09:57.850 うちの図書室の貸出期間は二週間なの
09:54.700 09:57.850 这里图书馆的借阅期限是两周
09:58.060 10:00.510 だから毎週借りる必要はないのよ
09:58.060 10:00.510 所以没有必要每周都借的
10:00.680 10:03.900 なのに この本は毎週返却されるんだってさ
10:00.680 10:03.900 尽管如此 这本书还是每周都被返还回来
10:04.320 10:06.440 誰が借りたかは分かるんですか
10:04.320 10:06.440 知道是谁借阅的吗
10:06.500 10:09.960 もちろん 裏に貸出リストがあるから 見てみて
10:06.500 10:09.960 当然 内面有借阅表 你看看
10:12.270 10:14.550 あれ 折木さん 見てください
10:12.270 10:14.550 咦 折木同学 你看
10:15.010 10:19.730 毎週違う人が借りてます しかも全員その日のうちに返してます
10:15.010 10:19.730 每周都有不同的人借阅并且所有人都在当天返还
10:20.270 10:25.310 そうなのよ 貸出と返却が同じ日で五周連続
10:20.270 10:25.310 就是 连续五周在同一天借出并返还
10:26.220 10:27.750 時間も分かってて
10:26.220 10:27.750 时间也是知道的
10:28.080 10:31.150 五人とも昼休みに借りて放課後に返してるの
10:28.080 10:31.150 五人都是在午休时借阅并在放学后返还的
10:31.600 10:34.120 どうだい 気になるだろ
10:31.600 10:34.120 如何 好奇吧
10:34.770 10:38.400 ええ 私 気になります
10:34.770 10:38.400 嗯 我很好奇
10:44.220 10:46.770 ちょっと考えてみましょうよ 折木さん
10:44.220 10:46.770 稍微一起想想看吧 折木同学
10:46.940 10:48.290 おのれ里志
10:46.940 10:48.290 里志 你小子
10:48.370 10:50.650 こうなることを見越して呼び止めたな
10:48.370 10:50.650 是料到事情会发展成这样才把我喊住的
10:50.750 10:57.010 折木さんは 鍵のこととか秘密クラブとかあんなに見事にといてくれたじゃないですか
10:50.750 10:57.010 钥匙和秘密社团之谜 折木同学不都出色地解开了吗
10:57.420 10:58.610 何 それ
10:57.420 10:58.610 那是什么
10:59.120 11:02.050 奉太郎の興味深い一面に纏わる話さ
10:59.120 11:02.050 是关于奉太郎的令人兴致盎然的一面
11:02.090 11:03.990 止めろ 人聞きの悪い
11:02.090 11:03.990 住嘴 说得这么难听
11:04.320 11:06.300 とにかく 気になるんです
11:04.320 11:06.300 总之我很好奇
11:07.500 11:08.600 ならん
11:07.500 11:08.600 我不
11:09.370 11:10.530 なるんです
11:09.370 11:10.530 好奇
11:10.910 11:11.570 ならん
11:10.910 11:11.570 不
11:11.610 11:14.190 折木 静かに
11:11.610 11:14.190 折木 安静点
11:14.710 11:15.790 千反田さんも
11:14.710 11:15.790 千反田同学也是
11:16.880 11:17.740 はい
11:16.880 11:17.740 是
11:19.210 11:20.400 うかつだった
11:19.210 11:20.400 是我疏忽了
11:20.780 11:25.100 これ以上の拒絶や言い逃れはむしろエネルギー効率が悪い
11:20.780 11:25.100 再继续拒绝和推脱反而能量效率会变低
11:25.330 11:26.450 ならば
11:25.330 11:26.450 既然这样
11:27.930 11:30.980 そうだな 少し考えてみるか
11:27.930 11:30.980 是啊 我就稍微想想看吧
11:32.320 11:32.970 はい
11:32.320 11:32.970 是
11:37.280 11:40.250 福ちゃん 折木って頭良かったっけ
11:37.280 11:40.250 小福 折木的脑袋很好使?
11:40.610 11:45.510 あんまり でもこういう役に立たないことだと 時々役に立つんだ
11:40.610 11:45.510 不怎么好 但遇到这种没用的事就会时不时起点作用
11:45.740 11:47.870 お前ら 言いたい放題だな
11:45.740 11:47.870 你们倒是想说什么就说什么啊
11:47.780 11:49.330 立夏
11:47.780 11:50.830 立夏 夏立为因
11:51.910 11:56.940 五週間連続で別の人間がこの本を借り その日のうちに返す
11:51.910 11:56.940 连续五周 分别有不同的人借阅这本书并在当天返还
11:57.430 11:59.970 これを偶然だと言い張るのは簡単だが
11:57.430 11:59.970 一口认定是巧合也并非难事
12:00.130 12:01.820 千反田は納得しないだろ
12:00.130 12:01.820 但千反田是不会信服的吧
12:02.480 12:06.850 大事なのは真実ではない 千反田が納得することなのだ
12:02.480 12:06.850 重要的不是真相 而是如何让千反田信服
12:07.410 12:12.110 さて 昼休みに借りて放課後に返していては
12:07.410 12:12.110 那么 若是午休时借阅放学后返还的话
12:12.190 12:14.580 とてもこれを読む暇などなかろうし
12:12.190 12:14.580 基本上是抽不出多少时间来读的
12:15.050 12:18.540 家に持ち帰らないなら 借りずに図書室で読めばいい
12:15.050 12:18.540 如果不带回家的话 无需借阅在图书室阅读即可
12:19.700 12:20.470 結論
12:19.700 12:20.470 结论
12:20.870 12:24.840 この本は図書の本分を果たすために使用されているのではない
12:20.870 12:24.840 这本书并非被用于履行其本职工作
12:25.060 12:26.300 とすると
12:25.060 12:26.300 这样的话
12:26.840 12:30.340 本を 読む以外に使うとしたら どう使う
12:26.840 12:30.340 书除了可以读还可用于什么途径
12:30.660 12:32.970 何冊か積めば枕にいいかも
12:30.660 12:32.970 几本叠起来或许可以作枕头
12:33.510 12:35.620 腕に使えば盾になるね
12:33.510 12:35.620 绑在手臂上可以作盾牌
12:35.740 12:37.490 もっとまじめに考えてくれ
12:35.740 12:37.490 再认真点想
12:37.580 12:41.540 そうですよ こういう本ならではの使う道があるはずです
12:37.580 12:41.540 没错 这种书应该有其独到的使用之法
12:41.980 12:43.860 じゃ 千反田さんはどう思う
12:41.980 12:43.860 那千反田同学认为呢
12:44.420 12:48.800 そうですね 重ねれば浅漬けが漬かります
12:44.420 12:48.800 我想想 垒起来可以压咸菜缸
12:48.950 12:50.640 お前らにはもう聞かない
12:48.950 12:50.640 我不会再问你们了
12:51.770 12:54.740 千反田って 本当に成績優秀なのか
12:51.770 12:54.740 千反田她真的成绩优秀吗
12:55.400 12:57.650 ただの天然にしか思えんのだが
12:55.400 12:57.650 看起来只是一般的天然呆而已啊
12:59.410 13:00.760 視点を変えよう
12:59.410 13:00.760 转换下视角吧
13:01.340 13:04.530 毎週別の人間が借りているのはどういうわけか
13:01.340 13:04.530 每周不同的人来借这本书究竟是怎么回事
13:04.760 13:06.840 名前から見て 全員女だな
13:04.760 13:06.840 从名字来看 全都是女生
13:07.530 13:09.160 考えられるのは二つ
13:07.530 13:09.160 能想到的只有两点
13:09.900 13:11.940 彼女らに共通点はないが
13:09.900 13:11.940 虽然她们并没有什么共同点
13:12.000 13:15.620 この本を金曜日の午後に使うことが流行っている場合
13:12.000 13:15.620 可能 这本书流行在周五下午被使用
13:15.770 13:19.160 そして 彼女らはグループでこの本を使用し
13:15.770 13:19.160 又或者 她们集体使用这本书
13:19.200 13:22.120 当番制で順番に借りて使っている場合だ
13:19.200 13:22.120 采取轮流制来借走这本书
13:22.880 13:24.300 流行りねえ
13:22.880 13:24.300 流行啊
13:24.730 13:25.880 占いとか
13:24.730 13:25.880 比如占卜之类的
13:26.120 13:27.070 こんな感じ?
13:26.120 13:27.070 会不会是这样?
13:27.720 13:31.020 今週のあなたのラッキーアイテムは学校史
13:27.720 13:31.020 这周你的幸运物是学校史
13:31.120 13:34.810 金曜日の午後に借りて その日のうちに返すと
13:31.120 13:34.810 如果在周五下午借走它 然后当日归还的话
13:35.080 13:37.820 彼氏とうまくいくかも なんて
13:35.080 13:37.820 就能和男朋友进展顺利之类的
13:37.900 13:40.830 馬鹿馬鹿しい それに五週連続だぞ
13:37.900 13:40.830 愚蠢 而且这可是连续五周啊
13:41.350 13:42.800 言ってみただけだよ
13:41.350 13:42.800 我只是想说说看而已啦
13:43.110 13:47.520 共通点は全員が女 それと二年生 クラスは違う
13:43.110 13:47.520 共同点是全部都是女生 而且都是二年级不同班级的学生
13:47.700 13:51.110 みんな女なのは 何か理由があるのかしら
13:47.700 13:51.110 全部都是女生借走的话 应该是有什么原因吧
13:51.220 13:52.670 なんとも言えんな
13:51.220 13:52.670 说不清楚呢
13:53.050 13:55.250 全校から無作為に五人選んで
13:53.050 13:55.250 从全校随机抽五个人
13:55.470 13:58.320 それが全員女である可能性は十分ある
13:55.470 13:58.320 全都是女生的可能性也很高
13:58.530 14:01.890 それと 同性で群れるのも珍しいことじゃないよね
13:58.530 14:01.890 而且和同性聚在一起也不是件稀罕事
14:02.260 14:04.390 何かの合図ってのはどうだ?
14:02.260 14:04.390 会不会是有什么暗号呢?
14:04.800 14:07.700 たとえば 本を表にして返してあったら「可」
14:04.800 14:07.700 比如说  封面朝上还书就是「可」
14:08.030 14:09.580 裏なら「不可」とか
14:08.030 14:09.580 背面朝上还书就是「不可」之类的
14:10.840 14:13.630 表裏で合図ってのはないと思うわよ
14:10.840 14:13.630 我觉得并不是按照正反面来做暗号的
14:15.440 14:16.020 ほら
14:15.440 14:16.020 看
14:16.160 14:19.600 なるほど これじゃ表も裏もわからないね
14:16.160 14:19.600 原来如此 这样一来哪个是正反面都搞不清楚了呢
14:21.310 14:24.820 まあ 折木がいくら知恵を絞ってもそんなところよ
14:21.310 14:24.820 嘛 折木再怎么绞尽脑汁也就这点水平而已了
14:25.100 14:28.300 私と福ちゃんだって 散々考えたんだか…ら
14:25.100 14:28.300 我和小福都已经想了那么久了…
14:30.060 14:30.860 何?
14:30.060 14:30.860 怎么了?
14:31.610 14:33.230 何かにおいがします
14:31.610 14:33.230 有什么味道
14:33.660 14:34.330 そう?
14:33.660 14:34.330 是么
14:37.030 14:38.570 何もにおわないけど?
14:37.030 14:38.570 我什么都没闻到来着
14:38.610 14:40.010 いいえ 確かに
14:38.610 14:40.010 不对 的确有味道
14:40.790 14:43.720 何かの刺激臭です シンナーのような
14:40.790 14:43.720 是种像稀释剂之类的 刺激性味道
14:43.990 14:45.220 間違えありません
14:43.990 14:45.220 不会有错的
14:46.000 14:46.860 犬
14:46.000 14:46.860 狗…
14:47.530 14:52.410 まあ でも千反田さんがこうまで断言するなら 勘違いじゃなさそうだね
14:47.530 14:52.410 嘛 既然千反田同学都这么断言了 就应该不会错了呢
14:53.120 14:54.550 とすれば
14:53.120 14:54.550 这样说的话…
14:57.070 14:59.810 奉太郎 その顔は何かわかったね
14:57.070 14:59.810 奉太郎 看你表情应该是知道什么了吧
15:00.470 15:01.130 本当に?
15:00.470 15:01.130 真的吗
15:01.230 15:03.530 まあな 確定は出来んが
15:01.230 15:03.530 算是吧 虽然还不能确定
15:04.050 15:08.600 千反田 運動する気はないか 行ってほしいところがあるんだが
15:04.050 15:08.600 千反田 想运动下么 我有个地方想让你去
15:08.760 15:09.910 わかりました
15:08.760 15:09.910 好的
15:10.980 15:13.390 いや… 俺は行かずにお前だけで
15:10.980 15:13.390 啊不是…就你去 我不去的
15:14.010 15:16.070 私だけ? どうしてですか
15:14.010 15:16.070 就我一个人去?为什么呢
15:16.160 15:17.180 それは…
15:16.160 15:17.180 这是因为…
15:18.340 15:20.200 そのとおりだよ 千反田さん
15:18.340 15:20.200 就是说嘛 千反田同学
15:20.630 15:23.130 奉太郎に使われるなんて あっちゃいけない
15:20.630 15:23.130 不能被奉太郎随便使唤
15:23.570 15:26.460 奉太郎は使ってこそ 役に立つんだから
15:23.570 15:26.460 因为奉太郎就是被人使唤了才能派上用场
15:26.700 15:28.320 随分な言い草だな
15:26.700 15:28.320 说得真过分呢
15:28.470 15:32.230 いえ 私はどこかに行くなら一緒かと思っただけです
15:28.470 15:32.230 不是的 我只是觉得要去哪里的话那就大家一起去而已
15:32.450 15:33.940 おお なるほどね
15:32.450 15:33.940 哦 这样啊
15:34.110 15:36.440 では 行きましょうか 折木さん
15:34.110 15:36.440 那我们就走吧 折木同学
15:42.890 15:46.320 いらっしゃいませ ようこそ当店へ
15:42.890 15:46.320 欢迎光临本店
15:46.780 15:51.160 二つのコース料理をご用意しております どちらにいたしますか
15:46.780 15:51.160 为您准备了两份套餐料理 您想要哪一份呢
16:10.110 16:12.240 お勧めはこちらですよ
16:10.110 16:12.240 本店的招牌菜可是这边哦
16:19.370 16:20.390 折木さん?
16:19.370 16:20.390 折木同学?
16:21.660 16:22.750 わかったよ
16:21.660 16:22.750 我知道了啦
16:23.420 16:25.950 今日は雨で体育が潰れたからな
16:23.420 16:25.950 今天下雨体育课没上
16:26.280 16:28.950 可処分エネルギーはまだ残ってる
16:26.280 16:28.950 所以还有点残留的能用的能量
16:29.110 16:29.810 はい
16:29.110 16:29.810 太好了
16:30.180 16:33.210 どんだけ限られたエネルギーなのよ あんたは…
16:30.180 16:33.210 你限制的能量到底只有多少啊
16:33.600 16:35.890 ほっとけ じゃ 行くか
16:33.600 16:35.890 别管我 那我们走吧
16:35.950 16:36.690 はい
16:35.950 16:36.690 好的
16:37.140 16:39.490 待って 私も行く
16:37.140 16:39.490 等等 我也去
16:40.140 16:41.450 ちょっと気になるし
16:40.140 16:41.450 我有点在意
16:41.620 16:44.320 福ちゃん ちょっと留守番お願いね
16:41.620 16:44.320 小福 拜托你看着这里了
16:45.090 16:47.870 だって 図書当番放り出しておけないでしょう?
16:45.090 16:47.870 总不能扔下图书室值班工作不管吧
16:48.430 16:49.690 じゃあな 里志
16:48.430 16:49.690 那再见了啊 里志
16:49.730 16:51.740 留守番 よろしく
16:49.730 16:51.740 拜托你值班了哈
16:53.620 16:56.350 それで 折木さん どこへ行くんですか
16:53.620 16:56.350 那折木同学 我们要去哪里啊
16:56.660 16:57.820 美術室だ
16:56.660 16:57.820 美术室
16:57.920 16:59.290 向こうの校舎ね
16:57.920 16:59.290 是对面的教学楼呢
16:59.450 17:02.800 そう 遠い だから行きたくなかったんだ
16:59.450 17:02.800 对 太远了所以我才不想去啊
17:02.960 17:05.480 あんた ほんっっとうに物臭ね
17:02.960 17:05.480 你啊 到底有多懒啊
17:05.530 17:06.700 そのに何が?
17:05.530 17:06.700 那里有什么?
17:07.100 17:08.750 その前に整理だ
17:07.100 17:08.750 在此之前先整理下思路
17:09.250 17:10.850 あの本の使い道だが
17:09.250 17:10.850 关于这本书的使用方法
17:10.900 17:14.540 休み時間にあんなでかい物を使う女子はまずいないだろう
17:10.900 17:14.540 在休息时间不会有女生使用那么大的一本书吧
17:15.150 17:18.410 となれば 考えられるのは授業だ
17:15.150 17:18.410 这样的话 能想到的只有课上了
17:18.840 17:23.270 学年が同じでクラスが別の生徒が関係する授業といえば 何だ?
17:18.840 17:23.270 说起同学年不同班一起上课的科目 是什么?
17:23.470 17:26.010 体育か芸術科目ですね
17:23.470 17:26.010 比如体育或者艺术之类的
17:26.120 17:31.670 そう あの五人は毎週授業の前に当番を決めて借りに来てたんだ
17:26.120 17:31.670 对 那五个人是每周上课前决定由谁负责来借书的
17:32.120 17:34.390 毎週ってのがわからないわね
17:32.120 17:34.390 为什么每周来借书啊
17:34.800 17:37.000 貸し出し期間は二週間だから
17:34.800 17:37.000 明明可借期限是两周
17:37.090 17:41.410 あんなでかい本 持っておくより毎週返しておく方が楽だろ?
17:37.090 17:41.410 那么大的书与其带在身上 不如每周还回去比较轻松不是么
17:41.490 17:42.730 ああ そうね
17:41.490 17:42.730 啊 是呢
17:45.030 17:45.960 どうしたの?
17:45.030 17:45.960 怎么了
17:46.010 17:47.780 本と同じにおいがします
17:46.010 17:47.780 有和书上一样的味道
17:48.250 17:49.110 本当に?
17:48.250 17:49.110 真的?
17:49.270 17:50.910 中を見ればわかる
17:49.270 17:50.910 看看里面就知道了
17:54.450 17:56.300 本の使い道はあれだ
17:54.450 17:56.300 书的使用方法就是那个
17:56.800 18:00.070 二年D E F組の合同授業
17:56.800 18:00.070 二年级的DEF班的共同课
18:00.370 18:03.070 芸術科目美術課で製作された絵
18:00.370 18:03.070 艺术科美术课上画的画
18:03.340 18:06.200 あの想定なら 絵のモチーフにぴったりだ
18:03.340 18:06.200 那本书的装订刚好符合画的主题呢
18:07.340 18:09.590 絵の具のにおいだったんですね
18:07.340 18:09.590 原来这是颜料的味道啊
18:11.120 18:12.760 どうしてわかったの?
18:11.120 18:12.760 你怎么会知道的
18:12.950 18:14.330 どうしてって…
18:12.950 18:14.330 什么怎么会
18:16.490 18:19.520 ただのひらめき ただの運だろ
18:16.490 18:19.520 只是灵光一闪 运气好而已
18:23.080 18:24.710 いやあ 見事見事
18:23.080 18:24.710 呀 真精彩真精彩
18:25.330 18:29.190 さすがに絵のモチーフに使ったなんて 想像もつかなかったよ
18:25.330 18:29.190 居然是因为画的主题而使用的 真是想不到啊
18:29.550 18:31.420 なんであんなのがわかるの?
18:29.550 18:31.420 你为什么会知道的啊
18:31.680 18:33.020 折木 変
18:31.680 18:33.020 折木 怪人
18:33.230 18:36.800 何を言う 俺ほど平均的な人間はいない
18:33.230 18:36.800 你在说什么啊 哪里还找的出比我还正常的人啊
18:37.010 18:39.210 さて どうだろうね
18:37.010 18:39.210 谁知道呢
18:39.240 18:42.480 でも 本当に折木さんには驚かされました
18:39.240 18:42.480 但是 我真的被折木同学吓到了呢
18:42.740 18:45.850 折木さんの頭の中には私も興味あります
18:42.740 18:45.850 我对折木同学的大脑也非常感兴趣
18:45.980 18:46.790 興味が?
18:45.980 18:46.790 感兴趣?
18:46.880 18:51.190 ええ 一度切り開いて中を見てみたいくらいです
18:46.880 18:51.190 嗯 就是想把脑子切开了看一看之类的
18:52.660 18:54.630 たいした脳味噌じゃないぞ
18:52.660 18:54.630 没什么了不起的
18:55.000 18:57.840 学業優秀なお前が見ても 得るものはない
18:55.000 18:57.840 成绩优秀的你即使看到了也没什么好处
18:58.080 19:00.640 へえ 学業優秀なの
18:58.080 19:00.640 诶 成绩优秀啊
19:00.740 19:03.500 そうそう 中間テストはまだだけど
19:00.740 19:03.500 对对 虽然期中考试还没开始
19:03.590 19:06.360 きっと学年でもトップクラスの成績をとるよ
19:03.590 19:06.360 但是肯定会取得在全年级领先的成绩的
19:06.570 19:12.660 いえ いくら成績がとれても それはパーツの集合体にすぎません
19:06.570 19:12.660 不 不管成绩多好 那也只是零部件的集合体而已
19:13.250 19:18.300 私はそういうパーツではなく 思考を生み出すシステムが知りたいんです
19:13.250 19:18.300 我比起零部件 更想了解能够整体思考的思维系统
19:19.190 19:20.180 はあ…
19:19.190 19:20.180 哈…
19:20.370 19:25.940 というか こいつの嗅覚の方が俺にはよほど謎なんだが
19:20.370 19:25.940 比起这个 我倒觉得这家伙的嗅觉对我来说才是个谜团
19:26.300 19:28.900 折木さんなら もしかしたら
19:26.300 19:28.900 折木同学的话 也许可以
19:29.340 19:29.960 ん?
19:29.340 19:29.960 嗯?
19:30.000 19:32.880 あ いえ なんでも
19:30.000 19:32.880 啊 没 没什么
19:33.260 19:37.030 まあ とにかく なかなか面白い時間を過ごさせてもらったよ
19:33.260 19:37.030 总而言之 也算让我度过了一段很愉快的时光呢
19:37.200 19:38.290 千反田さんは?
19:37.200 19:38.290 千反田同学呢?
19:38.400 19:41.970 勿論楽しかったです 時間を短く感じました
19:38.400 19:41.970 当然非常开心 觉得时间过得好快
19:42.590 19:45.600 私は何時間かかってもわからなかったのに
19:42.590 19:45.600 我明明花了那么久的时间都没搞明白
19:46.200 19:48.080 悔しい
19:46.200 19:48.080 真不甘心
19:48.160 19:50.870 だから言ったじゃないか 時々役立つって
19:48.160 19:50.870 所以我不是说了嘛 偶尔会派上用场的
19:50.920 19:53.610 でも 折木に負けるのは納得いかない
19:50.920 19:53.610 但是输给折木这点 还是让我无法接受
19:53.720 19:55.530 やっぱり悔しい
19:53.720 19:55.530 果然还是不甘心
19:55.550 19:57.960 まあまあ 摩耶花 落ち着いて
19:55.550 19:57.960 算了算了 摩耶花 冷静点
19:56.330 19:59.790 違う ここが違う
19:56.330 19:59.790 不对 不该是这样的
20:00.450 20:02.990 こんな風に俺はならない
20:00.450 20:02.990 我没法变成像他们这样
20:04.090 20:06.780 何が違う 何が
20:04.090 20:06.780 有什么不对 是什么呢?
20:08.140 20:09.510 そうなんだよねえ
20:08.140 20:09.510 就是这样呢
20:09.830 20:13.390 極稀にひらめく一瞬の輝きか はたまた…
20:09.830 20:13.390 罕见的灵光一闪 一瞬间的光芒万丈 又或者是…
20:12.700 20:14.650 折木さん 帰っちゃだめです
20:12.700 20:14.650 折木同学 还不能回去
20:14.860 20:17.770 なんで? ああ 文集
20:14.860 20:17.770 为什么 啊 社刊
20:17.830 20:20.340 そうです 先生を待たないと
20:17.830 20:20.340 是的 要等老师回来才行
20:20.400 20:22.720 奉太郎って 時々抜けてるんだよね
20:20.400 20:22.720 奉太郎偶尔就会缺根筋呢
20:22.960 20:26.120 時々?過大評価じゃない~
20:22.960 20:26.120 偶尔?你这是在抬举他吧
20:26.860 20:30.460 伊原さん ご苦労さま もう帰っていいわよ
20:26.860 20:30.460 伊原同学 辛苦了 可以回去了哦
20:30.900 20:33.880 はい 戻ってたんですか 糸魚川先生
20:30.900 20:33.880 好的 您回来了啊 糸魚川老师
20:34.090 20:36.730 先生 古典部の福部里志です
20:34.090 20:36.730 老师 我是古籍研究社的福部里志
20:37.740 20:40.600 文集を作るためにバックナンバーを探しているんですが
20:37.740 20:40.600 我们为了制作社刊想来找下往期的社刊…
20:41.130 20:42.970 書庫を調べてもいいですか
20:41.130 20:42.970 能进书库找找吗
20:43.210 20:45.960 古典部 文集?
20:43.210 20:45.960 古籍社 社刊?
20:46.500 20:50.350 あなたたち 古典部なの そう
20:46.500 20:50.350 你们是古籍社的啊 这样啊
20:50.740 20:54.510 残念だけど 文集のバックナンバーは書庫にはないわ
20:50.740 20:54.510 很遗憾的是 书库里没有往期的社刊呢
20:54.960 20:56.460 見落としということは?
20:54.960 20:56.460 您有没有看漏呢
20:56.960 20:59.170 あったら さすがに覚えてるわ
20:56.960 20:59.170 如果有的话 我肯定会有印象的
20:59.730 21:01.450 じゃ 失礼するわね
20:59.730 21:01.450 那我就先告辞了
21:02.060 21:04.260 はあ… すいませんでした
21:02.060 21:04.260 噢 麻烦您了
21:09.920 21:11.610 だそうだよ 千反田さん
21:09.920 21:11.610 看来没有呢 千反田同学
21:12.090 21:13.690 これは困りました
21:12.090 21:13.690 这还真是让人困扰呢
21:14.020 21:15.550 そのうち見つかるさ
21:14.020 21:15.550 过些时间总会找到的
21:17.370 21:18.510 折木 どう?
21:17.370 21:18.510 折木 怎么样
21:18.720 21:21.700 問題解いて気分はすっきりってとこかしら
21:18.720 21:21.700 解开问题后心情很舒爽吧
21:22.170 21:23.070 別に
21:22.170 21:23.070 没什么
21:23.120 21:24.350 あっそ
21:23.120 21:24.350 啊 这样
21:24.450 21:26.630 仕方ありません 帰りましょう
21:24.450 21:26.630 那就没办法了 我们回去吧
21:27.160 21:29.220 今日は収穫もありましたし
21:27.160 21:29.220 反正今天也有收获了
21:29.370 21:30.480 なんだ? それ
21:29.370 21:30.480 你指什么?
21:30.950 21:33.000 いえ 一身上の都合です
21:30.950 21:33.000 没什么 是我的一些个人原因
21:33.050 21:34.390 またそれか
21:33.050 21:34.390 又是这个啊
21:35.420 21:39.530 そう 折木さんなら もしかしたら
21:35.420 21:39.530 对 折木同学的话 也许可以
21:48.510 21:50.170 はい 折木です
21:48.510 21:50.170 这里是折木家
21:50.320 21:52.840 もしもし 千 千反田です
21:50.320 21:52.840 喂 我…我是千反田
21:55.270 21:56.300 千反田?
21:55.270 21:56.300 千反田?
21:56.500 22:00.070 あの すみません もしかしてお休みでしたか
21:56.500 22:00.070 那个 不好意思 你不会是在休息吧
22:00.220 22:03.470 まあな 姉貴の電話かと思った
22:00.220 22:03.470 算是吧 我还以为是老姐的电话呢
22:06.100 22:08.610 で 日曜なんかにどうした?
22:06.100 22:08.610 那么 周日打给我是有什么事情
22:09.070 22:13.200 すみません できれば 今日お会いしたいんですけど
22:09.070 22:13.200 对不起 如果可以的话 今天想和你见一面
22:14.340 22:18.040 折木さんに折り入ってお話したいことがあるんです
22:14.340 22:18.040 我有重要的话想对折木同学说
22:29.110 22:30.160 遅い
22:29.110 22:30.160 慢死了
22:44.390 22:47.240 お呼びたてして すみません
22:44.390 22:47.240 把你叫出来 实在是不好意思
23:07.010 23:09.220 それで 何か用だったか
23:07.010 23:09.220 那么 到底是什么事?
23:09.430 23:10.190 はい?
23:09.430 23:10.190 啊?
23:10.340 23:13.810 何のためにこの店まで呼び出したのかって聞いてるんだ
23:10.340 23:13.810 我在问你为了什么事把我叫到这家店里来
23:17.030 23:20.200 このお店を指定したのは折木さんです
23:17.030 23:20.200 指定这家店的是折木同学来着…
23:21.340 23:22.210 帰る
23:21.340 23:22.210 我回去了
23:22.570 23:24.000 ま 待ってください
23:22.570 23:24.000 请…请等等
23:24.210 23:28.480 貴重な日曜日だぞ お前と漫才するために浪費など出来ん
23:24.210 23:28.480 这可是重要的周日啊 我可不想浪费在跟你开玩笑上
23:28.520 23:29.900 す すみません
23:28.520 23:29.900 对…对不起
23:31.730 23:34.160 私緊張してるんです
23:31.730 23:34.160 我很紧张
23:36.260 23:37.750 緊張ねえ
23:36.260 23:37.750 紧张啊
23:40.410 23:43.900 俺に告白でも… するつもりか
23:40.410 23:43.900 是要对我告白么
23:51.530 23:53.810 告白といえば そうかもしれません
23:51.530 23:53.810 这么说的话 也可以算是告白
24:04.140 24:10.810 今夜恋に変わる 幸せな夢で会おう
24:04.140 24:10.810 今夜坠入爱恋 相遇在那份甜蜜的梦境
24:10.890 24:14.800 きっと ねぇ見つけてね
24:10.890 24:14.800 一定 能够寻找到呢
24:14.870 24:20.080 まどろみの約束
24:14.870 24:20.080 那个沉睡着的约定
24:32.410 24:41.210 芽生えてた温もり 暖かくて戸惑う
24:32.410 24:41.210 点点萌芽的温暖 让我有些不知所措
24:43.240 24:52.250 こんな気持ちをまだ あなたは分からないよ
24:43.240 24:52.250 这份不安的心情 你还恍然不知呢
24:52.590 24:58.050 そんな視線には意味なんて 別にないはず
24:52.590 24:58.050 这样的眼神 并没有什么特殊含义
24:58.080 25:03.060 だって友達にしてるのと同じ
24:58.080 25:03.060 因为跟朋友的眼神是一样的啊
25:03.490 25:09.170 明け方に消えてく 小さな願星
25:03.490 25:09.170 小小的许愿星 消失在黎明前夕
25:09.210 25:14.120 夜の間だけの魔法を…
25:09.210 25:14.120 只属于夜间的魔法能让…
25:14.220 25:20.940 今夜恋に変わる 幸せな夢で会おう
25:14.220 25:20.940 今夜坠入爱恋 相遇在那份甜蜜的梦境
25:20.960 25:25.000 きっと ねぇ見つけてね
25:20.960 25:25.000 一定 能够寻找到呢
25:25.010 25:30.080 まどろみの約束
25:25.010 25:30.080 那个沉睡着的约定
25:34.920 25:38.250 次回 事情ある古典部の末裔
25:34.920 25:38.250 次回 另有隐情的古籍研究社之后裔