刀语 第02集 第二话 斩刀·钝

剧情介绍:   “你的虚刀流就这种程度吗?”(剑客VS无刀)无刀剑士-鑢七花和隐藏野心的奇策士-咎结伴一路向西。传说中的煅刀人——四季崎记纪炼成的12把宝刀,剩下11把又在谁的手上,在哪里。在充满爱和复仇的旅途上危机四伏。刀语,第二话的对手竟然是是因幡沙漠中那座下酷城孤高的城主——宇练银阁。
1/13Page Total 598 GoTo Page
Return to Episode List
动画字幕台词一览
刀语 第02集 第二话 斩刀·钝
00:08.040 00:10.000 虚刀流七代目当主
00:08.040 00:10.000 虚刀流第七代当家
00:10.230 00:11.450 鑢七花
00:10.230 00:11.450 鑢七花
00:12.420 00:18.090 尾張幕府家鳴将軍直轄預かり奉る所軍所総監督
00:12.420 00:18.090 尾张幕府家鸣将军家直辖预奉所军所总监督
00:18.290 00:19.650 奇策士とがめ
00:18.290 00:19.650 奇策士咎儿
00:20.590 00:23.560 四季崎記紀の完成形変体刀を追う
00:20.590 00:23.560 追寻着四季崎记纪的完成形变体刀
00:24.000 00:26.180 二人の旅が始まりました
00:24.000 00:26.180 两人踏上了旅途
00:29.210 00:34.360 天下のすべるほどの力を持つと言われるその十二本の刀
00:29.210 00:34.360 相传这十二把刀拥有统一天下的力量
00:35.160 00:39.330 真庭蝙蝠が所持していた絶刀鉋を手に入れた二人は
00:35.160 00:39.330 从真庭蝙蝠那里得到了绝刀·铇的两人
00:39.790 00:41.200 旅支度のために
00:39.790 00:41.200 为了整顿行装
00:41.300 00:45.350 まず 今日の町を訪れたのでございます
00:41.300 00:45.350 首先 到访了一个小镇
00:45.790 00:46.770 わー
00:45.790 00:46.770 哇
00:47.160 00:49.420 見慣れない光景に驚いたか
00:47.160 00:49.420 看到没见过的景象 惊呆了吗
00:49.580 00:51.980 ああ 人間だらけだな
00:49.580 00:51.980 嗯 全是人啊
00:52.480 00:54.740 こんなに多いと区別できない
00:52.480 00:54.740 这么多人的话都无法区分了啊
00:54.850 00:56.580 区別などせんでもよい
00:54.850 00:56.580 不用一一区分也没关系
00:56.580 00:57.550 そうなのか
00:56.580 00:57.550 是吗
00:57.640 00:58.350 そうだ
00:57.640 00:58.350 是的
00:58.650 01:01.660 一々目に付く人間をすべて気にしていたら
00:58.650 01:01.660 把看到的人一一记住的话
01:01.830 01:03.470 頭が変になるぞ
01:01.830 01:03.470 脑袋会变得不正常哦
01:03.550 01:05.570 俺はすでにおかしくなりそうだよ
01:03.550 01:05.570 我已经变得很不正常了
01:05.660 01:06.320 とがめ
01:05.660 01:06.320 咎儿
01:06.630 01:08.430 こら 私はこっちだ
01:06.630 01:08.430 喂 我在这里啦
01:08.680 01:11.760 おお 同じような背丈だといよいよ分からん
01:08.680 01:11.760 噢 同样身高的话就更搞不清了
01:11.950 01:13.930 酷いにもほどがあるな
01:11.950 01:13.930 过分也有个限度吧
01:14.070 01:14.520 あの
01:14.070 01:14.520 那个
01:14.530 01:15.100 何
01:14.530 01:15.100 什么
01:15.170 01:16.770 あなた寒くないんですか
01:15.170 01:16.770 你不冷吗
01:20.530 01:21.190 いや
01:20.530 01:21.190 不冷
01:21.970 01:23.820 ああ こいつのことは気にするな
01:21.970 01:23.820 别在意这家伙
01:24.050 01:26.370 熊か何かの仲間だと思ってくれ
01:24.050 01:26.370 就把他当做是熊或者是熊的伙伴之类的好了
01:26.520 01:27.820 は はあ
01:26.520 01:27.820 唉 好
01:29.650 01:31.060 なんか変なのか
01:29.650 01:31.060 有什么好奇怪的吗
01:31.400 01:32.960 何が変と言えば
01:31.400 01:32.960 要说有什么奇怪的话
01:33.130 01:36.120 そなたの何もかもがと言わなければならないが
01:33.130 01:36.120 只能说你全身上下都很奇怪
01:37.210 01:39.880 確かにそんな格好ではな
01:37.210 01:39.880 这样的打扮确实有点糟啊
01:41.040 01:42.270 どれもいやだ
01:41.040 01:42.270 哪个都不要
01:42.460 01:44.710 人の好意を無にするやつだな
01:42.460 01:44.710 真是喜欢无视他人好意的家伙啊
01:44.940 01:47.580 そもそもこんなものは俺に必要ない
01:44.940 01:47.580 我本来就不需要这种东西
01:47.790 01:48.850 動きにくくなる
01:47.790 01:48.850 行动不便
01:49.120 01:50.750 それ以前に裸だと
01:49.120 01:50.750 要是跟之前一样裸体的话
01:50.920 01:53.280 さっきのような奇異な目で見られるのだ
01:50.920 01:53.280 就会招来像刚才那样的奇怪的目光
01:53.360 01:54.810 俺は別にかまわん
01:53.360 01:54.810 我无所谓
01:54.910 01:56.220 私が困る
01:54.910 01:56.220 我会伤脑筋的
01:56.440 01:57.900 冬の寒空の下に
01:56.440 01:57.900 大冬天的
01:58.060 02:00.240 裸の若い男を連れ歩く
01:58.060 02:00.240 在户外带着一名年轻的裸体男的女人
02:00.430 02:02.840 そんな女を人はどう思うだろうか
02:00.430 02:02.840 大家会怎么想呢
02:02.980 02:04.170 どう思うんだ
02:02.980 02:04.170 怎么想
02:04.300 02:06.380 異常な性癖の持ち主として
02:04.300 02:06.380 被视为有着异常癖好的女人
02:06.530 02:08.820 私は行く先々で迫害を受け
02:06.530 02:08.820 我在走到目的地之前就会遭到迫害
02:08.960 02:11.010 石粒をぶっつけられるだろうな
02:08.960 02:11.010 被乱石打死
02:11.120 02:12.540 それは困るな
02:11.120 02:12.540 那真伤脑筋啊
02:13.130 02:15.140 そう思うなら着物を着ろ
02:13.130 02:15.140 要是为我着想的话就穿上衣服
02:15.440 02:18.120 本土ってのは色々面倒なんだな
02:15.440 02:18.120 本土真是麻烦啊
02:18.210 02:20.620 そういう柵の中で皆生きておる
02:18.210 02:20.620 大家都在这种市井生活着
02:20.890 02:22.680 お決まりに成られましたか
02:20.890 02:22.680 您决定要买哪件衣服了吗
02:22.830 02:26.010 うむ これとこれとそれとあれとあれをくれ
02:22.830 02:26.010 嗯 我要这件和这件和那件和那件和那件
02:26.100 02:27.300 わー そんなに
02:26.100 02:27.300 哇 这么多啊
02:27.380 02:29.130 俺はそんなに要らないぞ
02:27.380 02:29.130 我可不需要那么多
02:29.750 02:30.950 私のだ
02:29.750 02:30.950 那是我的
02:31.790 02:34.390 あんた服だったらもうたくさん着ているだろう
02:31.790 02:34.390 你的衣服已经很多了吧
02:34.510 02:36.640 女子のお洒落心を分かれ
02:34.510 02:36.640 你要理解女性的爱美之心
02:36.740 02:38.100 わかんねえなあ
02:36.740 02:38.100 搞不懂你啊
02:38.210 02:40.040 分からんのはそなただ
02:38.210 02:40.040 我才搞不懂你
02:40.320 02:41.850 何だ その着こなしは
02:40.320 02:41.850 你这身打扮算什么
02:41.980 02:43.780 裸じゃないからいいだろう
02:41.980 02:43.780 不是裸体就行了吧
02:43.890 02:45.720 斬新といえば斬新で
02:43.890 02:45.720 新颖是新颖
02:45.990 02:49.650 この冬一番の挑戦的なお洒落といえるかも知れんが
02:45.990 02:49.650 也许可能会成为今冬最时髦的打扮
02:49.860 02:51.640 あたしは好きではないなあ
02:49.860 02:51.640 不过我不喜欢
02:52.270 02:53.760 好きとか嫌いとか
02:52.270 02:53.760 什么喜欢不喜欢的
02:53.890 02:55.480 それこそよく分からねえ
02:53.890 02:55.480 所以我才搞不懂呢
02:59.720 03:00.530 何
02:59.720 03:00.530 什么
03:00.660 03:03.620 ああ こういう輩が偶にいるのだ
03:00.660 03:03.620 啊 偶尔也会有这种小贼出现
03:04.180 03:05.110 どうすればいい
03:04.180 03:05.110 那怎么办
03:05.390 03:06.610 私を守れ
03:05.390 03:06.610 保护我
03:07.020 03:07.840 了解
03:07.020 03:07.840 了解
03:08.100 03:09.610 俺はあんたを守ろう
03:08.100 03:09.610 我会保护你
03:10.020 03:12.670 きれいなおべべをきっちゃってなあ
03:10.020 03:12.670 真是漂亮的衣服
03:13.070 03:16.350 死にたくなければどうすればいいか分かるよなあ
03:13.070 03:16.350 不过 要是不想死的话明白该怎么做了吧
03:16.810 03:19.080 私は何も渡す気はないぞ
03:16.810 03:19.080 我什么都不会交给你的
03:20.810 03:23.450 それにお前たち死にたくなかったら
03:20.810 03:23.450 还有 你们要是不想死的话
03:23.480 03:24.830 刀は抜くな
03:23.480 03:24.830 就别拔刀
03:24.970 03:27.270 何言って
03:24.970 03:27.270 啊你说什么
03:29.680 03:31.800 だから刀を抜くなと
03:29.680 03:31.800 我都说了别拔刀
03:32.190 03:33.130 野郎
03:32.190 03:33.130 你这混蛋
03:38.370 03:42.200 剣筋がもう少し増しだったら お前たち死んでいたぞ
03:38.370 03:42.200 要是剑筋再增加一点的话 你们早就死了
03:44.710 03:45.900 虚刀流奥義
03:44.710 03:45.900 虚刀流奥义
03:47.110 03:47.930 待って待って
03:47.110 03:47.930 等下 等下
03:48.160 03:50.240 なに止めを刺そうとしておるのだ
03:48.160 03:50.240 你还想来个最后一击吗
03:50.360 03:51.490 しては駄目なのか
03:50.360 03:51.490 不可以吗
03:51.570 03:52.620 しては駄目だ
03:51.570 03:52.620 不可以
03:52.800 03:54.480 それも本土の仕来りか
03:52.800 03:54.480 这也是本土的规定吗
03:54.760 03:56.610 人間としての常識だ
03:54.760 03:56.610 这是作为人的常识
03:56.890 03:57.970 悪人と言えと
03:56.890 03:57.970 就算是坏人
03:58.060 04:01.210 問答無用に皆殺しにしてよいと言うわけではない
03:58.060 04:01.210 也不能不分青红皂白赶尽杀绝
04:04.290 04:05.330 よかったな
04:04.290 04:05.330 你们真幸运呢
04:05.650 04:08.640 私が止めなければ本当に殺されていたぞ
04:05.650 04:08.640 我要是不阻止的话你们真的要被杀了哦
04:09.460 04:10.550 面倒だ
04:09.460 04:10.550 真麻烦
04:11.230 04:14.860 人を知らぬ男と心をなくした女
04:11.230 04:14.860 不谙世故的男人和失去心灵的女人
04:15.490 04:18.370 前途多難な旅の幕開けてした
04:15.490 04:18.370 前途多难的旅程拉开了帷幕
05:44.830 05:55.080 本字幕仅供交流试看之用,如果您喜欢本作品,请支持正版。 若因私自散布传播造成法律及相关一切问题,诸神字幕组概不负责。
05:44.830 05:55.080 本字幕仅供交流试看之用,如果您喜欢本作品,请支持正版。 若因私自散布传播造成法律及相关一切问题,诸神字幕组概不负责。
05:44.830 05:55.080 刀语四人组:苏 小T 我不是团子 卓凝 中文字幕提供:异域字幕组 特效:拜腐教教主&长老JQ合作 压制&分流:娃娃
05:44.830 05:55.080 刀语四人组:苏 小T 我不是团子 卓凝 中文字幕提供:异域字幕组 特效:拜腐教教主&长老JQ合作 压制&分流:娃娃
05:55.300 05:58.490 四季崎記紀の変体刀を求める旅も
05:55.300 05:58.490 为了寻求四季崎记纪的变体刀而展开的旅程
05:58.660 06:00.140 あれから一ヶ月
05:58.660 06:00.140 已经过了一个月
06:00.590 06:02.170 二本目の刀を求め
06:00.590 06:02.170 为了追寻第二把刀
06:02.340 06:03.620 とがめと七花は
06:02.340 06:03.620 咎儿和七花
06:03.980 06:06.000 因幡を目指しておりました
06:03.980 06:06.000 向着目的地因幡前进着
06:07.630 06:09.290 あまり強くするな
06:07.630 06:09.290 不要太用力了
06:10.480 06:11.730 加減が分からん
06:10.480 06:11.730 我不懂控制力度
06:18.320 06:21.470 なあ これまだ続けなきゃならないのか
06:18.320 06:21.470 呐 这个还得继续吗
06:21.600 06:25.080 そなたが私をしっかと認識できるようになるまでだ
06:21.600 06:25.080 直到你能好好认出我为止
06:26.120 06:30.280 いつまでも他人の判別がつかないびっくり人間のままでは困る
06:26.120 06:30.280 这种总是分不清谁是谁到 让人吃惊的状态会很伤脑筋的
06:30.520 06:31.420 確かに
06:30.520 06:31.420 确实
06:32.320 06:34.180 茶目気で声をかけた際に
06:32.320 06:34.180 要是我闹着玩地叫叫你的时候
06:34.310 06:37.070 刺客と間違えれて殺されて叶わんからな
06:34.310 06:37.070 你把我当成刺客杀了就郁闷了
06:37.720 06:38.800 それはそうだ
06:37.720 06:38.800 那倒也是
06:39.150 06:43.720 だからこうして俺はしっかとお前の色や匂いを覚えようとしている
06:39.150 06:43.720 所以我才要这样好好记住你的发色和气味
06:43.840 06:45.890 ばか 噛むのは無しだぞ
06:43.840 06:45.890 笨蛋 不能咬哦
06:46.040 06:47.520 噛んだら痛むからな
06:46.040 06:47.520 咬的话会疼的
06:47.790 06:48.710 舐めるのは
06:47.790 06:48.710 那舔呢
06:48.810 06:49.830 舐めるのはいい
06:48.810 06:49.830 舔倒可以
06:50.140 06:51.970 むしろ舐めて味も覚えておけ
06:50.140 06:51.970 倒不如说舔的话就能记住我的气味
06:52.290 06:54.370 けれど あんまり身をよじるな
06:52.290 06:54.370 可是 也不要动得太厉害
06:54.620 06:56.320 頭皮が引っ張られるのは痛い
06:54.620 06:56.320 头皮被拽疼了
06:56.510 06:57.520 そうりゃそうだ
06:56.510 06:57.520 那当然
06:59.650 07:01.790 教育とは滑稽なものだ
06:59.650 07:01.790 教育是多么滑稽的事啊
07:02.590 07:03.770 それはともかく
07:02.590 07:03.770 先不说那个
07:04.060 07:05.330 明日は因幡だ
07:04.060 07:05.330 明天就要到因幡了
07:06.280 07:08.180 おお 因幡の ええと
07:06.280 07:08.180 因幡的
07:08.960 07:09.810 何だっけ
07:08.960 07:09.810 什么来着
07:10.560 07:11.750 下酷城
07:10.560 07:11.750 下酷城
07:12.230 07:14.760 収集対象は斬刀鈍だ
07:12.230 07:14.760 征缴对象是斩刀·钝
07:14.980 07:16.650 弱そうな名前だなあ
07:14.980 07:16.650 听上去很容易断的名字啊
07:16.790 07:18.880 それは四季崎なりの皮肉だ
07:16.790 07:18.880 那是四季崎的讽刺
07:19.180 07:22.440 この斬刀は比類なき切れ味が特性だ
07:19.180 07:22.440 这把斩刀的特性是无可比拟的锋利
07:22.820 07:23.900 どんなものでも
07:22.820 07:23.900 据说 不管是什么东西
07:24.070 07:27.260 抵抗なく一刀両断してしまうらしいぞ
07:24.070 07:27.260 都能不遇阻碍的一刀两断
07:27.400 07:28.590 ん
07:27.400 07:28.590 嗯
07:29.720 07:30.460 そうすると
07:29.720 07:30.460 这么说
07:30.560 07:34.940 その斬刀で頑丈な絶刀を斬ろうとした場合 どうなるんだ
07:30.560 07:34.940 如果用这把斩刀砍向那把绝刀的话 会怎样呢
07:35.210 07:36.990 試してみんと分からんが
07:35.210 07:36.990 不试一下是不知道的
07:37.390 07:41.930 おそらくは完成度の低いほうが矛盾なく負けることになるのだろう
07:37.390 07:41.930 恐怕 完成度较低的一方 会毫无疑问的败北吧
07:42.360 07:45.410 作られたのは斬刀のほうが後になるはずだから
07:42.360 07:45.410 斩刀是在后面被打造的
07:45.750 07:47.970 絶刀が斬られるのかもしれん
07:45.750 07:47.970 也许绝刀会被砍断
07:49.120 07:51.860 二本目に鈍を選んだのには理由がある
07:49.120 07:51.860 选择「钝」作为第二把进行收缴的刀 是有原因的
07:52.000 07:52.660 ん
07:52.000 07:52.660 嗯
07:52.860 07:54.610 今回の相手は剣士だ
07:52.860 07:54.610 这次的对手是剑士
07:55.020 07:57.270 剣士ならば忍者よりもやりやすい
07:55.020 07:57.270 剑士的话比忍者好打
07:57.680 08:01.040 宇練銀閣という浪人ということになるのかな
07:57.680 08:01.040 说这个叫宇练银阁的浪人呢
08:01.550 08:03.500 それともあるいは城主なのか
08:01.550 08:03.500 还是说是城主呢
08:03.790 08:04.520 は
08:03.790 08:04.520 啊
08:05.000 08:09.540 かつて、旧将軍が刀借り令を出した段階での所有者は
08:05.000 08:09.540 旧将军颁布了刀猎令时 斩刀的所有人是
08:09.920 08:13.310 鳥取藩主に仕えた武士 宇練金閣
08:09.920 08:13.310 侍奉于鸟取藩藩主的一名武士 宇练金阁
08:13.730 08:15.530 武士としてあるまじきことだが
08:13.730 08:15.530 虽说对于武士 这是不可原谅的事
08:15.840 08:18.290 金閣は斬刀の提出を拒んだ
08:15.840 08:18.290 金阁拒绝了上交斩刀
08:18.700 08:21.300 飽くまでも 「我のものなり」と
08:18.700 08:21.300 直到最后 他都说「这是我的东西」
08:23.130 08:26.820 その際 斬刀で撃退した旧将軍で兵団は
08:23.130 08:26.820 据说他用斩刀击退的旧将军的兵团人数
08:27.150 08:29.130 合わせて一万を超えたという
08:27.150 08:29.130 加起来超过了一万人
08:29.340 08:30.330 一万
08:29.340 08:30.330 一万
08:30.500 08:35.720 現所有者 宇練銀閣は十代目の子孫にあたると聞いている
08:30.500 08:35.720 听说现在的所有者 宇练银阁是第十代的子孙
08:35.860 08:37.190 ふふふふー
08:35.860 08:37.190 哼哼哼哼
08:37.480 08:42.480 よどけた話いしがずはものてるいはらかますふ々堂とが者忍
08:37.480 08:42.480 忍者が堂々とふすまから入るってのもはずかしい話だけどよ
08:37.480 08:42.480 了人死丢真来进走门拉从者忍个一让
08:37.480 08:42.480 让一个忍者从拉门走进来真丢死人了
08:42.480 08:45.480 かえねたかしはいあばのこ あま
08:42.480 08:45.480 まあ この場合は仕方ねえか
08:42.480 08:45.480 法办有没也下况情种这 算了
08:42.480 08:45.480 算了 这种情况下也没有办法了
08:45.480 08:48.770 ぜうらもてせらのな だぎさらしわにま
08:45.480 08:48.770 真庭白鷺だ 名乗らせてもらうぜ
08:45.480 08:48.770 门家报自我许允请 鹭白庭真叫我
08:45.480 08:48.770 请允许我自报家门 我叫真庭白鹭
08:49.150 08:52.470 りとひがうよりうとにうゆじんぐんにわにまはれお
08:49.150 08:52.470 俺は真庭忍軍十二頭領が一人
08:49.150 08:52.470 一之领头二十军忍庭真
08:49.150 08:52.470 真庭忍军二十头领之一
08:52.800 08:57.470 などけだんーつっぎさらしのりべやしさかさうよしうつ
08:52.800 08:57.470 通称「逆さ喋りの白鷺つーんだけどな」
08:52.800 08:57.470 我是就的说「鹭白之说倒」称人
08:52.800 08:57.470 人称「倒说之白鹭」说的就是我
08:58.530 08:59.940 ふふふふー
08:58.530 08:59.940 哼哼哼哼
09:00.240 09:06.440 鈍刀斬なたかいしろそっおのみ込れ触いといなはのもいなきで断両刀一
09:00.240 09:06.440 一刀両断できないものはないという触れ込みのおっそろしい刀斬刀鈍
09:00.240 09:06.440 钝·刀斩 刀之怖恐的断两刀一能不物无 称号
09:00.240 09:06.440 号称 无物不能一刀两断的恐怖之刀 刀斩·钝
09:06.580 09:07.730 よれく れそ
09:06.580 09:07.730 それ くれよ
09:06.580 09:07.730 吗我给交它把能
09:06.580 09:07.730 能把它叫给我吗
09:08.230 09:10.240 かえねやじうまちっなくしびさ
09:08.230 09:10.240 寂しくなっちまうじゃねえか
09:08.230 09:10.240 了寞寂得觉都我
09:08.230 09:10.240 我都觉得寂寞了
09:10.350 09:12.650 よえねやじんすとかし いおいお
09:10.350 09:12.650 おいおい しかとすんじゃねえよ
09:10.350 09:12.650 呀我视无要不 喂喂
09:10.350 09:12.650 喂喂 不要无视我呀
09:12.820 09:16.220 かのいたみをうぽんにのれおになんそ たんあもとれそ
09:12.820 09:16.220 それともあんた そんなに俺の忍法をみたいのか
09:12.820 09:16.220 吗识见想么那你说是还
09:12.820 09:16.220 还是说你那么想见识吗
09:16.280 09:22.030 ぜだんえねやじんもるれみになんそはし探鱗逆法忍の鷺白庭真
09:16.280 09:22.030 真庭白鷺の忍法逆鱗探しはそんなに見れるもんじゃねえんだぜ
09:16.280 09:22.030 哦多不可会机的探鳞逆法忍的鹭白庭真识见能
09:16.280 09:22.030 能见识真庭白鹭的忍法逆鳞探的机会可不多哦
09:22.400 09:23.870 えねたっいま
09:22.400 09:23.870 参ったねえ
09:22.400 09:23.870 了你给败
09:22.400 09:23.870 败给你了
09:24.480 09:25.480 ん
09:24.480 09:25.480 嗯
09:25.710 09:30.180 ひょっとして あんたの忍法逆鱗探しとは
09:25.710 09:30.180 你那个叫忍法逆鳞探的招数
09:30.550 09:35.720 一刀両断されてもなお喋り続けることができるという技なのか
09:30.550 09:35.720 在被一刀两断后还能继续说下去吗
09:37.710 09:40.660 わあーい いつの間に 銀 銀閣
09:37.710 09:40.660 啊 什么时候 银阁
09:43.300 09:45.360 秘剣 零閃
09:43.300 09:45.360 秘剑·零闪
09:47.040 09:49.380 ああ 畳が汚れちまったな
09:47.040 09:49.380 榻榻米被弄脏了
09:55.160 09:57.490 実は俺親父に聞いていてさ
09:55.160 09:57.490 其实我听父亲说过
09:58.240 10:00.320 密かに楽しみにしていたんだが
09:58.240 10:00.320 心里有点期待的
10:01.340 10:04.660 ああ そなたが聞いていた因幡の風景は以前のものだ
10:01.340 10:04.660 你听说的因幡的风景是以前的
10:05.010 10:05.490 あ
10:05.010 10:05.490 啊
10:05.910 10:09.760 因幡砂漠は五年ほど前から拡大の一途を辿ってな
10:05.910 10:09.760 因幡沙漠大约从五年前就不断扩大
10:10.100 10:12.020 鳥取藩全土を呑み込んだ
10:10.100 10:12.020 现在已经吞噬了因幡全境
10:12.390 10:14.760 今や因幡は人の住めぬ地だ
10:12.390 10:14.760 这里已成了无人能住的荒野
10:15.460 10:19.450 その宇練銀閣ってのはこんなところで何をやってるんだ
10:15.460 10:19.450 那个叫宇练银阁的人在这里干什么呢
10:19.520 10:21.770 言ったであろう 城主であると
10:19.520 10:21.770 我说过吧 他是城主
10:21.910 10:23.440 そいつが分からねえ
10:21.910 10:23.440 就是这里我不懂
10:23.720 10:27.700 こんな人の住めないところで殿様をやっていても仕方がないだろうに
10:23.720 10:27.700 在这种无人居住的地方当城主有什么用
10:27.990 10:32.020 そう思って幕府からの遣いの者が何度も訪ねたのだがな
10:27.990 10:32.020 抱着如此想法的幕府使者 几次三番来到此地
10:32.720 10:34.970 誰一人として戻らなかった
10:32.720 10:34.970 没有一个人回去
10:35.080 10:36.650 切り捨てごめんね
10:35.080 10:36.650 被砍成两半之后扔掉了吧 杯具
10:37.310 10:40.310 四季崎の刀の毒にやられておるのか
10:37.310 10:40.310 是被四季崎的刀毒侵蚀了呢
10:40.690 10:43.020 はたまた別に理由があるのか
10:40.690 10:43.020 还是有别的理由呢
10:43.260 10:45.110 何も分かっていないってこと
10:43.260 10:45.110 也就是说你什么都不知道
10:45.350 10:47.850 あんた頭脳労働専門だって言ってたよな
10:45.350 10:47.850 你不是专门从事脑力劳动的吗
10:48.630 10:52.330 あれもこれも奇策のうちだ そなたは詮索せんでもよい
10:48.630 10:52.330 这些都是奇策之中的事 你不用担心
10:52.670 10:57.360 ああ そうだ それはそれとしてそろそろ口癖を考えなければなあ
10:52.670 10:57.360 啊 对了 差不多该想想口头禅了
10:57.540 10:59.030 はあ 口癖
10:57.540 10:59.030 啊 口头禅
10:59.150 10:59.780 そうだ
10:59.150 10:59.780 没错
10:59.990 11:00.620 誰の
10:59.990 11:00.620 谁的
11:00.630 11:01.540 そなたのだ
11:00.630 11:01.540 你的
11:02.210 11:03.010 はあ
11:02.210 11:03.010 哈
11:03.720 11:08.420 先月のなあ そなたの活躍ぶりをとりあえず文字にしてみたのだ
11:03.720 11:08.420 我把你上个月的大显身手写成了文字
11:08.660 11:11.050 ああ 報告書って奴な
11:08.660 11:11.050 啊 就是那个什么报告书吧
11:11.340 11:13.410 そうそう あんたの言うとおり
11:11.340 11:13.410 对了对了 正如你期待的那样
11:13.600 11:16.510 俺はあの忍者野郎を派手に遣っ付けたんだ
11:13.600 11:16.510 我华丽地打败了那个混蛋忍者
11:17.200 11:18.420 それなのだが
11:17.200 11:18.420 至于这个
11:18.660 11:21.630 そなたがどれほど派手に真庭を遣っ付けたのかは
11:18.660 11:21.630 你到底有多华丽地打败了真庭蝙蝠这一点
11:21.840 11:24.470 直に見たわけではないから 書けなかった
11:21.840 11:24.470 因为我没有亲眼看到 所以写不出来
11:24.620 11:27.790 は せっかくあんたの言うとおりにしたってんのに
11:24.620 11:27.790 啊 我还特意按你说的去做的呢
11:27.970 11:29.320 仕方なかろうが
11:27.970 11:29.320 那也没办法
11:29.530 11:31.420 見ていないものは書きようがない
11:29.530 11:31.420 没看过的就是没法写嘛
11:31.840 11:34.870 しかしまあ それはあまり大した問題ではない
11:31.840 11:34.870 不过 这也不是什么大问题
11:35.220 11:36.990 また機会もあるだろうしな
11:35.220 11:36.990 以后还会有机会的
11:37.750 11:38.950 それよりも 七花
11:37.750 11:38.950 比起这个七花
11:39.200 11:41.490 鉋収集の模様を書いているうちに
11:39.200 11:41.490 在写「铇」的征缴过程的时候
11:41.650 11:44.120 私は一つ大事なことに気づいたのだ
11:41.650 11:44.120 我注意到了一件重要的事
11:44.530 11:46.660 へえ 大事なことって
11:44.530 11:46.660 哦 什么重要的事
11:46.670 11:48.240 そなたは個性が弱い
11:46.670 11:48.240 你的个性太弱了
11:49.660 11:52.430 と流れのまま一応驚いてみたが
11:49.660 11:52.430 虽然顺势惊讶了一下
11:52.630 11:54.180 それが何の問題だ
11:52.630 11:54.180 这有什么问题
11:54.360 11:56.400 甘いぞ 素人か
11:54.360 11:56.400 太天真了 你是新手吗
11:56.550 11:58.470 剣法以外は素人だよ
11:56.550 11:58.470 除了剑法以外都是新手
11:58.660 12:01.550 そういう自分本位では治ることいかんな
11:58.660 12:01.550 你这种自私的想法真是不治不行啊
12:02.660 12:04.710 どうも報告書を書いていると
12:02.660 12:04.710 不管在报告书上怎么写
12:04.870 12:08.860 そなたよりもあの忍者 真庭蝙蝠のほうが目立ってしまうのだ
12:04.870 12:08.860 那个忍者真庭蝙蝠总会变得比你更显眼
12:09.030 12:11.560 推敲しても推敲しても結果は同じだ
12:09.030 12:11.560 不管如何推敲结果总是一样
12:11.770 12:15.320 ついぞ蝙蝠よりもそなたを目立たせることはできなかったのだ
12:11.770 12:15.320 还是没能让你比蝙蝠变得更显眼
12:15.460 12:16.840 いや ちょっと待って
12:15.460 12:16.840 不 等等
12:16.940 12:20.040 最終的に清書上で自分で読み返してみても
12:16.940 12:20.040 写完后 自己回过头来读读看
12:20.600 12:24.960 そなたのことは上半身裸のバかという印象しか残らなかった
12:20.600 12:24.960 也对你只留下上半身赤裸的白痴的印象
12:25.060 12:26.930 だから待ってよ とがめさん
12:25.060 12:26.930 都说了等等啊 咎儿小姐
12:27.280 12:28.120 あんなよ
12:27.280 12:28.120 那个啊
12:28.380 12:31.090 口から刀を取り出すような奴は相手に
12:28.380 12:31.090 对手是能从嘴巴里掏出刀的那种家伙啊
12:31.220 12:33.390 個性で勝てるわけがないだろうが
12:31.220 12:33.390 怎么可能在个性上得胜呢
12:33.760 12:36.740 戦闘では俺の勝ちだったんだからかまわないだろう
12:33.760 12:36.740 而且战斗可是我的胜利 没什么关系吧
12:36.820 12:39.690 それはもちろん戦闘で負けてもらっては困るが
12:36.820 12:39.690 那当然 你不能在战斗上输给对手
12:39.830 12:41.890 個性でも負けてもらっては困る
12:39.830 12:41.890 但也不能在个性上输掉
12:42.770 12:45.630 そなたの人間性にはいまいち花がないのだ
12:42.770 12:45.630 你这个人在性格上 一点都不花哨
12:45.770 12:47.650 あんたに気遣いはねのか
12:45.770 12:47.650 你就不能编点东西嘛
12:47.740 12:50.870 気遣いで読者を取り込みするような報告書が書けるか
12:47.740 12:50.870 我怎么可能写编来骗读者的报告书
12:50.980 12:53.690 こいつはいったい何と戦っているのだろう
12:50.980 12:53.690 这家伙到底在和什么战斗啊
12:54.150 12:58.960 たとえば蝙蝠に限らず もっと強い個性を持つ忍びもいるのだぞ
12:54.150 12:58.960 比如说 不仅是蝙蝠 还有个性更强的忍者
12:59.100 13:00.840 私が知っている中でも
12:59.100 13:00.840 在我所知的范围里
13:01.050 13:05.000 そうだな 逆さ喋りの白鷺という忍者がいて
13:01.050 13:05.000 对了 有个叫「倒说之白鹭」的忍者
13:05.180 13:08.370 そいつはなんと常に逆さ向きに喋るのだ
13:05.180 13:08.370 这家伙竟然总倒过来说话
13:08.630 13:10.520 それにどういう意味があるんだ
13:08.630 13:10.520 这有什么意义
13:10.660 13:13.600 没個性にならぬよう一生懸命なのだ
13:10.660 13:13.600 为了维持个性而拼命
13:14.520 13:19.140 忍者でそんなことも考えなくちゃならないのか 庭庭にって奴は
13:14.520 13:19.140 忍者连这个都要考虑啊 庭庭的忍者
13:19.240 13:20.100 庭庭に
13:19.240 13:20.100 庭庭
13:20.330 13:22.090 ああ 略したのか
13:20.330 13:22.090 啊 是简称啊
13:22.260 13:24.680 真庭忍軍なんて言いにくいからなあ
13:22.260 13:24.680 真庭忍军太难读了啦
13:24.970 13:26.420 いつか舌を噛んじまう
13:24.970 13:26.420 总有一天会咬到舌头的
13:27.520 13:28.940 庭庭にか
13:27.520 13:28.940 庭庭啊
13:29.120 13:29.900 変か
13:29.120 13:29.900 很奇怪吗
13:30.000 13:32.640 いいな それ 可愛いぞ 採用だ
13:30.000 13:32.640 不错啊这个 很可爱哦 采用了
13:32.830 13:33.550 そうか
13:32.830 13:33.550 是吗
13:33.720 13:37.760 でかしたぞ 初めて冴えたことを言えたな うむうむ
13:33.720 13:37.760 做了件好事呢 终于说了句有亮点的话 嗯嗯
13:37.880 13:41.170 読者が親しみを思ってより世界観に引き込まれる
13:37.880 13:41.170 让读者有亲近感而被吸引
13:41.360 13:44.570 あんたの報告書って 大変なんだな
13:41.360 13:44.570 你的报告书 写的真辛苦啊
13:44.880 13:46.280 やっと分かったか
13:44.880 13:46.280 你终于明白了啊
13:47.250 13:50.910 まあ 確かにあそこの連中は個性の塊みたいな者だから
13:47.250 13:50.910 嘛 确实那里的人 就像是个性集团一样的东西
13:51.080 13:52.370 目指せというのも
13:51.080 13:52.370 要你把他们作为目标
13:52.530 13:55.980 最終的にあそこまでたどり着けというのも酷な話だ
13:52.530 13:55.980 或者最终达到那种境界 要求可能太高了
13:56.250 14:00.910 しかし七花 そうは言っても最低限の努力はしてもらわねばならぬ
13:56.250 14:00.910 但是七花 你必须要做出最低限度的努力
14:02.050 14:06.150 そういうわけで 差し当たってそなたの口癖を考えようというのだ
14:02.050 14:06.150 所以现在 要决定你的口头禅
14:06.280 14:08.740 考えて決めるようなことなのか それ
14:06.280 14:08.740 这是需要考虑以后决定的事吗
14:08.890 14:13.300 ああ こいつは普通じゃないんだなあと読者への印象が強くなる
14:08.890 14:13.300 啊 要让读者觉得这家伙不普通啊 加深他们的印象
14:13.490 14:16.300 俺は別に普通と思われてもいいんだけど
14:13.490 14:16.300 我是觉得被别人认为普通也没什么关系
14:16.400 14:18.050 わたしがそうはいかん
14:16.400 14:18.050 我可不同意
14:18.200 14:21.590 退屈で途中で読むのを止められてしまったらどうするのだ
14:18.200 14:21.590 要是因为无聊而读到一半 就被丢掉的话怎么办
14:21.970 14:25.390 報告書っておもしろく書かなくちゃならないのか
14:21.970 14:25.390 报告书一定要写的有趣吗
14:25.640 14:31.400 おおそうだ 例の天才剣士錆白兵の口癖もまあまあ格好良かったぞ
14:25.640 14:31.400 啊  对了 那个天才剑士锖白兵的口头禅也还算帅气
14:31.800 14:35.120 私を裏切った奴のことを褒めるのも癪に障るが
14:31.800 14:35.120 虽然要我夸背叛我的家伙让人不爽
14:35.550 14:38.420 それでも認めるべきところは認めねばなるまい
14:35.550 14:38.420 就算如此 该承认的还是要承认
14:38.940 14:40.900 参考までに聞こうか
14:38.940 14:40.900 作为参考就听听看吧
14:43.560 14:45.560 「拙者にときめいてもらうでござる」
14:43.560 14:45.560 请你对在下心醉吧
14:47.110 14:49.880 そんな口癖をつけられたら悲惨だ
14:47.110 14:49.880 如果要加上这种口头禅就太悲惨了
14:50.230 14:54.130 あそうだ ほら 俺がよく口にする言葉があったぜ
14:50.230 14:54.130 啊对了 我也有经常说出口的句子哦
14:54.230 14:54.800 ほお
14:54.230 14:54.800 哦
14:54.910 14:56.910 あのな 「面倒だ」ってやつ
14:54.910 14:56.910 就是「真麻烦啊」这句
14:57.040 14:57.850 「チェリオ」
14:57.040 14:57.850 切利哦
14:59.760 15:04.560 愚か者 そんなダルそうな言葉は個性として確立してどうする
14:59.760 15:04.560 蠢货 那种无力的话怎么能当成个性写啊
15:04.780 15:08.360 そんな動きのない登場人物を書く私の身にもなってみろう
15:04.780 15:08.360 想想要我去写有那种没动力的登场人物
15:08.760 15:12.160 途中で書くのをやめたくなってしまったらどうするのだ
15:08.760 15:12.160 万一我写到一半不想写下去了怎么办
15:12.570 15:13.280 そうか
15:12.570 15:13.280 是吗
15:13.370 15:15.400 そもそも刀を集めながら
15:13.370 15:15.400 再说 如果我描写你一边收集刀
15:15.570 15:18.890 「面倒だ 面倒だ」と言っている姿を描写したりしたら
15:15.570 15:18.890 一边说着「麻烦啊 麻烦啊」
15:19.050 15:21.890 まるでそなたがいやいや働いているようではないか
15:19.050 15:21.890 不就变得你好像很不情愿地工作似的了
15:21.900 15:23.350 のりのりで働けってか
15:21.900 15:23.350 你要我兴致勃勃地工作吗
15:23.410 15:24.400 そのとおりだ
15:23.410 15:24.400 没错
15:24.690 15:25.580 とにかく
15:24.690 15:25.580 总之
15:25.590 15:29.770 私がそなたを無理やり働かしているかのような形になることだけは
15:25.590 15:29.770 我强迫你劳动的印象
15:29.770 15:30.100 避けたい
15:30.190 15:32.230 あんたこそ自分本位だろう
15:30.190 15:32.230 你才是只想着自己吧
15:32.910 15:36.530 とは言ってもなあ そんな簡単に思いつかねえよ
15:32.910 15:36.530 不过这不是马上就能想到的东西吧
15:36.650 15:37.460 安心しろ
15:36.650 15:37.460 放心吧
15:37.740 15:41.080 そういうと思って私が予め考えておいてやった
15:37.740 15:41.080 我早就想到你会这样说了 所以事先想了一些
15:41.800 15:44.860 まあ そなたにも好みがあるだろうからなあ
15:41.800 15:44.860 哎 因为你也有喜好嘛
15:45.070 15:48.430 候補の中から採集的に選ぶのはそなたの権利だ
15:45.070 15:48.430 从候补中选择是你的权利
15:48.810 15:50.990 好きなものを選んでくれてかまわぬ
15:48.810 15:50.990 你可以选一个自己喜欢的
15:51.310 15:53.340 押し付けがましい権利だな
15:51.310 15:53.340 好像是强塞给我的权利啊
15:54.200 15:56.050 まあ 好きなのがあったらな
15:54.200 15:56.050 嘛 如果有我喜欢的话
15:56.240 15:57.840 ふむ 案ずるな
15:56.240 15:57.840 嗯 别担心
15:58.190 16:01.030 格好いい中でもお勧めの口癖を用意した
15:58.190 16:01.030 在帅气的口头禅里我也有一些强力推荐的
16:01.440 16:04.460 「ほら 俺って誰よりも神から愛されてるじゃん」
16:01.440 16:04.460 「瞧 我比谁都更受神的爱戴吧」
16:05.290 16:06.420 ほ ほら
16:05.290 16:06.420 瞧
16:07.310 16:11.280 いや 確かあんたは戦闘能力を持たない代わりに
16:07.310 16:11.280 呃 你不是不具备战斗能力
16:11.480 16:13.880 その分頭がいいって設定じゃなっかたっけ
16:11.480 16:13.880 但有很聪明的头脑这种设定吗
16:14.030 16:15.020 何を言う
16:14.030 16:15.020 你在说什么
16:15.150 16:18.200 こんな口癖 頭がよくなければ閃かんぞ
16:15.150 16:18.200 这种口头禅 如果不够聪明谁会想到
16:18.690 16:21.410 確かに悪魔的な閃きではあるが
16:18.690 16:21.410 确实是魔鬼式的想法
16:21.730 16:25.640 基本的に敵に対して挑発の用途で使う言葉だな
16:21.730 16:25.640 基本上是对敌人挑衅的时候所用到的话
16:26.050 16:28.290 格の違いを示すと言うか
16:26.050 16:28.290 就像显示级别的差距
16:28.510 16:31.250 自らの絶対的自信を示すと言うか
16:28.510 16:31.250 或者显示自己绝对的自信之类的
16:31.740 16:33.270 こういうセリフを言うことで
16:31.740 16:33.270 通过说出这句台词
16:33.460 16:35.940 そなたの全能性が現れると同時に
16:33.460 16:35.940 在表达出你的全能性的同时
16:36.100 16:39.290 勝利を収めたときに かなりの楽勝感が出る
16:36.100 16:39.290 在得到胜利之后 还会显得你是轻松取胜的
16:40.040 16:43.000 ただのいやな奴になってる気がするぞ
16:40.040 16:43.000 我倒觉得只是单纯的变成了讨厌鬼
16:44.620 16:47.290 ぶっちゃけ そなたが多少いやな奴のほうが
16:44.620 16:47.290 说实话 如果你有些令人讨厌的话
16:47.400 16:49.090 私としては助かるのだ
16:47.400 16:49.090 对我来说是有利的
16:49.530 16:52.420 手に負えないようなやんちゃで生意気な荒くれ者を
16:49.530 16:52.420 无法控制的顽皮的讨厌的粗暴的人
16:52.450 16:54.730 手綱をとってうまく操ってこそ
16:52.450 16:54.730 被我牢牢地抓住了缰绳
16:54.780 16:57.090 私の評価も上がるだろうからな
16:54.780 16:57.090 这样一来上层对我的评价也会提高
16:57.250 17:00.010 その意味では そなたは少し善良すぎる
16:57.250 17:00.010 在这一点上 你过于善良了
17:00.430 17:01.450 勝手だ
17:00.430 17:01.450 也太自我为中心了吧
17:02.460 17:05.380 「どうやらあんた島流しにされたいようだな」
17:02.460 17:05.380 「看来你想被流放到孤岛上啊」
17:05.000 17:10.370 なぜ二十年もの間島流しに目にあっていた自分が
17:05.000 17:10.370 为什么被流放到孤岛上长达二十年的我
17:10.580 17:14.930 外の誰かに向けてそんな台詞を得意げに言わなければならないのだろう
17:10.580 17:14.930 要对某个人得意洋洋地说出这种台词啊
17:15.030 17:18.130 ばか者 だからこそ説得力があってよいのだろう
17:15.030 17:18.130 傻瓜 就因为这样才有说服力嘛
17:18.170 17:20.500 要らねえよ そんな説得力
17:18.170 17:20.500 那种说服力 谁要啊
17:21.840 17:23.610 好みのうるさい男だ
17:21.840 17:23.610 你意外的挑剔啊
17:24.330 17:27.890 この不毛な会話道中ずっと続くのだろうか
17:24.330 17:27.890 这种无聊的对话在途中会一直持续吗
17:29.030 17:31.570 後は あまり捻りがないのだが
17:29.030 17:31.570 其他的 就没什么威慑力了
17:32.170 17:36.810 「ただし その頃にはあんたは八つ裂きになっているだろうけどな」と
17:32.170 17:36.810 「不过 到那时你已经被大卸八块了」
17:37.010 17:38.210 これぐらいか
17:37.010 17:38.210 这样的差不多吧
17:38.340 17:40.790 ああもう それでいい それで行こう
17:38.340 17:40.790 啊够了 就这个 就用这个吧
17:40.880 17:41.450 あっ
17:40.880 17:41.450 啊
17:41.750 17:43.140 それがいいと言ったんだ
17:41.750 17:43.140 我说这个就可以了
17:43.400 17:47.150 「ただし その頃にはあんたは八つ裂きになっているだろうけどな」
17:43.400 17:47.150 「不过 到那时你已经被大卸八块了」
17:47.330 17:49.410 うん とてもいい感じだ
17:47.330 17:49.410 嗯 感觉很不错
17:49.550 17:51.570 ああ これでいいのか
17:49.550 17:51.570 啊啊 用这个行吗
17:51.900 17:53.090 少し意外だな
17:51.900 17:53.090 有些意外
17:53.560 17:58.180 これは考えた中ではそれほど強く推すつもりのない一品だったのだが
17:53.560 17:58.180 在我想出的方案里 这不是最强力推荐的一个
17:58.540 18:02.240 まあ そうは言っても自信作であったことには違いがない
17:58.540 18:02.240 即使如此这也是我的自信之作
18:02.380 18:04.150 ああ びっくりしたぜ
18:02.380 18:04.150 啊 吓了一跳
18:04.410 18:05.670 俺に似合いすぎる
18:04.410 18:05.670 太适合我了
18:05.730 18:06.780 そうかそうか
18:05.730 18:06.780 是吗是吗
18:07.000 18:09.730 これはそなたの超必殺技であるところの
18:07.000 18:09.730 这是从你的超必杀技
18:09.920 18:12.350 「七花八裂」から着想得たものなのだ
18:09.920 18:12.350 「七花八裂」 联想出的口头禅
18:12.590 18:14.010 そ そうか
18:12.590 18:14.010 是 是吗
18:14.190 18:15.870 うむ 礼を言っていいぞ
18:14.190 18:15.870 嗯 你可以毫无顾忌的感谢我
18:16.040 18:17.950 感謝感激雨あられ
18:16.040 18:17.950 我对你的感谢和感激 如同滔滔江水连绵不绝
18:18.100 18:19.980 うむうむ そうかそうか
18:18.100 18:19.980 嗯嗯 是吗是吗
18:20.120 18:22.590 そなたが気に入ったのならば是非はない
18:20.120 18:22.590 既然你喜欢的话那就没问题了
18:24.040 18:26.220 しかし そなたの好みが煩いせいで
18:24.040 18:26.220 都怪你的要求太多
18:26.370 18:28.820 思いのほか長話になってしまったな
18:26.370 18:28.820 这话题变得有些过长了
18:29.340 18:32.560 とはいえ まだ急がなければならぬほどではない
18:29.340 18:32.560 虽说如此 但还不至于要着急赶路
18:32.820 18:35.940 この調子なら 夕方ごろには目的地に着くであろう
18:32.820 18:35.940 按现在的速度 在黄昏时分就能到达目的地了
18:36.090 18:40.460 あ ただしその頃にはあんたは八つ裂きになっているだろうけどな
18:36.090 18:40.460 嗯 不过 到那时你已经被大卸八块了
18:40.540 18:41.340 「チェリオ」
18:40.540 18:41.340 切利哦
18:43.440 18:45.600 そなた何も考えておらんなあ
18:43.440 18:45.600 你干什么都不用脑子的吗
18:45.760 18:47.090 ややこしいな
18:45.760 18:47.090 你真啰嗦
18:48.070 18:51.000 ああ ちなみに先から多用している「チェリオ」だが
18:48.070 18:51.000 顺便一提 我刚才说的「切利哦」
18:51.140 18:52.790 これは私の口癖だ
18:51.140 18:52.790 这是我的口头禅
18:52.880 18:54.130 そ そうか
18:52.880 18:54.130 是 是吗
18:54.270 18:55.660 気にもしていなかった
18:54.270 18:55.660 我都没留意
18:55.850 18:57.710 「チェリオ」とは九州のな
18:55.850 18:57.710 「切利哦」在九州
18:58.010 19:01.810 薩摩藩あたりで流行している気合を入れるための掛け声だ
18:58.010 19:01.810 是流行于萨摩藩附近的加油助威的话
19:02.070 19:04.920 これは方言と言うより むしろ文化かな
19:02.070 19:04.920 这个与其说是方言 倒不如说一种文化
19:05.290 19:08.820 別に私は九州とゆかりがあるというわけではないのだが
19:05.290 19:08.820 虽然我并没有九州情结
19:08.880 19:11.970 「チェリオ」なんて気合を入れる掛け声の割に
19:08.880 19:11.970 不过说「切利哦」这句加油助威的话时
19:11.980 19:13.740 なんだか発音が可愛いであろう
19:11.980 19:13.740 总觉得发音很萌吧
19:14.140 19:16.920 これは私の外見感の相乗効果もあって
19:14.140 19:16.920 这和我的外表相辅相成
19:17.030 19:19.880 かなり期待できる思いつきだと自負しておる
19:17.030 19:19.880 是个让我满意到自负的口头禅哦
19:20.290 19:21.900 報告書を提出した後には
19:20.290 19:21.900 上交报告之后
19:21.780 19:23.390 もちろん ご存知のとおり
19:21.780 19:23.390 当然 众所周知
19:23.740 19:27.880 薩摩藩が発祥の気合を入れるための掛け声は「チェスト」
19:23.740 19:27.880 发祥于萨摩藩的助威声是「切斯特」
19:28.340 19:30.020 とがめの言う「チェリオ」では
19:28.340 19:30.020 咎儿所说的「切利哦」则是
19:30.340 19:33.040 「別れ」を意味する外来語となってしまいます
19:30.340 19:33.040 有「分别」之意的外来语
19:33.700 19:35.590 彼女がその間違いに気付き
19:33.700 19:35.590 不过当她发现这个错误
19:35.760 19:40.120 恥ずかしさのあまり稀な混乱ぶりを見せてしまうことになるのは
19:35.760 19:40.120 并陷入羞愧与混乱当中时
19:40.540 19:43.950 これより数ヵ月後の物語でございます
19:40.540 19:43.950 已是几个月之后的事了
19:55.130 19:57.620 白兵 その刀貰い受ける
19:55.130 19:57.620 白兵 把刀交出来吧
19:58.070 20:03.480 御主もまた刀の魔力に取り付かれた迷い人でござるか
19:58.070 20:03.480 你也是被刀的毒性所俘 而迷失自我之人吗
20:03.560 20:04.710 参ら
20:03.560 20:04.710 看招
20:08.150 20:10.690 拙者にときめいてもらうでござる
20:08.150 20:10.690 请你对在下心醉吧
20:12.740 20:15.350 か 格好いい
20:12.740 20:15.350 好 好酷
20:23.480 20:26.260 待って待って 歩くのが早いぞ
20:23.480 20:26.260 等等 你走得太快了
20:26.410 20:30.040 ああ 悪い 人と歩くのは慣れてないからな
20:26.410 20:30.040 啊 抱歉 我还没习惯和别人一起赶路呢
20:31.040 20:33.660 あんた着込んでるから足が重いんだよ
20:31.040 20:33.660 你穿的太多了 脚下太沉
20:33.790 20:37.260 たわけ 女子に軽々しく重いとか言うな
20:33.790 20:37.260 用你管 不要随便对女子说太沉这种话
20:37.640 20:40.000 いや あんたは十分軽いって
20:37.640 20:40.000 不 你是够轻的了
20:40.380 20:42.870 けど そんな格好じゃ動きづらいだろう
20:40.380 20:42.870 但那身打扮不是行动很不方便吗
20:42.970 20:44.140 重ねてたわけ
20:42.970 20:44.140 再次重申 用你管
20:44.540 20:46.420 女子のお洒落は別筋肉だ
20:44.540 20:46.420 女子的打扮靠另一个肌肉
20:44.540 20:48.550 日本有句俗话「女人吃甜食装在另一个胃里」意思是不管吃的多饱 只要是甜食就还能吃下去 由此转而得来
20:46.450 20:48.550 女子にはそんな器官があるのか
20:46.450 20:48.550 女子有那种器官吗
20:48.730 20:51.620 粗野な男には分からぬ繊細な器官よ
20:48.730 20:51.620 是粗野的男人无法理解的纤细器官
20:51.830 20:54.180 まあ お洒落なんてどうでもいいけどよ
20:51.830 20:54.180 先不说打扮
20:54.620 20:56.940 服なんて着るだけ邪魔だと思うけどな
20:54.620 20:56.940 平时这样穿只会碍手碍脚
20:57.850 21:02.370 そなたの上半身に服を着せることを私はすでに諦めているが
20:57.850 21:02.370 虽然我已经放弃让你穿上上半身的衣服了
21:02.580 21:04.710 下半身までは脱いでくれるなよ
21:02.580 21:04.710 不过你可不能脱掉下半身的
21:04.910 21:06.940 変態と旅はしたくない
21:04.910 21:06.940 我不想和一个变态旅行
21:07.150 21:08.080 安心しろ
21:07.150 21:08.080 放心吧
21:08.470 21:11.770 あんたが買ってくれたこの袴はそこそこ気に入っている
21:08.470 21:11.770 你买给我的裤裙 我还算蛮喜欢的
21:12.200 21:14.370 動きやすいし 戦いやすい
21:12.200 21:14.370 方便行动而且容易战斗
21:14.810 21:17.610 動きやすいと戦いやすいは違うのか
21:14.810 21:17.610 方便行动而且容易战斗有什么不一样吗
21:17.730 21:18.880 まあ 違うね
21:17.730 21:18.880 嗯 不一样呢
21:19.890 21:22.700 で その下酷城はまだなのか
21:19.890 21:22.700 话说 那个下酷城还没到吗
21:22.980 21:24.220 夜になっちまうぞ
21:22.980 21:24.220 天快黑了哟
21:24.610 21:26.520 そうしたら困るのはとがめだろう
21:24.610 21:26.520 这样困扰的是咎儿吧
21:26.630 21:29.660 そうだな 女子が砂漠で露宿とあっては
21:26.630 21:29.660 是啊 让女子在沙漠里露宿
21:29.750 21:31.410 せっかくのお洒落が台無しだ
21:29.750 21:31.410 好不容易的打扮就浪费了
21:31.530 21:32.560 そういう問題か
21:31.530 21:32.560 是这个问题吗
21:33.430 21:35.850 誰だ こんなところにものを置いた奴は
21:33.430 21:35.850 啊 谁干的 在这里乱丢东西
21:39.020 21:42.050 こいつは真庭にの真庭白鷺
21:39.020 21:42.050 这是真庭忍军的真庭白鹭
21:48.480 21:51.230 へえ 城 なんで
21:48.480 21:51.230 唉 城堡 为什么
21:51.680 21:53.910 蜃気楼により大気の迷彩
21:51.680 21:53.910 与其说是海市蜃楼 倒不如说是大气的迷彩
21:54.390 21:56.680 ここまで近寄らねば認識できない
21:54.390 21:56.680 不到这么近的地方就无法辨认
21:57.380 21:59.500 それが因幡砂漠の下酷城だ
21:57.380 21:59.500 这就是因幡沙漠的下酷城
21:59.940 22:02.350 攻めるに固く 守るに易い
21:59.940 22:02.350 易守难攻
22:02.810 22:04.900 知らない人間は知らないことだが
22:02.810 22:04.900 虽然大部分人都不知道
22:05.170 22:07.370 一部では有名な話ではある
22:05.170 22:07.370 但在一部分人里这是很出名的
22:08.330 22:10.300 びっくりしちまったじゃねえか
22:08.330 22:10.300 这不是吓唬我吗
22:10.550 22:13.480 すまぬ そなたをびっくりさせようと思って
22:10.550 22:13.480 抱歉 我想给你一个惊喜
22:16.330 22:19.330 そいつ 城のそばに捨てられていたってことは
22:16.330 22:19.330 这家伙被扔在城外就是说
22:19.720 22:24.260 真庭忍軍は十二頭領内で競争しておるといっておったが
22:19.720 22:24.260 真庭忍军在十二头领之间有进行竞争来着
22:24.820 22:29.370 四季崎記紀の完成形変体刀 十二本収集競争
22:24.820 22:29.370 四季崎记纪之十二把完成形变体刀的征缴竞争
22:29.890 22:35.810 おそらくは因幡下酷城の宇練銀閣が斬刀 鈍を所有していると知り
22:29.890 22:35.810 白鹭也许是知道了因幡下酷城的宇练银阁持有斩刀「钝」
22:36.200 22:38.550 白鷺はここを訪れたのであろう
22:36.200 22:38.550 而来到这里
22:39.630 22:41.490 そして 返り討ちにあった
22:39.630 22:41.490 但是 反被击败了
22:42.280 22:45.180 真庭忍軍の頭領がこのざまとは
22:42.280 22:45.180 真庭忍军的首领居然成了这个样子
22:45.450 22:48.060 真庭にの頭領なら俺も倒したぜ
22:45.450 22:48.060 真庭忍军的首领我不是也打败过吗
22:48.160 22:51.030 そなたの場合は運にも恵まれていただろうが
22:48.160 22:51.030 你那只不过是运气好罢了
22:51.550 22:54.200 まあ 前向きに考えるとしよう
22:51.550 22:54.200 乐观一点想吧
22:54.670 22:58.970 先にたどり着いた真庭にが斬刀の収集に失敗した
22:54.670 22:58.970 先到的真庭白鹭对斩刀的征缴失败了
22:59.370 23:02.180 これは捕らえようによっては悪いことでもあるまい
22:59.370 23:02.180 这也并不是件坏事
23:02.710 23:06.080 もしも白鷺が変体刀収集に成功していれば
23:02.710 23:06.080 万一白鹭成功征缴变体刀的话
23:06.360 23:08.920 無駄足になってしまっておったのだからな
23:06.360 23:08.920 我们好不容易来了却会无功而返的
23:09.090 23:10.780 なるほど 前向きだ
23:09.090 23:10.780 原来如此 真乐观啊
23:11.830 23:14.580 だけど こいつが襲撃に失敗したことで
23:11.830 23:14.580 但是因为这家伙的袭击失败了
23:14.960 23:17.180 ここの城主は警戒しちまっただろう
23:14.960 23:17.180 这里的城主会完全警惕的吧
23:17.570 23:20.160 最悪の場合姿を消しているかもしれないぜ
23:17.570 23:20.160 最坏的情况是他可能已经离开了
23:20.580 23:21.440 それはない
23:20.580 23:21.440 这不可能
23:21.900 23:24.980 宇練銀閣は因幡全土が砂漠化しても
23:21.900 23:24.980 宇练银阁是就算因幡全境变成了沙漠
23:25.400 23:28.330 それでもこの土地から退かなかった男だ
23:25.400 23:28.330 也没有离开这片土地的男人
23:29.200 23:32.300 それに この白鷺の有様を見る限り
23:29.200 23:32.300 而且看了这个白鹭的模样就明白了
23:32.720 23:35.800 宇練は自分の腕に絶対の自信を持っておる
23:32.720 23:35.800 宇练对自己的本领有绝对的自信
23:36.320 23:39.470 士道不覚悟の敵前逃亡など考えもすまい
23:36.320 23:39.470 没有武士道觉悟临阵逃亡 他想都不会去想
23:39.920 23:43.080 どうやら思っていた以上に強敵のようだな
23:39.920 23:43.080 怎么看都是比想像中还厉害的强敌啊
23:45.440 23:48.090 あるいは出直すってのもありかもしれねえぜ
23:45.440 23:48.090 或许需要重振旗鼓哦
23:48.380 23:49.640 ありえん話だ
23:48.380 23:49.640 不可能的
23:50.050 23:53.230 真庭忍軍がこれほどの速度で動いている今
23:50.050 23:53.230 既然真庭忍军的行动如此迅速
23:53.540 23:56.440 私がたたらを踏んでいる暇などあるものか
23:53.540 23:56.440 我们是没有原地踏步的时间的
23:56.880 24:01.080 七花 私は今むしろ安心しているところなのだ
23:56.880 24:01.080 七花 我现在反而觉得放心了
24:02.320 24:05.570 真庭白鷺が引き立て役になってくれたおかげで
24:02.320 24:05.570 因为有真庭白鹭的衬托
24:05.900 24:09.400 上に提出する報告書に盛り上がりができたのだからな
24:05.900 24:09.400 上交的报告书就能变得精彩起来了
24:09.930 24:12.000 裏切り者の真庭忍軍
24:09.930 24:12.000 叛徒真庭忍军
24:12.260 24:16.200 それを撃退したという剣士から変体刀を収集したなだと
24:12.260 24:16.200 从击退了他的敌人那里征缴变体刀
24:16.320 24:18.110 なんとも痛快ではないか
24:16.320 24:18.110 这是多么让人痛快啊
24:18.540 24:19.310 何より
24:18.540 24:19.310 最重要的是
24:19.420 24:22.400 「逆さ喋り」などという描写のうっとうしい忍者を
24:19.420 24:22.400 「倒说」这种麻烦死人的忍者
24:22.580 24:24.240 これで私は書かずに済む
24:22.580 24:24.240 我倒可以不用去描写了
24:26.620 24:27.840 大体 七花
24:26.620 24:27.840 再说 七花
24:28.110 24:30.340 ここまでお膳立てが整っていながら
24:28.110 24:30.340 明明准备得这么充分
24:30.440 24:33.550 すごすご引き下がるなどと言う格好悪い有様を
24:30.440 24:33.550 却灰溜溜地撤退这种丢人的事
24:33.700 24:35.900 そなたは私に書けというのか
24:33.700 24:35.900 你想让我写出来吗
24:36.130 24:38.030 なるほど 前向きだ
24:36.130 24:38.030 原来如此 真乐观啊
24:40.050 24:42.420 だから 俺はあんたに惚れたんだ
24:40.050 24:42.420 所以 我才会爱上你的
24:49.380 24:51.680 前に出ると危ないじゃないか
24:49.380 24:51.680 你走在我前面不是很危险嘛
24:52.410 24:54.470 戦うのは俺なんだろう
24:52.410 24:54.470 负责打的是我吧
24:54.800 24:59.310 それともあんたがまず最初に宇練銀閣と戦おうってのか
24:54.800 24:59.310 还是说你要先和宇练银阁打打试试
24:59.320 25:03.870 馬鹿者 私の戦闘力はそなたもよく知るところだろう
24:59.320 25:03.870 白痴 我的实力你该清楚啊
25:03.990 25:07.860 私を倒すことなど 障子紙を破くよりも容易いぞ
25:03.990 25:07.860 打倒我简直比捅窗户纸还要容易
25:07.990 25:10.040 そんなこと威張って言われても
25:07.990 25:10.040 那你还说得这么理直气壮
25:10.970 25:11.850 あのな
25:10.970 25:11.850 听好了
25:12.210 25:16.430 どうもそなたはその辺りを誤解しているようだから一応言っておくが
25:12.210 25:16.430 看样子你有些误会我先说清楚
25:17.000 25:20.140 私たちは別に強盗というわけではないのだ
25:17.000 25:20.140 我们不是强盗
25:20.270 25:21.000 うん
25:20.270 25:21.000 嗯
25:21.310 25:24.110 いきなり丁々発止のちゃんばらを行い
25:21.310 25:24.110 我们也不能一开始就上演武侠剧
25:24.340 25:26.600 強奪すれば良いというものではない
25:24.340 25:26.600 把刀夺过来
25:27.010 25:29.950 手順を踏み 交渉が必要なのだよ
25:27.010 25:29.950 必须要按部就班 在战斗之前先进行交涉
25:30.220 25:33.820 ええと お役所的な手続きってことか
25:30.220 25:33.820 呃 这就是所谓的衙门的手续吗
25:33.940 25:36.490 今回のところはその理解でもいい
25:33.940 25:36.490 你暂时这么理解也行
25:36.640 25:38.070 それで済むんだったら
25:36.640 25:38.070 这样就能解决的话
25:38.310 25:40.380 別に俺要らないんじゃないのか
25:38.310 25:40.380 我不在一样能成啊
25:40.730 25:45.050 四季崎の刀の毒を好んで摂取するような人間は
25:40.730 25:45.050 那些四季崎记纪的刀毒的爱好者和被侵蚀者
25:45.250 25:48.090 凡そ狂人と相場は決まっておるでな
25:45.250 25:48.090 一般都是些疯子
25:48.320 25:51.950 つまり端から交渉で済むと思ってないってことだろう
25:48.320 25:51.950 也就是说我也没觉着用最开始的交涉就能完事儿
25:52.050 25:54.330 しかしな そうは言ってもだ
25:52.050 25:54.330 不过 虽说如此
25:54.900 25:58.280 例えば 刀の所有者が善人だった時
25:54.900 25:58.280 比如说 刀的主人是好人的情况下
25:58.420 26:00.210 そなたはどうするつもりなのだ
25:58.420 26:00.210 你怎么办
26:00.220 26:01.030 ううん
26:00.220 26:01.030 嗯
26:01.130 26:05.700 幕府の後ろ盾がある以上  人を斬っても咎められることはないが
26:01.130 26:05.700 虽然有幕府做后盾 就算砍死人也不会被追究
26:05.920 26:10.500 だからと言って無闇やだらに切り刻んで良いということではないのだ
26:05.920 26:10.500 但这并不意味着我们可以随便乱砍人
26:11.580 26:12.740 分かったら行くぞ
26:11.580 26:12.740 明白了就走吧
26:16.300 26:18.670 明白に怪しい襖だが
26:16.300 26:18.670 这拉门也诡异得也太明显了吧
26:19.340 26:21.360 ここに何かあるってことだろう
26:19.340 26:21.360 也就是说这里面有什么咯
26:23.470 26:25.890 あぁ待て 無用心に開けるな こら
26:23.470 26:25.890 啊 等等 不要这样毫无防备的打开啊
26:26.270 26:27.080 おい
26:26.270 26:27.080 喂
26:39.040 26:40.580 宇練銀閣だな
26:39.040 26:40.580 你就是宇练银阁吧
26:41.830 26:48.600 私は尾張幕府家鳴将軍家直轄 預奉所軍所総監督
26:41.830 26:48.600 我是尾张幕府家鸣将军家 直辖预奉所军所总监督
26:48.820 26:50.170 奇策士とがめだ
26:48.820 26:50.170 奇策士咎儿
26:51.610 26:52.710 その刀
26:51.610 26:52.710 那把刀
26:53.140 26:56.340 斬刀 鈍と見受けるが  如何かな
26:53.140 26:56.340 依我看是斩刀·钝 如何呢
26:56.980 26:58.560 うるせえな
26:56.980 26:58.560 吵死了
26:59.060 27:01.470 確かに俺は宇練銀閣だが
26:59.060 27:01.470 虽然我就是宇练银阁没错
27:02.000 27:04.480 そう大きな声で怒鳴るなよ
27:02.000 27:04.480 也别那么大声的乱吼乱叫
27:04.720 27:06.230 それは失礼した
27:04.720 27:06.230 那真是不好意思了
27:06.800 27:07.490 で
27:06.800 27:07.490 然后呢
27:08.110 27:11.400 幕府のお偉いさんがこんな砂漠に何の用だよ
27:08.110 27:11.400 幕府的大人到这种沙漠里面来做什么
27:11.840 27:12.990 その斬刀
27:11.840 27:12.990 那把斩刀
27:13.210 27:14.870 譲ってもらえんかな
27:13.210 27:14.870 能由我接收吗
27:16.800 27:18.210 もちろんただとは言わん
27:16.800 27:18.210 当然 我不会亏待你
27:18.680 27:21.720 幕府としてできる限りのことはさせてもらおう
27:18.680 27:21.720 作为幕府 我们会尽量满足你的要求
27:23.470 27:24.660 この前よ
27:23.470 27:24.660 前几天啊
27:25.430 27:28.140 忍者の偽者みたいな奴が来て
27:25.430 27:28.140 来了一个像假忍者的家伙
27:28.690 27:31.380 あんたと似たようなことを言ってたけど
27:28.690 27:31.380 说了些跟你说的差不多的话
27:31.670 27:34.900 何あれ あんたらの友達
27:31.670 27:34.900 怎么 那个是你们的朋友
27:35.680 27:37.060 友達ではない
27:35.680 27:37.060 并非朋友
27:37.480 27:40.330 私たちはあんな下種な忍者とは違う
27:37.480 27:40.330 我们跟那种卑鄙的忍者不同
27:40.590 27:42.900 正当な取引を望む者だ
27:40.590 27:42.900 是希望进行正当交易的人
27:43.450 27:45.710 無論 刀一本とは言え
27:43.450 27:45.710 当然 虽说只是一把刀
27:45.850 27:50.220 そなたの差すその刀の価値は よく認識しておるつもりだ
27:45.850 27:50.220 但你别在腰间的那把刀的价值 我很清楚
27:51.080 27:55.010 間違っても 他の何かに換えられるものではあるまい
27:51.080 27:55.010 绝不是能够和其它的任何物品交换的东西
27:55.410 27:59.200 しかし宇練よ そこを曲げて 幕府のために
27:55.410 27:59.200 不过宇练 你能否改变初衷 为了幕府
27:59.530 28:02.600 ひいては天下国家のために貢献してはくれぬか
27:59.530 28:02.600 进而天下与国家 作出贡献呢
28:02.700 28:07.350 天下国家のためになんて奴に 碌な奴はいねーよ
28:02.700 28:07.350 老把什么天下国家的利益挂在嘴边的家伙 没一个好东西
28:12.620 28:13.490 ああ お主だって
28:12.620 28:13.490 即便是阁下
28:13.680 28:17.990 いつまでもこの城の中でのうのうと暮らしておるつもりはないであろう
28:13.680 28:17.990 应该也不打算一直在这座城堡当中 优哉游哉的生活吧
28:18.320 28:19.850 野心があるのならば
28:18.320 28:19.850 如果你有野心的话
28:20.020 28:24.550 私は協力できると思うぞ 表にも 裏にもだ
28:20.020 28:24.550 我想我可以帮助你 无论是从黑道还是白道
28:25.100 28:27.970 浪人の俺を取り立ててくれるってのかい
28:25.100 28:27.970 你想提拔我这个浪人吗
28:28.380 28:30.350 ありがたい話だがね
28:28.380 28:30.350 我还真该感激不尽啊
28:30.670 28:34.310 しかし俺の首には賞金がかかってるとも聞くぜ
28:30.670 28:34.310 不过听说我的脑袋可是值很多悬赏金的啊
28:34.430 28:36.980 無論 その枷も外してやれる
28:34.430 28:36.980 不成问题 这个枷锁也可以给你去掉
28:37.150 28:39.110 どんな望みも思うがままだ
28:37.150 28:39.110 无论什么愿望 都可以让你如愿以偿
28:40.700 28:41.980 おい 宇練
28:40.700 28:41.980 喂 宇练
28:42.700 28:45.890 今度は声が小さすぎてよく聞こえねえな
28:42.700 28:45.890 这次声音又太小了 我听不怎么清楚啊
28:46.480 28:48.790 もうちょっと近付いてきてくれねえか
28:46.480 28:48.790 能稍微近点儿嘛
28:48.930 28:49.590 おっ
28:48.930 28:49.590 嗯
28:50.690 28:53.940 大体 敷居越しに話をするなんて
28:50.690 28:53.940 说起来 站在门外说话
28:54.390 28:56.970 剣士に対して失礼だろうがよ
28:54.390 28:56.970 对我这个剑士来说也太没礼貌了吧
28:58.890 29:01.810 あんたがどれだけ偉いか知らねえけど
28:58.890 29:01.810 虽然我不知道你有多尊贵
29:02.270 29:06.590 少なくともそれは頼み事をしようって態度じゃねえよな
29:02.270 29:06.590 至少这可不是求人的时候应有的态度啊
29:07.850 29:09.430 確かにそのとおりだ
29:07.850 29:09.430 的确如此
29:09.890 29:10.820 失礼した
29:09.890 29:10.820 失礼了
29:19.220 29:20.600 虚刀流 「百合」
29:19.220 29:20.600 虚刀流·百合
29:28.870 29:30.290 何すんじゃー
29:28.870 29:30.290 你搞什么啊
29:30.390 29:31.190 落ち着けよ
29:30.390 29:31.190 冷静点呀
29:31.310 29:34.310 いきなり蹴られて落ち着けるか この馬鹿者
29:31.310 29:34.310 突然被踢飞了让我怎么冷静啊你这猪头
29:34.480 29:36.690 後から見えない力に吸い寄せられるから
29:34.480 29:36.690 忽然被后面看不见的力量吸出去
29:36.780 29:39.340 宇宙人に誘拐されたかと思ったわ
29:36.780 29:39.340 我还以为被外星人绑架了呢
29:39.460 29:41.620 その発想は物凄いが
29:39.460 29:41.620 你这个想法倒是挺厉害的 不过
29:46.230 29:47.800 な な
29:46.230 29:47.800 怎 怎
29:48.200 29:49.240 居合い抜きか
29:48.200 29:49.240 拔刀术吗
29:50.700 29:53.290 も もしも厚着をしていなければ
29:50.700 29:53.290 要 要不是我穿得多的话
29:53.410 29:55.140 今頃私の体は
29:53.410 29:55.140 现在我的身体已经
29:55.230 29:59.630 いや その分だけの着物が無事で済んだだけだと思うけど
29:55.230 29:59.630 不 能没事儿的只有你没穿的衣服
30:00.410 30:01.770 びっくりした
30:00.410 30:01.770 太令我吃惊了
30:02.210 30:04.260 この斬刀を手にして以来
30:02.210 30:04.260 自从我得到这把斩刀以来
30:04.680 30:07.740 俺の零閃が躱されたのは初めてだぜ
30:04.680 30:07.740 能躲开我零闪的人你还是第一个
30:08.100 30:10.200 びっくりしたのはこっちのほうだ
30:08.100 30:10.200 我才被吓到了好吧
30:10.760 30:14.140 居合い抜きが剣術の究極形というのは聞いていたが
30:10.760 30:14.140 虽然听说拔刀术是剑术的究极形态
30:14.610 30:16.330 そこまで速いものだとは
30:14.610 30:16.330 没想到竟然能快到这种程度
30:16.980 30:22.370 んじゃまぁ お前のびっくりと俺のびっくりでおあいこってことで
30:16.980 30:22.370 那么 你的吃惊和我的吃惊 算平局吧
30:23.530 30:27.430 宇練 貴様今自分が何をしたのか分かっておるのか
30:23.530 30:27.430 宇练 你知道刚才自己都干了什么吗
30:27.800 30:32.320 あんたもさそんな腕の立つお兄ちゃん連れてきているくらいなんだ
30:27.800 30:32.320 还说呢 你领着这么个武艺高超的哥哥来
30:32.820 30:36.840 最終的には腕っ節に訴えてくるつもりがあったんだろう
30:32.820 30:36.840 不就是预备最终靠武力解决吗
30:36.940 30:38.220 お兄ちゃんだと
30:36.940 30:38.220 你说哥哥
30:38.450 30:41.390 貴様 私がこいつの妹に見えるのか
30:38.450 30:41.390 难道我看起来像这家伙的妹妹吗
30:41.590 30:43.630 私のどこが妹だ
30:41.590 30:43.630 我哪里像妹妹了
30:43.780 30:45.900 俺のご先祖様はよ
30:43.780 30:45.900 我的先祖啊
30:46.410 30:51.000 主君も どころか当時の将軍すら敵に回しても
30:46.410 30:51.000 不惜与主君甚至将军为敌
30:51.150 30:53.880 この刀を譲らなかったんだってよ
30:51.150 30:53.880 也没有让出这把刀
30:54.180 30:58.000 なのに俺が「はい そうですか」とあんたにこれを渡したんじゃ
30:54.180 30:58.000 可是如果我就“啊 是吗”就把刀交给你了
30:58.160 31:00.320 草葉の陰で笑い物だぜ
30:58.160 31:00.320 可是会被九泉之下的先祖耻笑的
31:00.740 31:03.070 その刀を無くすのが怖いのか
31:00.740 31:03.070 你是在害怕失去那把刀吗
31:04.270 31:05.770 その零閃って技
31:04.270 31:05.770 你那招“零闪”
31:06.370 31:09.500 そいつじゃなけりゃそこまでの速度は出ないんだろ
31:06.370 31:09.500 不是用那把刀的话 就无法发挥出那样的速度吧
31:09.980 31:12.240 だからそれを失うのが怖いのか
31:09.980 31:12.240 所以害怕失去那把刀吗
31:12.330 31:13.740 怖かったら何だ
31:12.330 31:13.740 是又怎样
31:13.840 31:14.480 別に
31:13.840 31:14.480 不怎样
31:15.190 31:19.660 それが刀を使う剣士の限界なんだろうなと思ってさ
31:15.190 31:19.660 只是觉得这大概就是使刀的剑士的极限了吧
31:25.410 31:28.220 そういうお前は剣士じゃねえのか
31:25.410 31:28.220 这么说 你不是剑士咯
31:28.340 31:31.050 剣士だよ 紛うことなくな
31:28.340 31:31.050 是剑士啊 正宗的剑士
31:31.550 31:36.230 ええ だったら 剣士に言葉は不要なんだよ
31:31.550 31:36.230 诶 这样的话 剑士是不需要语言的
31:36.790 31:40.460 この刀が欲しいってんなら黙って奪い取ればいい
31:36.790 31:40.460 想要这把刀的话 就闭嘴直接过来抢吧
31:41.090 31:44.930 俺はそれに 黙って抵抗するだけだ
31:41.090 31:44.930 而我也会闭上嘴直接抵抗的
31:47.000 31:47.840 ああ 意地か
31:47.000 31:47.840 这算是气魄吗
31:48.690 31:49.850 気位だよ
31:48.690 31:49.850 是气度
31:51.290 31:55.170 お前はその女を庇えていい気になってんのかもしれねえが
31:51.290 31:55.170 也许你因为保护了那女人而正沾沾自喜
31:55.460 31:57.830 今のが全力だと思うなよ
31:55.460 31:57.830 但别以为刚才那招我使出全力了
31:59.310 32:01.670 零閃の最高速度が
31:59.310 32:01.670 零闪的最高速度
32:02.360 32:03.820 光を超える
32:02.360 32:03.820 是会超越光速的
32:04.680 32:05.630 やるか
32:04.680 32:05.630 要试试吗
32:06.310 32:06.880 とがめ
32:06.310 32:06.880 咎儿
32:07.560 32:09.510 確認したいことができたんだけど
32:07.560 32:09.510 我想确认些事儿
32:09.990 32:10.710 いいか
32:09.990 32:10.710 行吗
32:11.630 32:12.390 おい
32:11.630 32:12.390 喂
32:12.700 32:14.080 ちょっと作戦会議だ
32:12.700 32:14.080 我开会儿作战会议
32:14.520 32:15.920 すぐに戻ってくるから
32:14.520 32:15.920 马上回来
32:16.060 32:17.490 転寝でもして待ってろ
32:16.060 32:17.490 你可以趁等我的时间 打打盹儿
32:19.220 32:21.020 その時は披露してもらうぜ
32:19.220 32:21.020 到时候再让我大开眼界吧
32:21.340 32:23.770 最高速度の零閃とやらをよ
32:21.340 32:23.770 所谓最高速度的零闪
32:26.190 32:28.710 襖 閉めて行けよ
32:26.190 32:28.710 拉门 拉上门再走
32:30.640 32:32.120 ああ そうだ
32:30.640 32:32.120 啊 对了
32:33.180 32:37.770 まだお兄ちゃんの名前は聞いてなかったな 教えとけよ
32:33.180 32:37.770 还没有问过小哥你的名字呢 先告诉我吧
32:43.220 32:46.970 虚刀流七代目当主 ヤシュリ七花だ
32:43.220 32:46.970 虚刀流第七代当家 欲七花
32:50.820 32:51.740 噛んじゃった
32:50.820 32:51.740 咬到舌头了
33:00.850 33:03.240 そう不機嫌そうな顔すんなよ
33:00.850 33:03.240 不要一脸不高兴呀
33:03.440 33:05.880 ああしなちゃ あんら真っ二つだったんだぜ
33:03.440 33:05.880 不那样的话你已经成两截了啊
33:05.980 33:07.930 不機嫌そうな顔などしておらんもん
33:05.980 33:07.930 人家才没一脸不高兴嘛
33:08.080 33:08.790 もん
33:08.080 33:08.790 人家
33:08.920 33:12.670 あいや 不機嫌そうな顔などしておらんわ
33:08.920 33:12.670 啊 不对 我才没有一脸不高兴啊
33:13.380 33:16.450 偶にあんたすげえ子供っぱいこと言うけどさ
33:13.380 33:16.450 你偶尔说话真像小孩儿啊
33:16.750 33:20.970 正確にはあんた何歳なんだ 俺より年上なんだよな
33:16.750 33:20.970 说实话你到底多大了啊 你比我大对吧
33:21.090 33:22.900 そんなことはどうでも良かろう
33:21.090 33:22.900 那种事情怎样都行吧
33:23.390 33:24.520 それより七花
33:23.390 33:24.520 话说回来 七花
33:24.750 33:26.590 確認したいことは何だ
33:24.750 33:26.590 你想要确认的事是什么
33:26.900 33:31.550 あそこで戦闘を中断する理由があったとは 私には思えないのだが
33:26.900 33:31.550 我实在想不出有什么理由 让你在那个节骨眼上中断战斗
33:32.300 33:35.790 あいつがそれに応じるかどうかを確認したかったんだ
33:32.300 33:35.790 我想确认他是否会答应让我们出来
33:36.410 33:37.920 応じるかどうか
33:36.410 33:37.920 是否答应
33:38.180 33:43.200 つまりあの場から立ち去る俺ととがめをあいつが追って来るかどうか
33:38.180 33:43.200 也就是说 我们在那种情况下离开 他会不会追过来
33:44.190 33:46.150 けれどあいつはそうしなかった
33:44.190 33:46.150 但是那家伙没有这样做
33:46.560 33:47.990 まあ そうだが
33:46.560 33:47.990 嗯 的确如此
33:48.760 33:52.020 とがめが敷居を跨いであの部屋に入った瞬間に
33:48.760 33:52.020 咎儿你跨过门槛踏入房间的瞬间
33:52.390 33:53.940 あいつは斬り付けてきた
33:52.390 33:53.940 那家伙就砍了过来
33:54.760 33:57.500 逆に言えば あの部屋に入らない限り
33:54.760 33:57.500 反过来说 只要不进入那个房间
33:57.800 34:00.870 あいつは俺たちを攻撃してこないということだ
33:57.800 34:00.870 那家伙就不会向我们攻过来
34:02.180 34:03.900 あの奥まった部屋こそが
34:02.180 34:03.900 那个深深的房间
34:04.200 34:06.750 敵を迎撃する上で都合がいいんだ
34:04.200 34:06.750 对于迎敌来说实在是太适合不过了
34:06.980 34:07.880 なるほど
34:06.980 34:07.880 原来如此
34:08.210 34:12.510 真庭白鷺も正面から勝負せざるを得なかったわけか
34:08.210 34:12.510 因此真庭白鹭才不得不从正面来进攻吗
34:12.890 34:15.890 あの部屋は完全に宇練銀閣の領域だ
34:12.890 34:15.890 那个房间完全是宇练银阁的领域
34:16.120 34:20.230 では あいつを部屋から引きずり出せば良いのだろうが
34:16.120 34:20.230 那么 只要把他从那个房间引出来就行了吧
34:21.140 34:23.110 そなた考えがあるのか
34:21.140 34:23.110 你有什么想法吗
34:24.230 34:26.570 まず とがめがあの部屋に入る
34:24.230 34:26.570 首先 咎儿进入那个房间
34:26.710 34:29.160 ふむふむ 私が入ると
34:26.710 34:29.160 嗯嗯 我进入了那个房间
34:29.270 34:32.480 そして 零閃の餌食となって真っ二つになる
34:29.270 34:32.480 然后作为诱饵被灵闪砍成两截
34:32.570 34:33.590 ほうほう
34:32.570 34:33.590 哦哦
34:33.770 34:36.520 死体を傍に放置しておくわけにもいくまい
34:33.770 34:36.520 他没理由让尸体躺在旁边不管吧
34:38.390 34:40.370 真庭白鷺の例と同じく
34:38.390 34:40.370 像处理真庭白鹭一样
34:40.530 34:42.350 城外へと捨てるはずなんだ
34:40.530 34:42.350 他会到城外去丢尸体
34:42.460 34:43.510 そしてそして
34:42.460 34:43.510 然后呢 然后呢
34:43.590 34:45.280 そこを俺が討つんだよ
34:43.590 34:45.280 我在那儿偷袭
34:45.450 34:46.440 ちぇりお
34:45.450 34:46.440 切利哦
34:46.790 34:49.400 私が真っ二つになってしまっておるだろうが
34:46.790 34:49.400 那我不就成两截了吗
34:50.650 34:53.710 うん だからこの案は使えないかなぁと思っている
34:50.650 34:53.710 所以我在想 这个方案大概不能用吧
34:53.800 34:54.680 当然だ
34:53.800 34:54.680 废话
34:55.220 34:57.880 だから 誘き出すのは諦めるとして
34:55.220 34:57.880 那把他引出来什么的就不予考虑
34:58.320 35:01.250 それでもなお 対策はあるんだよ とがめ
34:58.320 35:01.250 即便如此 还是有对策的 咎儿
35:01.350 35:05.200 その対策とやらでは 私は真っ二つにはならんのだろうな
35:01.350 35:05.200 你的这个对策 不会又是要我砍成两截吧
35:06.760 35:09.260 まともに勝負せざるを得ない相手なら
35:06.760 35:09.260 如果是不得不从正面攻击的对手
35:09.790 35:11.510 まともに勝負をすればいい
35:09.790 35:11.510 那就从正面攻击好了
35:11.760 35:15.560 七花 それが結論だったら私は怒るぞ
35:11.760 35:15.560 七花 如果这就是你的结论的话 我会怒的
35:15.830 35:18.210 いや あんた最初からずっと怒ってるよ
35:15.830 35:18.210 不是 你不是一直在怒嘛
35:18.210 35:19.130 茶かすな
35:18.210 35:19.130 不准打岔
35:19.270 35:21.370 なぁ 今日だけじゃなく
35:19.270 35:21.370 呐 不仅是今天
35:21.830 35:25.070 あしたも勝つためには ただ勝つんじゃ駄目だと思う
35:21.830 35:25.070 要想以后也要胜利的话 我想单纯的胜是不够的
35:27.340 35:32.120 蝙蝠の時みたいに 好運に恵まれて勝つんじゃ駄目なんだ
35:27.340 35:32.120 像蝙蝠那次仅仅靠运气而获胜的话 是不行的
35:33.620 35:35.920 思いの外真面目なことを言う
35:33.620 35:35.920 唔 出人意料地说了些认真的话啊
35:36.760 35:42.150 「刀を守れ」そして「あんたを守れ」だろう
35:36.760 35:42.150 首先要“保护刀”然后“保护你” 对吧
35:43.700 35:46.210 そ それが分かっているのなら
35:43.700 35:46.210 既然你这么清楚
35:46.380 35:50.570 私が真っ二つになるような案をそもそも思いつきすらするでない
35:46.380 35:50.570 从一开始就不要想什么让我变成两截的打法呀
35:50.710 35:53.910 そこでだ あんたは俺の後ろにいてくれ
35:50.710 35:53.910 那么 你就站在我的身后吧
35:53.990 35:54.730 はっ
35:53.990 35:54.730 哈
35:55.400 35:57.070 いざって時の保険だよ
35:55.400 35:57.070 为了以防万一
35:57.620 35:59.570 分かっているとは思うけれど
35:57.620 35:59.570 我觉得你该清楚
35:59.900 36:03.410 私にそなたの背中を守れるような才覚はないぞ
35:59.900 36:03.410 我可没本事替你守住后方
36:03.770 36:05.120 そんなんじゃねえよ
36:03.770 36:05.120 不是那个意思
36:05.360 36:06.230 七花
36:05.360 36:06.230 七花
36:07.010 36:07.910 なんて言うか
36:07.010 36:07.910 怎么说呢
36:08.500 36:11.150 この場で上手く言うことはできないんだけどな
36:08.500 36:11.150 虽然我也没办法在这里说清楚啦
36:11.520 36:13.910 あんたには そうして欲しいんだよ
36:11.520 36:13.910 但是我想让你这么做
36:16.500 36:17.340 要するに
36:16.500 36:17.340 总而言之
36:17.890 36:21.010 守るものがある奴は強いってことだ
36:17.890 36:21.010 就是“拥有守护之物的人会变强”的意思
36:25.410 36:27.180 虚刀流と言ったか
36:25.410 36:27.180 是叫虚刀流吗
36:28.020 36:30.490 剣術を雛形にした拳法
36:28.020 36:30.490 以剑术为雏形的拳法
36:31.480 36:34.250 剣士が剣を捨てることに利点はない
36:31.480 36:34.250 把剑舍弃掉对剑士来说毫无益处
36:34.820 36:37.300 何とも不気味な流派じゃねえか
36:34.820 36:37.300 也不是什么大不了的流派吧
36:38.280 36:39.100 まあいい
36:38.280 36:39.100 算了
36:39.750 36:41.810 考えても詮無きことだ
36:39.750 36:41.810 想也没用
36:42.620 36:45.840 俺はこの城と刀を守るだけ
36:42.620 36:45.840 我只要守护这座城和这把刀
36:46.550 36:47.680 それだけだ
36:46.550 36:47.680 只要这样就行了
36:53.690 36:56.860 誰もが挙ってこの砂漠から逃げ出した
36:53.690 36:56.860 所有人都争先恐后地逃离了这片沙漠
36:57.910 36:59.810 みんな故郷を捨てた
36:57.910 36:59.810 大家抛弃了故乡
37:00.890 37:03.750 或いは 最後の一人でなければ
37:00.890 37:03.750 如果不是作为最后的一个人
37:04.360 37:06.670 俺も因幡を去れたかもしれない
37:04.360 37:06.670 我可能会离开因幡
37:07.930 37:11.890 いや 俺には端からその選択はなかった
37:07.930 37:11.890 不 从一开始就没有「离开」这个选择
37:12.770 37:14.920 迷うことは許されない
37:12.770 37:14.920 不允许迷惑
37:15.640 37:19.300 この地への この刀への偏執か
37:15.640 37:19.300 这是对此地 此刀的偏执吗
37:20.340 37:23.310 そしてそれは 妄執だ
37:20.340 37:23.310 还是说这是 执迷不悟呢
37:24.170 37:26.790 剣士には守るものが必要だ
37:24.170 37:26.790 剑士需要守护之物
37:27.420 37:30.950 そうでなければ 戦えなくなる
37:27.420 37:30.950 若非如此 便无法战斗
37:39.300 37:39.980 よう
37:39.300 37:39.980 哟
37:41.770 37:42.820 待たせたな
37:41.770 37:42.820 让你久等了
37:43.880 37:49.380 それでお兄ちゃん 俺の零閃対策でも考えてきたのか
37:43.880 37:49.380 那么小哥 你考虑出对付我的零闪的对策了吗
37:49.590 37:52.370 うーん 微妙なところだな
37:49.590 37:52.370 嗯 有些微妙哪
37:52.640 37:53.590 何だ
37:52.640 37:53.590 怎么
37:54.130 37:57.390 虚刀流には居合い抜き対策でもあるってのかい
37:54.130 37:57.390 难道虚刀流还有拔刀斩对策吗
37:57.650 38:01.270 うん まあ 相手があんたほどの手合いなら
37:57.650 38:01.270 嗯 如果是以你这种程度的人为对手的话
38:01.470 38:03.060 たぶん成功すると思う
38:01.470 38:03.060 我想大概能成功
38:04.320 38:09.130 この技は相手の剣が速ければ速いほど 成功率が跳ね上がるからよ
38:04.320 38:09.130 这个招数是对手剑速越快 成功率越高的
38:12.050 38:15.420 虚刀流七の構え「杜若」
38:12.050 38:15.420 虚刀流第七式 杜若
38:15.830 38:18.400 何だその明かな突撃の構えは
38:15.830 38:18.400 怎么回事 这个明显是要突击的姿势
38:18.670 38:21.120 対策があるみたいな口振りでそれか
38:18.670 38:21.120 一副有对策了的口气 就是这个啊
38:22.290 38:25.530 甘く見られたもんだ 虚刀流
38:22.290 38:25.530 一目了然啊 虚刀流
38:26.260 38:28.630 相手にとって満足無しか
38:26.260 38:28.630 作为对手真是不让人满足啊
38:28.650 38:29.130 ふっ
38:28.650 38:29.130 哼
38:29.460 38:31.750 アホ 馬鹿にされているんだ
38:29.460 38:31.750 白痴 被人看扁了啊
38:31.770 38:32.290 えっ
38:31.770 38:32.290 诶
38:33.900 38:35.190 まあ いいや
38:33.900 38:35.190 算了
38:35.620 38:39.620 それじゃまあ 位置について 用意
38:35.620 38:39.620 就位 预备
38:39.750 38:40.370 どん
38:39.750 38:40.370 跑
38:41.020 38:42.050 前は三歩
38:41.020 38:42.050 向前三步
38:42.590 38:43.310 一
38:42.590 38:43.310 一
38:44.730 38:45.400 二
38:44.730 38:45.400 二
38:46.510 38:47.160 三
38:46.510 38:47.160 三
38:47.170 38:47.880 零閃
38:47.170 38:47.880 零闪
38:50.100 38:51.560 虚刀流 「薔薇」
38:50.100 38:51.560 虚刀流·玫瑰
38:53.170 38:54.630 おう やったか
38:53.170 38:54.630 哦 干掉了吗
38:55.250 38:56.390 駄目だ 浅い
38:55.250 38:56.390 不行 太浅了
38:58.730 39:01.360 っく 足さばきの陽動は認めてやる
38:58.730 39:01.360 我承认刚才你步法的佯动
39:01.760 39:04.120 在りもしねえ幻覚を斬っちまった
39:01.760 39:04.120 达到了不得了的境界
39:04.670 39:05.630 だがな
39:04.670 39:05.630 但是
39:06.140 39:08.080 何だその爪の甘さはよ
39:06.140 39:08.080 你刚才手下留情算什么
39:08.230 39:09.320 どういうことだ
39:08.230 39:09.320 什么意思
39:09.500 39:12.980 「薔薇」は決まっていたんだよ 俺が加減しなければな
39:09.500 39:12.980 要不是我下手轻了 他刚才就被干掉了
39:13.140 39:14.000 あー
39:13.140 39:14.000 啊
39:14.770 39:16.850 奴の剣圧にびびっちゃった
39:14.770 39:16.850 我对他的剑压害怕了
39:17.120 39:21.230 しくじった こんな所で実戦経験の少なさが出たか
39:17.120 39:21.230 可恶 这种时候缺乏实战的劣势出来了吗
39:21.970 39:22.630 七花
39:21.970 39:22.630 七花
39:22.260 39:23.000 動くな
39:22.260 39:23.000 别动
39:24.150 39:25.760 俺の背中から出るんじゃない
39:24.150 39:25.760 别从我背后出来
39:25.870 39:30.050 馬鹿者 策の通じなかった今 そんな言葉が聞けるか
39:25.870 39:30.050 笨蛋 现在对策失效了啊 谁要听你的
39:30.640 39:32.190 びっくりした
39:30.640 39:32.190 吓我一跳
39:32.850 39:36.050 二回続けばもう紛れじゃねえやな
39:32.850 39:36.050 再有第二次就不是偶然了啊
39:36.460 39:39.540 すっかり目が覚めちまったよ 虚刀流
39:36.460 39:39.540 你让我清醒了 虚刀流
39:39.870 39:43.510 こんなに気分がいいのは おぎゃあと生まれた時以来だ
39:39.870 39:43.510 感觉这么棒 这是我出生以来第一次哪
39:43.690 39:46.140 そいつはどうも おはようございます
39:43.690 39:46.140 多谢夸奖 早上好
39:46.150 39:46.710 はぁ
39:46.150 39:46.710 哈
39:46.830 39:48.920 そしてお休みなさい
39:46.830 39:48.920 然后是 晚安
39:49.280 39:50.010 …かな
39:49.280 39:50.010 …对吧
39:51.750 39:55.550 さっきのがとんでもねえ境地だってことぐらいは分かるぜ
39:51.750 39:55.550 我知道你刚才到达了不得了的境地
39:56.260 40:00.200 しかし 同じ手が通じると思うなよ
39:56.260 40:00.200 但是 别以为同样的手段还能行得通
40:00.210 40:02.760 敵を手負いにさせたのはまずかったぞ
40:00.210 40:02.760 被敌人打伤了就糟了
40:03.180 40:05.250 零閃編隊――五機
40:03.180 40:05.250 零闪编队 五机
40:10.040 40:11.000 五連撃
40:10.040 40:11.000 五连击
40:11.640 40:12.480 これなら
40:11.640 40:12.480 像这样的话
40:12.680 40:17.250 お前が多少加速しょうが減速しょうが関係あるまい
40:12.680 40:17.250 不管你是稍稍加速还是减速都没关系了
40:17.790 40:20.890 その程度の誤差など 軽く呑み込んでしまう
40:17.790 40:20.890 像那种程度的误差 轻易就能忽视掉
40:22.270 40:24.820 それがあんたの隠しだまってわけか
40:22.270 40:24.820 这就是你的隐藏绝技吗
40:24.980 40:25.850 これが
40:24.980 40:25.850 这个吗
40:26.350 40:28.530 いやいや違うね
40:26.350 40:28.530 不对不对 不是的
40:32.450 40:34.050 な 何が起きた
40:32.450 40:34.050 啊 发生了什么事
40:34.530 40:36.520 自分で自分を斬りやがった
40:34.530 40:36.520 他自己砍了自己
40:36.870 40:38.000 何のために
40:36.870 40:38.000 为什么
40:39.820 40:44.710 これこそ宇練金閣の一万人斬りの秘密だよ 虚刀流
40:39.820 40:44.710 这才是宇练金阁万人斩的秘密 虚刀流
40:45.500 40:46.170 見な
40:45.500 40:46.170 看吧
40:46.890 40:48.910 鞘内を血で濡らし
40:46.890 40:48.910 用血沾湿刀鞘内
40:49.110 40:52.990 血を溜め じっとりと湿らせることによって
40:49.110 40:52.990 盛满血 让它慢慢地湿透
40:53.080 40:55.160 鞘走りの速度を上げると
40:53.080 40:55.160 就能提高出鞘的速度
40:55.970 40:59.640 刀と鞘の摩擦係数を格段に落として
40:55.970 40:59.640 刀刃与刀鞘之间的摩擦系数会急剧下降
41:00.230 41:03.330 零閃は光速へと達する
41:00.230 41:03.330 零闪 就能达到光速
41:03.820 41:08.590 それが斬刀 鈍限定奥義 斬刀狩り
41:03.820 41:08.590 这就是斩刀·钝的限定奥义 斩刀猎手
41:09.150 41:12.420 斬れば斬るほど速くなるってわけだ
41:09.150 41:12.420 斩得越多 速度越快
41:12.860 41:14.460 あっ 閃いた
41:12.860 41:14.460 啊 有了个好主意
41:15.010 41:17.910 七花 今こそ戦術的撤退だ
41:15.010 41:17.910 七花 现在开始要战略性地撤退了
41:18.260 41:21.020 あやつをほうっておくと 出血多量で死ぬぞ
41:18.260 41:21.020 放着那家伙不管的话 他就会大出血而死了
41:21.110 41:21.810 却下だ
41:21.110 41:21.810 驳回
41:21.920 41:23.110 正気ではないか
41:21.920 41:23.110 你神经不正常了么
41:23.200 41:24.710 そんなの勝利とは言わん
41:23.200 41:24.710 这才不叫胜利
41:25.050 41:27.200 言っただろう 偶然じゃ駄目だ
41:25.050 41:27.200 我说过吧 偶然是不行的
41:29.250 41:31.290 かっこいいな あんた
41:29.250 41:31.290 你真帅气啊
41:31.370 41:32.030 あっ
41:31.370 41:32.030 嗯
41:32.380 41:36.750 あんたを見ていると 奥の手を隠していた自分が恥ずかしいぜ
41:32.380 41:36.750 和你相比 还有所隐藏的自己真是丢人
41:37.390 41:38.790 出し惜しみは止めた
41:37.390 41:38.790 我不会舍不得的
41:39.240 41:41.110 虚刀流の全てを見せて
41:39.240 41:41.110 也让你看看虚刀流的一切吧
41:42.410 41:43.220 やろう
41:42.410 41:43.220 来吧
41:44.950 41:46.150 ああ そうだ
41:44.950 41:46.150 啊 对了
41:46.710 41:50.640 ちょっと気になったんで訊いときてーんだけどよ お姉ちゃん
41:46.710 41:50.640 我有点在意 想问一下 大姐
41:51.100 41:54.820 あんた もしもこの斬刀をあんたに引き渡したら
41:51.100 41:54.820 你说过 只要我交出斩刀
41:55.110 41:58.170 俺の望みを叶えてくれるって言ったよな
41:55.110 41:58.170 就能帮我实现愿望吧
41:58.960 41:59.720 ああ
41:58.960 41:59.720 啊
42:00.230 42:03.550 だったら 斬刀を引き渡す代わりに
42:00.230 42:03.550 那么 作为交出斩刀的代价
42:04.060 42:07.990 この因幡を元通りにしてもらうってのは有りかい
42:04.060 42:07.990 你能让这个因幡恢复原貌吗
42:08.100 42:09.260 それは無理だ
42:08.100 42:09.260 这是不可能的
42:09.780 42:14.170 既に鳥取蕃は 幕府にとっては存在しない蕃になっておる
42:09.780 42:14.170 鸟取幡对幕府来说 已经是不存在的地方了
42:14.580 42:15.710 そうでなくとも
42:14.580 42:15.710 就算并非如此
42:16.010 42:20.230 砂漠化した地帯を元通りにする方法など 仮説さえもない
42:16.010 42:20.230 让沙漠化的地方恢复原貌的方法 连假说都没有
42:20.370 42:21.310 そうか
42:20.370 42:21.310 是吗
42:21.660 42:22.980 じゃ まあ
42:21.660 42:22.980 那就算了
42:23.320 42:28.300 あんたを斬り付けた俺の判断に 間違いはなかったってことか
42:23.320 42:28.300 当初砍向你的判断 看来是没错的啊
42:28.620 42:29.890 安心したぜ
42:28.620 42:29.890 我放心了
42:30.360 42:33.250 あんた なんでこんなことやってんだ
42:30.360 42:33.250 你为什么要做这种事
42:33.900 42:35.130 さあね
42:33.900 42:35.130 是啊 为什么呢
42:35.470 42:37.760 さっきも言ってた気位ってやつか
42:35.470 42:37.760 是因为你刚才说的气度吗
42:38.190 42:40.810 それも さあね
42:38.190 42:40.810 这我也不清楚呢
42:41.530 42:45.330 あれは適当に言った言葉だよ 本気にすんな
42:41.530 42:45.330 那是我瞎说的 不要当真
42:46.850 42:50.790 ただ俺も 何かを守りたかっただけだよ
42:46.850 42:50.790 只是我也有要守护的东西
42:51.920 42:54.700 何かを守りたかっただけなのに
42:51.920 42:54.700 明明想要守护什么
42:55.170 42:59.270 守るべきもんが 俺にはこれくらいしかなかったんだ
42:55.170 42:59.270 该守护的东西 我也只剩下这些了
43:00.900 43:01.970 そっか
43:00.900 43:01.970 是吗
43:03.960 43:05.640 じゃあ 行くぜ
43:03.960 43:05.640 那么 我要上了
43:05.820 43:09.900 ああ 零閃は何時何時でも出撃可能だ
43:05.820 43:09.900 啊 我随时都能使出零闪
43:10.810 43:13.510 光速を超えた零閃を見るがいい
43:10.810 43:13.510 就让你见识见识超越光速的零闪吧
43:14.460 43:18.030 そして もしも本当にそんなものがあるのなら
43:14.460 43:18.030 而你如果真有那样的绝招的话
43:18.950 43:21.720 お前も奥の手とやらを見せてみろ
43:18.950 43:21.720 也拿出来让我见识一下吧
43:21.950 43:23.640 ああ 見せてやる
43:21.950 43:23.640 啊啊 我会让你见识一下的
43:24.380 43:25.930 ただしその頃には
43:24.380 43:25.930 不过到那时
43:26.520 43:29.230 あんたは八つ裂きになっているだろうけどな
43:26.520 43:29.230 你已经被大卸八块了
43:30.710 43:33.710 位置について ようい どん
43:30.710 43:33.710 就位 预备 跑
43:33.840 43:35.880 零閃編隊――十機
43:33.840 43:35.880 零闪编队 十机
43:40.310 43:41.260 ぎゃふんっ
43:40.310 43:41.260 哎呦妈呀
43:42.270 43:44.650 全てが零閃の射程範囲内
43:42.270 43:44.650 一切都在零闪的攻击范围内
43:44.910 43:45.770 違うな
43:44.910 43:45.770 不对
43:46.340 43:48.820 真上の敵には居合い抜きもねえだろう
43:46.340 43:48.820 正上方的敌人是够不到的吧
43:50.490 43:51.570 虚刀流
43:50.490 43:51.570 虚刀流
43:53.860 43:57.330 虚刀流七の奥義―「落花狼藉」
43:53.860 43:57.330 虚刀流七之奥义 落花狼藉
44:12.310 44:15.420 なあ 次はどこへ行くんだ
44:12.310 44:15.420 我说 接下来去哪儿
44:17.070 44:17.890 なあ
44:17.070 44:17.890 我说
44:20.210 44:21.540 おい とがめ
44:20.210 44:21.540 喂 咎儿
44:21.830 44:22.970 無視すんなよ
44:21.830 44:22.970 不要无视我啊
44:23.420 44:25.130 昨日からずっとじゃないか
44:23.420 44:25.130 从昨天开始就一直这样
44:25.740 44:29.290 ひょっとして俺が蹴った時にどっか怪我でもしたのか
44:25.740 44:29.290 难道说被我踢到的时候哪里受伤了吗
44:29.340 44:33.820 喧しいわ 人が怒っているというのに気安く話しかけ続けるな
44:29.340 44:33.820 吵死了 不要在别人生气的时候随便搭话
44:34.000 44:34.700 まったく
44:34.000 44:34.700 真是的
44:34.890 44:39.310 まさか壁として蹴飛ばす為に後ろに立たされていたとは思わんかったわ
44:34.890 44:39.310 没想到我是为了当墙壁被踢飞 才站在你身后的
44:39.540 44:41.610 ああ それを怒ってたんだ
44:39.540 44:41.610 啊 原来是为了这个生气啊
44:41.620 44:42.750 怒ってない
44:41.620 44:42.750 我没生气
44:43.170 44:46.580 最初の「杜若」から「薔薇」への連携が通じてたら
44:43.170 44:46.580 如果最初的杜若和玫瑰的连击能奏效的话
44:46.880 44:48.620 それで良かったんだけどな
44:46.880 44:48.620 那样最好了
44:49.230 44:52.250 本当にとがめはただの保険のつもりだったんだ
44:49.230 44:52.250 我其实只是打算把你作为保险
44:52.610 44:55.010 だったら 最初からそう言わんか
44:52.610 44:55.010 那最开始就该告诉我啊
44:55.310 44:58.060 守るものがある奴は強いとかなんとか
44:55.310 44:58.060 「有了守护之物就会变强」什么的
44:58.100 45:00.350 変に思わせぶりなことを言いおって
44:58.100 45:00.350 说些奇怪的话
45:00.480 45:02.960 すまん あれは口から出任せだ
45:00.480 45:02.960 对不起 那是我随便说说的
45:03.050 45:04.230 出任せとな
45:03.050 45:04.230 别随便说话
45:05.550 45:07.720 守るものがある者は強い
45:05.550 45:07.720 有了守护之物就会变强
45:08.510 45:10.770 それが 方便ではないこと
45:08.510 45:10.770 这并不是权宜之计
45:11.590 45:15.510 生きるために 守るものを必要とする者がいることを
45:11.590 45:15.510 为了活下去 必须要有守护之物
45:16.630 45:20.050 七花は今回の戦いを通じて知ったのでした
45:16.630 45:20.050 七花通过这次的战斗明白了这个道理
45:21.350 45:27.030 刀語 今月今宵のお楽しみは ここまでにございます
45:21.350 45:27.030 刀语 今月今夜的观赏到此为止
45:27.460 45:32.270 そう言えばそなたは まだ斬刀の刀身を見ておらんのではないか
45:27.460 45:32.270 说起来 你还没有见过斩刀的刀身吧
45:33.640 45:34.410 おれ
45:33.640 45:34.410 给
45:34.830 45:36.070 いや いいわ
45:34.830 45:36.070 不用了 算了
45:37.070 45:41.700 あっ 結局俺は 銀閣の零閃を目で捕らえることができなかった
45:37.070 45:41.700 结果我还是没能看穿银阁的零战
45:42.720 45:46.190 それならば それが全てだと思うから
45:42.720 45:46.190 既然如此 那就没有必要了
45:47.540 45:48.540 そうか
45:47.540 45:48.540 是吗
45:48.920 45:51.880 なあ これから因幡はどうなる
45:48.920 45:51.880 呐 以后 因幡会怎么样
45:52.360 45:53.550 下酷城はどうにもならぬな
45:52.360 45:53.550 下酷城会怎么样
45:53.940 45:55.350 どうにもならぬな
45:53.940 45:55.350 不会怎么样
45:55.980 45:59.470 最早あそこは 幕府の管轄とも言えない
45:55.980 45:59.470 那里已经不算幕府的管辖区域了
46:00.080 46:01.880 故に朽ち果てるだけだ
46:00.080 46:01.880 因此只会腐坏罢了
46:02.470 46:06.440 それでも わたしやそなたよりは ずっと永く
46:02.470 46:06.440 尽管如此 也会比你我存在得更长久
46:06.880 46:10.870 ひょっとしたら千年先まで あそこにあり続けるであろうが
46:06.880 46:10.870 说不定过了千年也会存在于那里吧
46:11.250 46:14.340 しかし それはもう城ではない
46:11.250 46:14.340 不过 那已经不是城了
46:14.900 46:15.840 そうか
46:14.900 46:15.840 是吗
46:16.130 46:20.410 剣客も刀も 自然には勝てないということなのかな
46:16.130 46:20.410 剑客也罢刀也罢  都无法战胜自然吧
46:20.970 46:23.270 結局 そういうことになるのか
46:20.970 46:23.270 结果还是会变成这样了啊
46:23.410 46:24.590 なりそうだな
46:23.410 46:24.590 似乎是哪
46:25.070 46:25.920 うん
46:25.070 46:25.920 嗯
46:27.310 46:28.340 しかしとがめ
46:27.310 46:28.340 但是咎儿
46:28.930 46:31.970 宇練の最後の台詞は かっこよかったな
46:28.930 46:31.970 宇练最后的台词 好帅啊
46:33.260 46:37.790 ただかっこいいんじゃなくて 個性が良く出てたっていうかさ
46:33.260 46:37.790 不光是帅 也很好地凸显了个性啊
46:38.470 46:40.660 ああいうのも 口癖っていうのかい
46:38.470 46:40.660 那种也是口头禅吗
46:41.100 46:42.560 少し違うな
46:41.100 46:42.560 稍微有点儿不一样
46:43.280 46:45.510 あれは散り際の一言だ
46:43.280 46:45.510 那是临近凋落前的一句话
46:46.030 46:47.470 死に際の言葉
46:46.030 46:47.470 临死之际的话
46:47.950 46:49.260 末期の言葉だ
46:47.950 46:49.260 是最后的话
46:49.800 46:51.990 遺言と言ってもよいかもしれぬ
46:49.800 46:51.990 或许说是遗言更好吧
46:52.360 46:53.990 口癖とは異なり
46:52.360 46:53.990 这和口头禅不同
46:54.190 46:55.320 一生に一度
46:54.190 46:55.320 一生仅有一次
46:55.580 47:00.020 黄泉路に旅立たんとする時にしか口にすることを許されぬ台詞だ
46:55.580 47:00.020 是只允许在踏上黄泉之路前说出口的话
47:03.200 47:04.070 そうか
47:03.200 47:04.070 是吗
47:04.570 47:05.670 気になるのか
47:04.570 47:05.670 你很在意吗
47:06.190 47:11.440 確かに散り際の一言は 口癖よりも更に効果的な台詞となろう
47:06.190 47:11.440 确实临近凋落前的一句话 比口头禅更豪华哪
47:11.940 47:15.120 一生にたった一度の言葉であるが故にな
47:11.940 47:15.120 因为是一生只能说一次的话呢
47:15.550 47:16.990 だがしかし七花
47:15.550 47:16.990 但是七花
47:17.220 47:21.370 そなたはその一度の機会がそもそも許されておらぬのだからな
47:17.220 47:21.370 你本来就是不允许有那一次的机会的
47:22.340 47:26.030 散り際の一言については 一切考えずとも良い
47:22.340 47:26.030 你完全不用去想临近凋落前的话
47:35.230 47:39.280 これで やっと ぐっすり眠れる
47:35.230 47:39.280 这下 我终于 能睡个好觉了
48:02.190 48:07.570 空ろな景色 崩れる 这空虚的景色 崩溃了
48:02.190 48:07.570 空ろな景色 崩れる 这空虚的景色 崩溃了
48:07.590 48:09.860 砂上の幻想 沙漠上的幻想
48:07.590 48:09.860 砂上の幻想 沙漠上的幻想
48:09.930 48:16.420 一人描いた 真っ白な世界 那是我一个人描绘的世界 全白的世界
48:09.930 48:16.420 一人描いた 真っ白な世界 那是我一个人描绘的世界 全白的世界
48:16.720 48:19.790 全てを失い 已经全部失去了
48:16.720 48:19.790 全てを失い 已经全部失去了
48:19.860 48:23.660 凍りついた時間に 冻结的时间
48:19.860 48:23.660 凍りついた時間に 冻结的时间
48:24.140 48:28.420 終わりを告げよう静かに 安静的诉说着终结
48:24.140 48:28.420 終わりを告げよう静かに 安静的诉说着终结
48:28.530 48:32.290 空白の果てへ 在空白的彼岸
48:28.530 48:32.290 空白の果てへ 在空白的彼岸
48:33.400 48:36.830 いつか声を殺した 那不知何时消失的声音
48:33.400 48:36.830 いつか声を殺した 那不知何时消失的声音
48:36.940 48:40.450 凍えるように 眠れぬ夜 被冻结 那无眠的夜
48:36.940 48:40.450 凍えるように 眠れぬ夜 被冻结 那无眠的夜
48:40.560 48:44.010 加速していく閃光を 那加速的闪光
48:40.560 48:44.010 加速していく閃光を 那加速的闪光
48:44.090 48:47.940 研ぎ澄ませる 鋭く 变成耀眼的刀光 如此的猛烈
48:44.090 48:47.940 研ぎ澄ませる 鋭く 变成耀眼的刀光 如此的猛烈
48:47.980 48:51.230 最後に彩りし色は 最后点缀的颜色
48:47.980 48:51.230 最後に彩りし色は 最后点缀的颜色
48:51.290 48:55.110 刹那に散る 終の美学 霎那间消散 最终的美学
48:51.290 48:55.110 刹那に散る 終の美学 霎那间消散 最终的美学
48:55.140 49:01.990 鮮やかに 色あせぬ花を描いて 描绘那鲜艳的 耀眼的花
48:55.140 49:01.990 鮮やかに 色あせぬ花を描いて 描绘那鲜艳的 耀眼的花
49:11.840 49:16.630 ただしその頃にはあんたは八つ裂きになっているだろうけどな
49:11.840 49:16.630 不过 到时候你已经被大卸八块了
49:16.810 49:18.990 か 優先順位の低いあんたはあったが
49:16.810 49:18.990 注意优先顺序的你
49:19.000 49:21.660 七花が気に入ったというのなら然もありなん
49:19.000 49:21.660 也许已经注意到七花了
49:21.840 49:25.070 これで地味な七花も少しは個性が立つというものだ
49:21.840 49:25.070 这样一来朴素的七花也稍微有点个性了
49:25.300 49:29.270 おっ さて 私も例の逆喋りに挑戦してみるとしよう
49:25.300 49:29.270 那么 我也来挑战一下传说中的倒说
49:29.960 49:35.530 だめがしくさきくとんかうそろことさいくうろこてず はず だが
49:29.960 49:35.530 儿咎士策奇督监总所军所奉预辖直 直
49:35.540 49:36.320 できるか
49:35.540 49:36.320 说得出来个喵啊
49:36.940 49:40.470 次回 刀語 千刀 鎩
49:36.940 49:40.470 次回 刀语 千刀·鎩